Event

event-musthead-image

Connect data, technology and people. Seamlessly.  

   

最新情報の配信のご希望、またはお問い合わせはこちら

JSICM2021web
第48回日本集中治療医学会学術集会

本学術集会において、フィリップスはWEB企業展示および教育セミナー「昭和大学病院における遠隔集中治療Tele-ICUの効果」のオンライン配信を行います。

 

日程:2021年 2月 12日(金)~ 2月 14日(日)

Quadruple Aim – フィリップスが目指す4つの目標

ヘルスケア領域として達成したい4つの目標(Quadruple Aim*)は、すべてを同時に解決していくことで、強いシナジー効果を発揮すると考えられています。

フィリップスはこれらすべての目標に対する課題解決法を共に考え、ご提案します。

患者のより良い健康の実現


課題:予防・診断・治療・治療後のケアに至る一連の医療行為におけるアウトカムのサポート

 

情報の見える化および共有により、一貫したチーム医療の実現と効果的な医療の提供を支援します。

医療従事者の環境の改善


課題:医師および看護師の過酷労働、人材不足、患者中心の医療と方針決定へのサポート

 

Value based care の考えのもと、効率的な医療の実現を支援し、医療従事者の負担軽減を実現します。

患者・家族の満足度向上


課題:患者の治療および検査への不安と個別化医療への対応のサポート

 

患者・家族ニーズに合致した高水準な医療提供体制の確立を支援することで、患者・家族のQOLの改善を実現します。

不要な医療コストの削減と収益改善


課題:最適な医療の質とコストのバランス実現のサポート

 

効率的なワークフローと経営資源の見える化を促進します。

開催概要

日 程:

2020年
4月 10日(金)
10:00~17:00
4月 11日(土)
 9:30~17:00
4月 12日(日)
9:30~15:00

会 場:

パシフィコ横浜 展示ホール

神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

TEL: 045-221-2121

 (みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩3分、JR桜木町駅より徒歩12分、バスで7分、タクシーで5分)

会場マップ

地図

展示予定製品・ソリューション

•MRI

•CT 診断装置

•デジタル PET / CT 装置

•放射線治療計画装置

•血管撮影 X線装置

•モバイル Cアームシステム

•デジタル X線一般撮影装置

•超音波診断装置

•医療 ITソリューション

•マルチモダリティ解析ワークステーション

•MRI対応生体情報モニタ

*

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
We work with partners and distributors who may contact you about this Philips product on our behalf.
*
*

Final CEE consent

フィリップス ヘルスケア・ソリューション

フィリップスは、”No bounds. Better healthcare.”をテーマに、「患者のより良い健康の実現」 「患者・家族の満足度向上」 「医療従事者の環境の改善」 「不要な医療コストの削減と収益改善」の4つの目標に対する課題解決法を皆様と共に考え、ご提案します。

Connected Care

生体情報モニタ

Philipsのモニタリングソリューションは、必要なときにスムーズな治療につなげられる情報を提供できます。 IntelliVue生体情報モニタは、治療の環境や患者のケアレベル等、さまざまな要件に対応できます。 コンパクトで移動も可能な製品を含め、豊富なラインナップから使用環境に適応した製品をお選びいただけます。

生体情報モニタ関連 消耗品

信頼性の高い臨床データを取得する上で、どのようなセンサ、電極などの医療用サプライ品を使用するかは重要です。サプライ品の選択が患者ケアの質やコスト管理に直接影響を及ぼすため、これまで以上に深く検討する事が現在の医療現場では求められています。医療機器とサプライ品の両方のニーズを、信頼できるパートナーと標準化し共有することにより、ケアの質とコスト効率を最適化し、患者と医療チームの満足度を高めることができます。

患者情報システム

わかりやすいユーザーインターフェースと使いやすい操作性をもとに、院内の患者情報管理を効率化します。
周術期患者情報システムのORSYS(オルシス)は、術中麻酔記録作成機能を中心として、様々な機能がモジュール化されておりますので、これらの豊富な機能を組み合わせることにより、ご要望に合わせたシステムの構築が可能です。
重症・急性期患者情報システムのACSYS (アクシス)は経過表作成、指示簿機能を中心として、様々な機能がモジュール化されておりますので、これらの豊富な機能を組み合わせることにより、ご要望に合わせたシステムの構築が可能です。

集中治療遠隔支援ソリューション

日本の医療における集中治療の環境は、重症患者の増加、医療従事者(集中治療認定医)の不足、医療の質の格差、新型ウイルス感染拡大への不安など、多くの課題への早期改善が求められています。フィリップスはeICUプログラムにより、早期発見と介入による重症化防止と、集中治療現場への安心と安全の提供、そして新型ウイルス感染拡大防止への貢献を、遠隔支援プラットフォームで実現することを目指しています。

ホスピタル レスピラトリケア 

一連のケアの範囲を広げて病棟環境や在宅環境における患者とケア担当者のニーズをサポートできるような、多岐にわたる侵襲的人工呼吸器および非侵襲的人工呼吸器を提供します。当社のソリューションは、臨床経験および患者の満足度を最適化してケア担当者と医療システムを支援することを目的としており、呼吸不全の治療時における複雑で刻々と変化する患者の状態と治療設定に対応します。

超音波診断装置 


携帯型超音波診断装置Lumifyはタブレット式で直観的な操作性が可能であり、かつ心臓や肺などのあらゆる領域で高いイメージクオリティを実現します。遠隔コミュニケーションツールReactsを搭載し、リアルタイムでスキャン画像や患者状態を供覧することも可能です。


https://www.philips.co.jp/healthcare/sites/lumify

AED・除細動器 

場所を問わず、迅速かつ効果的に急患に対応できるように広範囲に及ぶ救急医療と蘇生のテクノロジーソリューションが備わっており、治療に活かせるようサポートします。

トータル・ホスピタル・マネジメント・ソリューション-Tasy 

トータル・ホスピタル・マネジメント・ソリューション Tasy は、包括的に医療機関の業務をカバーするパッケージソフトウェアと業務改革支援によって、病院経営改善、業務効率化、医療安全を実現するためのソリューションです。
病院のさまざまなデータをOne Databaseでシームレスに管理することにより、二重入力の手間を省きリアルタイムに多職種間の情報共有が可能になります。シームレスな情報管理を行うことで効率的な病院業務と医療安全を資するオペレーションを実現します。

分子イメージング装置

VereosフルデジタルPET/CTは、“プレシジョンメディシンの実現”をコンセプトに、フィリップスが自社開発したデジタルフォトンカウンティング技術によるデジタル半導体 (D-SiPM: Digital-Silicon Photomultiplier、デジタルSi-PM) 検出器、クリスタルと半導体の受光面 (素子) を完全に1対1で対応させる1 to 1カップリング方式など、フルデジタル技術を採用し、微細病変の早期発見~確定診断、治療効果予測と効果判定、将来のリスク診断に大きく寄与することを目指しています。将来の新製剤、新たな検査方法にも柔軟に対応、さらに低被ばく・高画質・定量性のトレードオフを打破し、患者個々の状態を最適に反映した新次元融合画像をサポートします。
AMI: Advanced Molecular Imagingは、VereosフルデジタルPET/CTに搭載されたフルデジタル技術プレシジョン・ダイアグノシスの実現に貢献します。

超音波診断装置

以下の4領域それぞれのためにデザインされた機能をご紹介します。
■ Vascular
2019年末にリニアの3D/4DトランスジューサXL14-3がリリースされました。XL14-3は約56,000個の素子を持ち、3D/4Dによるプラークの描出や直交2断面のリアルタイム表示による針先の正確な位置の把握を可能にします。タッチパネルを用いた直観的な3Dワークフローも特長としています。

■ Liver

CT/MRIとの自動フュージョン技術PercuNavにより、アブレーション治療や造影エコーをサポートします。指紋認証や顔認証のアルゴリズムを用いてUS/CT/MRIから肝構造を抽出し、自動で3次元における位置合わせを行うため、迅速で正確な位置合わせが可能です。


■ Breast

AI Breastは磁気センサーを用いてトランスジューサの位置を超音波診断装置が把握し、自動でプローブマークが設定され、また乳頭腫瘤間距離を1ボタンで表示させることが可能です。


■ Cardiac

Anatomical Intelligenceの技術を採用した解析ソフトウェアでは、各種ストレイン値や3Dデータからの左室・左房・右室の容積を1ボタンで算出できます。
フィリップスはEPIQ、Affiniti、CX50 Xper、Sparqなど幅広いラインアップを揃え、上記機能とともにニーズに合わせた多様なソリューションを提供します。

ヘルスケアITソリューション

昨今、医療安全、働き方改革、Value Based Careの推進、地域医療連携の強化等が課題となっており、日本の医療サービス環境は変革しつつあります。フィリップスは、ケアストリームヘルスのヘルスケアIT事業を買収し、画像診断部門の業務効率化や画像データの統合管理を実現する製品ポートフォリオを強化しました。新しいポートフォリオによって、画像診断業務の効率化と精密な診断の環境を提供し、医療従事者の環境の改善や、患者のよりよい健康の実現を目指していきます。

■ Enterprise Imaging
フィリップスのVue PACSは、高速な3次元位置合わせ処理でリンクするスライスを自動検出する「自動レジストレーション」などにより読影時間を短縮します。また、Vue ArchiveがPACSの画像だけでなく、医療機関で発生するあらゆるDICOM/非DICOM画像を統合管理し、診断時に参照できる環境を提供します。国内開発の放射線情報システム、診療統合レポーティングシステム (INGENTシリーズ) や、画像解析ワークステーション、心血管部門向けの動画管理システム (IntelliSpaceシリーズ) も組み合わせ、画像診断業務の大半をカバーするITソリューションをご提案します。

■ Operation Management and Improvement
フィリップスのPerformanceBridgeは、データを可視化し、医療従事者同士のインタラクティブなコミュニケーションを促すことにより、医療課題解決をサポートします。さまざまな視点においてデータ分析し、継続的な改善に取り組むことにより、プロセスや経営改善にも寄与します。装置メーカーの強みを生かし、検査プロトコールのモニタリングや分析も行うことにより、検査効率を上げる、もしくは、維持しつつもひとつひとつの検査の質の向上することにより医療安全へも貢献します。リアルタイムに検査室別に患者さんの検査進捗状況並びに待ち状況も把握できるため、敏速な対処へもつなげ、患者満足度向上にもサポートします。

Oncology  solutions

フィリップスのPD Oncology Solutionでは、前立腺がんの包括的な製品群をご提案します。
超高齢化を迎える日本では、前立腺がんの男性罹患数は右肩上がりになっています。また、前立腺がんの診断におけるMRIの位置づけは欠かせないものであり、放射線科と泌尿器科のコラボレーションによるアプローチが重要です。画像診断・生検部分では、UroNav3.0がMRIによるマルチパラメタリック撮像、DynaCAD4.0を用いたPI-RADS v2による読影支援、MRIと超音波を融合した前立腺生検を可能にします。また、病理診断と術前カンファレンス部分では、Digital Pathology(遠隔デジタル病理診断)やISPM(術前カンファレンス用の支援ツール)、さらに治療部分においては、放射線治療計画用MRIシステム(Ingenia MR-RT)や放射線治療計画システム(Pinnacle)などのシステムにより、診断から治療までを包括的に幅広くサポートします。

ランチョンセミナー

4月10日(金) 12:00~12:50
パシフィコ横浜 会議センター4F 416+417
4月11日(土) 12:00~12:50
パシフィコ横浜 会議センター3F 311+312

ランチョンセミナー 9

MR / CTによるPrecision Diagnosis

ランチョンセミナー 16

Beyond the evolution !

Latest image guided therapy with “Azurion”

座 長: 五島 聡 先生(浜松医科大学)

演 題 1:

Spectral is always on (MRみたいなCTの衝撃)

– スペクトラル画像2万例から得た知見 –

演 題 2:

新しいアプリケーションが臨床に与えるインパクト

 – Elition 3.0TとIngenia 1.5Tの付加価値を高める -

演 者: 片平 和博 先生(熊本中央病院)

座 長: 井上 正則 先生(慶應義塾大学医学部)

演 題 1:

“Azurion”を臨床で活かす!

- 被ばくと画質の探究 -

演 者1:川内 覚 先生(虎の門病院)

演 題 2

:新世代血管撮影装置“Azurion”における

頭蓋内ステント描出アップデート

演 者 2:佐久間 秀之 先生(虎の門病院)

フィリップスのヘルスケア・ソリューション

生体情報モニタ/患者情報システム
生体情報モニタ/患者情報システム
生体情報モニタ関連 消耗品
生体情報モニタ関連 消耗品
ホスピタル レスピラトリケア 人工呼吸器
ホスピタル レスピラトリケア
患者情報システム
患者情報システム

遠隔集中治療ソリューション eICU プログラム
遠隔集中治療ソリューション
eICU プログラム
トータル・ホスピタル・マネジメント・ソリューション-Tasy
トータル・ホスピタル・マネジメント・ソリューション-Tasy
AED・除細動器
AED・除細動器
超音波診断装置
超音波診断装置
カスタマーサービス
カスタマーサービス

連絡先

* この項目は必須です。
*

連絡先の詳細

*
*
*

勤務先の詳細

*
*
*