新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するフィリップスの取り組みについて

CTシステムとソリューション

人々とテクノロジー、データをシームレスにつなぐ


フィリップスのCTでは、お客様が直面するプレッシャーの高まりを低減しながら、適切にお客様が必要とする答えを提示するべく取り組んでいます。お客様との約束は、患者のケアの改善に役立つ新しいソリューションポートフォリオを使用し、お客様と力を合わせてCTの満足度を再定義するきっかけとなりました。力を合わせてできないことはありません。健康への願いは無限であり、医療の可能性も無限です。

CTイメージングシステム

CTソリューションのポートフォリオは、確実性、簡潔性、信頼性によって知見を引き出します。

Spectral CT

  •  

    IQon Elite Spectral CT / IQon Spectral CT  

    IQon Spectral CTは2層検出器を搭載したマルチスライスCTです。 このCTによるスペクトラルイメージングは、連続X線を分光することにより得られる入射X線のマルチエナジーとそれに伴う物質の相互作用を利用しており、従来CT画像(Conventional HU)と各種スペクトラル画像による複合的な画像解析結果や新たな物質情報を、すべての検査において得ることが可能です。IQon Spectral CTは従来のDual Energy CTの課題を克服し、検査時間の延長や患者被ばくの増加をおさえ、撮影条件の制限やワークフローの変更を伴うことなく、スペクトラルイメージングと従来のCT画像が一度の撮影で得られる、新しいCT検査への提案です。

  •  

    Spectral CT 7500  

    Philips Spectral CT 7500はスペクトラル情報を常時使用できます。追加作業無しにスペクトラル情報が使用できるため、確信度の高い診断を可能にします。Spectral CT 7500はディテクターベースのスペクトラルCTです。このため、画質、線量、ワークフローに関して最適なパフォーマンスが期待できます。テクノロジー、高度なツール、サポートを組み合わせることで、スペクトラル体験を最大限に活用できます。

Conventional CT

  •  

    Incisive CT  

    Incisive CT の財務、臨床、運用に関連したインテリジェンスの提供により、お客様が抱える多様な重要課題の解決をお手伝いいたします。操作系と効率を重視した設計を高度に統合し、検査の開始から終了に至るさまざまな状況での適切な意思決定を可能にします。さらに、Tube for Life¹は耐用期間内での X線管球費用を大幅に縮小します。

  •  

    Access CT  

    初めてCT装置を導入する場合や地域の医療ニーズへの対応力を高める場合であっても、Philips Access CT は臨床的領域から経済的価値、サポートやサービスにいたるまで、CT装置に求められるあらゆる要素を提供します。

  •  

    MX16ᴱᵛᵒ  

    Philips MX16ᴱᵛᵒ CTスキャナは、低被ばくで高画質の画像、高スループット、高コストパフォーマンスにより、収益と医療の充実を目指しています。

  •  

    Philips Computed Tomography 5000 Ingenuity  

    Philips CT 5000 Ingenuityソリューションは、スキャンから再構成までの性能を新たに強化することで、一貫して優れた効率性を発揮し、日常業務の管理をさらに強力にサポートします。

  •  

    Philips Computed Tomography 6000 iCT  

    Philips CT 6000 iCTソリューションは、低線量で高画質の心臓血管イメージングにおける包括的な性能と高度なツールによって患者のケアを強化し、診断の確度を高め、投資に対して最大限の価値を引き出すのに役立ちます。

CTイノベーション

スタッフの満足度と患者の利便性を確保しながら、画質のカスタマイズとワークフローの向上を実現
  •  

    iPatient  

    直感的なインターフェースが再現性の高い、患者本位の操作環境を実現しました。様々な撮影パラメータが加わり、複雑化するCT装置の操作をシンプルにしました。カード型データベースであるExamCardにより、カテゴリー分けされた撮影プロトコルが管理され、編集作業をも簡素化します。患者個々の体型を認識し撮影電流を自動設定するDoseRight Indexが被ばくと画質のバランスを調整・最適化を目指します。

  •  

    IMR  

    逐次近似画像再構成法IMRは従来の画像再構成法の欠点を補い、低コントラスト分解能向上、バーチャルノイズ フリー*画像でCT画像診断に新しい方向性を提案します。専用画像再構成システム HyperSight IMRが高速撮影で得られたThin Sliceを短時間で処理し、ルーチン検査への応用を可能にしています。

  •  

    iDose⁴  

    iDose⁴ ではダイヤルをコントロールするように画質を目的に合わせてカスタマイズできます。従来法(FBP)との親和性が高いため、容易に臨床への応用を可能にしています。

  •  

    O-MAR  

    O-MARを使用すると、体内の金属によって発生するビームハードニング、入射光子の減少、ストリークに関連するアーチファクトを低減することで、周辺組織の描出が改善されます。

* 臨床の現場では、IMRを使用することで、臨床タスク、患者の体格、解剖学的部位、臨床現場に対応してCT患者の被ばくを抑えることができます。特定の臨床タスクにふさわしい診断画質を得るためには、放射線科医と物理学者に相談して、適切な線量を決定すべきです。低造影剤量検出能力とノイズは、IMRとFBPを比較する基準体格プロトコルを使用して評価されました。この評価は0.8 mmスライスで測定され、MITA CT IQ Phantom(CCT183、Phantom Laboratory)で、監視の下で実施されました。

お客様から学ぶ

Dr. Gopal Punjabiの症例研究のサムネイル
Philips IQon Spectral CT 導入施設
独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター
Dr. Tariq Hameedの症例研究のサムネイル
Philips Incisive CT の魅力を教えます
医療法人大平会 嶺井第一病院
thumbnail_aichisebone_hp
Philips Incisive CT 導入の経緯と運用後のインパクト
医療法人全医会 あいちせぼね病院 伊藤整形・内科あいち腰椎オペクリニック

Spectral CT クリニカル・ケース

IQon Spectral CTおよびSpectral CT 7500を使用したスぺクトラルイメージングによる画像診断はますます普及しつつあります。2層検出器の利点である、常にSpectral データを収集しているからこそ可能な画像診断からDual Energy CTの基礎的な使い方までさまざまな症例がご覧いただけます。すでにSpectral CTをお使いの方は日常臨床の参考に、今後導入を検討されている方は将来の画像診断の参考にご覧ください。
Dr. Tariq Hameedの症例研究のサムネイル

Accelerate workflow


Value-based care の実践にCT装置ができること
Cardiac Solutions

Cardiac Solutions


Coronary CTAの信頼性を高める先進技術
*

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
We work with partners and distributors who may contact you about this Philips product on our behalf.
*
*

Final CEE consent
フィリップスCTのイベントや製品に関する情報をお届けします。ぜひご登録ください。

連絡先

* この項目は必須です。
*

連絡先の詳細

*
*
*

会社の詳細

*
*
*

You are about to visit a Philips global content page

You are about to visit the Philips USA website.

You are about to visit a Philips global content page

You are about to visit the Philips USA website.

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。

あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。