Radiology

画像診断における
フィリップスのソリューション


患者だけでなく、スタッフにもより良い環境を

連絡先

* この項目は必須です。
*

連絡先の詳細

*
*
*

勤務先の詳細

*
*
*
*
*

お問い合せの詳細

連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
*
*
First time right

First Time Right

人を中心とした放射線領域のイノベーション

 

より快適な環境を求める患者、確実な診断を求める放射線科医、そして効率の向上とコスト削減を目指す病院-フィリップスの画像診断に対するアプローチは、現代社会が抱えるこれらの課題に応えるための深い理解とさまざまな経験に基づいています。

患者とスタッフの快適性を向


患者とスタッフの快適性を向上
させて患者のストレスを軽減し、技師が最適な画像を迅速に取得できるようにします。

 

最適な画像を取得するために


最適な画像を取得するために、
適切なタイミングで適切な検査をオーダーし、再スキャンの回数を減らします。 

 

データをシンプルに

 

データをシンプルに、そこから得られるより深い情報を収集し、業務効率を高めて現在の目標を達成するとともに、将来に向けたプランニングにも活用します。

 

コスト削減


コスト削減
のため、システムの無駄を省きます。

 

動画を見る

Philips Summer Seminar 2018
画像診断エキスパートのこれから

開催レポート

2018年7月21日に開催されました『Philips Summer Seminar 2018』。画像診断におけるFirst Time Rightのアプローチによるソリューションについて、さまざまな角度からご講演いただいたセッションの内容をご紹介いたします。
Philips Summer Seminar 2018 会場の様子
隈丸 加奈子 先生(順天堂大学医学部 放射線診断学講座)

基調講演
Value based careとFirst Time Right
~新しい時代の画像診断~

隈丸 加奈子 先生(順天堂大学医学部 放射線診断学講座)

 

医療のValue(価値)とは、達成された健康効果を、その達成に伴う損失で除した値として定義される。今までの医療は、Valueの分子である効果/効能を少しでも大きくすることに注力したものであったが、そこに到達するまでの損失(コスト、医療従事者や患者の負担、副作用、偽陽性など)も考慮し、そのアウトカムが最大となる医療がValue based care(価値に基づく医療)である。講演ではその定義や具体的な臨床例とともに、米国ではすでに出来高払いではなく、Valueに基づく支払い制度が進んでおり、医療従事者が価値ある検査を選択するための環境整備が進んでいることなど、海外の動向も紹介された。
このような中、フィリップスが掲げるFirst Time Right(FTR)は患者のケアサイクル全体を通じて、(1)より少ない損失で同等以上の情報を得る、(2)Valueの低い検査を避けて最短でゴールに到達する、というところまで踏み込んだコンセプトであることに触れ、この患者を中心にした包括的な医療を見据えたFTRは、他には見られない斬新なアプローチであり、Value based careを後押しするものであると語られた。

真鍋 徳子 先生(北海道大学病院 放射線診断科)

心臓領域
マルチコントラストが叶える治療に直結する
心血管病変の診断

真鍋 徳子 先生(北海道大学病院 放射線診断科)

 

循環器領域におけるFirst Time Right(FTR)の実践には、IQon スペクトラル CTから得られるマルチコントラスト画像が大きく貢献することを豊富な症例とともに提示した。まず仮想単色X線画像は、ヨード造影剤投与量を大幅に低減してもコントラストが維持できるため、使用に制限がある患者への検査適応拡大や高濃度造影剤使用により問題となっていたビームハードニングアーチファクト低減を臨床的有用性として挙げた。また、ヨード密度強調画像は組織の血流評価に有効で、心筋梗塞や心筋症の診断において、既にゴールドスタンダードとして広く用いられてきたMRI検査の役割を置き換えられる可能性を示した。さらには、動脈内の造影剤が漏出した部位を確信度高く検出し、インシデンタルな病変の早期発見や物質弁別の手法を用いて心臓腫瘍の性状評価でも応用例を示した。このCTで得られたデータは、後出しじゃんけんのように後ろ向きで追加画像解析が可能であり、再検査等の無駄を省き、より診断までの時間を短縮し、確信度高く早期治療方針決定をサポートし、FTRの実現につながると結論づけた。

新谷 好正 先生(小樽市立病院 脳神経外科)

脳神経領域
脳神経疾患の初療におけるArterial Spin Labelingの役割

新谷 好正 先生(小樽市立病院 脳神経外科)

 

小樽市立病院では、小樽・後志医療圏の地域医療を担っており、特に脳卒中診療においては、唯一手術を行う環境が整っている施設として診療を行っている。今回の講演ではASLを主体とした救急MRIプロトコールを用いた、まさにFTRのコンセプトにあった脳卒中診療の運用について紹介した。代表的な脳梗塞症例だけでなく出血後非痙攣性てんかんや矢状静脈洞血栓症による鬱血を伴う脳内出血など、これまで初療の段階で判断が難しい症例においても、ASLによって即時診断を可能とし余剰な検査や治療を回避できた事例を中心に紹介した。脳卒中診療において、限られた時間内での有効な診療は必須であり、救急搬送から治療までの効率性は患者の生命に大きな影響を及ぼす。また、MRIによる病態の把握は、短時間であることだけでなく治療方針を決定する正確性が求められる。ASLを含めた脳卒中MRIプロコールは、正確な病態把握の即時診断を実現し、これまで必要であった特定の検査の省略、神経症状から判断された不要な開頭術を避けるなど患者だけでなく病院においても有益を与えると述べた。

片平 和博 先生(熊本中央病院 放射線科)

腹部領域
腹部領域におけるFirst Time Rightを考える

片平 和博 先生(熊本中央病院 放射線科)

 

First Time Right(FTR)の観点から、腹部領域におけるMRIとCTのそれぞれの特徴について最新情報を交えながら講演された。腹部領域では放射線被曝がなく組織コントラストの高いMRIの有用性が高く、膵胆管系疾患や腎腫瘍、大血管系疾患のスクリーニングやフォローアップにはMRIのみで施行していることを紹介された。さらに、最新の高速化技術Compressed SENSEの開発により、撮像時間を大幅に短縮できることがFTRを現実的にしていると述べられた。また、CTにおけるFTRとして、IQon スペクトラル CTの軟部組織ならびに造影剤コントラストの改善が存在診断だけでなく質的診断まで可能となってきていることを紹介され、胆道系結石や肝転移、副腎腫瘍、圧迫骨折といった疾患ではMRI追加の必要がなくなってきていると示唆された。
FTRには適切なモダリティ選択が必要であるが、時代とともに変化する臨床的有用性を把握し選択することが重要であると結論づけられた。

麻生 智彦 先生(国立がん研究センター中央病院 放射線技術部)

診断支援領域
First Time Rightに求められる検査画像

麻生 智彦 先生(国立がん研究センター中央病院 放射線技術部)

 

First Time Right(以下、FTR)に求められる検査画像を確立していくために、診療放射線技師(以下、技師)の立場に求められる支援についてご講演された。現在は、「正当化」「最適化」「医療安全」が放射線診断における三原則として大事である。この三原則が重なり合うことで 「最適・効率的で安全確保された診断価値のある画像」が実現し、これが「FTRが求める検査画像」である。その実現に向けて、診療業務(知識・技術)の最適化が肝要であり、人、モノ、組織にかかる機能と性能を充分に引き出す努力をすべきと提示があった。また、日常で起こる「求めている画像」の齟齬について「認知フレーム」に基づく説明があり、医師と技師の積極的な意見交換、技師が各診療科カンファレンスへの参画をすべきとの促進の発言もあった。
医療安全を考慮したX線撮影室を紹介された。「安全で心地よい空間の提供」をコンセプトとし、「医療安全確保、検査効率の向上、緊張ストレス軽減」を実現していた。
最後に、医師、技師、企業の協働により、医療・画像・機器のパフォーマンスを最大限に引き出すこと、また、知識と技術の向上を実践し、臨床で評価洗礼されることで「FTRが求める検査画像」になる。すなわち「命の画像」であると述べられた。

中浦 猛 先生(熊本大学大学院生命科学研究部 生命情報分析医学講座 放射線診断学分野)

特別講演
機械学習の基本と臨床応用

中浦 猛 先生(熊本大学大学院生命科学研究部 生命情報分析医学講座 放射線診断学分野)

 

人工知能、機械学習に関する画像診断での臨床応用、研究発表は近年国内外での学会で目にすることが増えている。
Deep Leaningの基礎の基礎として、ニューラルネットワークの原理をわかりやすく事例も含めて紹介された。またDeep Learningによる画像生成と画質改善で、ご自身でも取り組まれているMRでのSynthetic MRや超高分解能画像のDeep Learningを用いた例を解説。GAN(Generative Adversarial Network)は、画像モデルの出力と同時に本物の画像もしくはFake画像かどうかを判断する新しいDeep Learningのモデルで、プロ囲碁棋士に勝利したアルファ碁(Alpha Go)としても有名である。このGANを用いて、MRIの画像構成を行った例も紹介した。
今後も機械学習の放射線領域への応用が盛んで、Deep Learningはさまざまな事に応用できるものの、基本的には数値を変換しているだけであり、そのパフォーマンスは使用者によると結論付けた。

開催概要

日時:2018年 7月 21日(土)14:00~18:00
会場:東京国際フォーラム
代表世話人:山下 康行 先生(熊本大学大学院生命科学研究部 生命情報分析医学講座 放射線診断学分野)

プログラム

第一部
座長:山下 康行 先生(熊本大学大学院生命科学研究部 生命情報分析医学講座 放射線診断学分野)

基調講演
Value based careとFirst Time Right~新しい時代の画像診断~
演者:隈丸 加奈子 先生(順天堂大学医学部 放射線診断学講座)


心臓領域
マルチコントラストがかなえる治療に直結する心血管病変の診断
演者:真鍋 徳子 先生(北海道大学病院 放射線診断科)


脳神経領域
脳神経疾患の初療におけるArterial Spin Labelingの役割
演者:新谷 好正 先生(小樽市立病院 脳神経外科)


第二部
座長:五島 聡 先生(岐阜大学 医学部附属病院 放射線部)


腹部領域
腹部領域におけるFirst Time Rightを考える
演者:片平 和博 先生(熊本中央病院 放射線科)

 

診断支援領域
First Time Rightに求められる検査画像とは
演者:麻生 智彦 先生(国立がん研究センター中央病院 放射線技術部)


特別講演
機械学習の基本と臨床応用
演者:中浦 猛 先生(熊本大学大学院生命科学研究部 生命情報分析医学講座 放射線診断学分野)

ご講演いただく先生にお答えいただきました。

新谷 好正 先生(小樽市立病院 脳神経外科)

脳卒中診療における脳卒中診療

小樽市立病院では脳卒中診療を行ううえでMRIは必須と考えています。虚血性脳血管障害領域におけるMRIの役割は拡散強調画像を中心としたプロトコールにより、ある程度確立されています。しかし、患者さんごとに多様である病態の把握と、その結果必要となる血栓回収療法などのさまざまな治療手段と診療に携わるスタッフの動きの最適化という観点からは、未だ完成の域には達していないと言えます。Arterial Spin Labeling (ASL) は虚血の範囲や程度の推測が可能な優れた手法です。小樽市立病院では開院当初から、独自のASL撮像法であるOptimized Two Phase Arterial Spin Labeling (OTAL) Methodを含めた救急MRプロトコールを約5,000例に実施し、効率的かつ有効な治療が行える環境を整えました。

新谷 好正 先生(小樽市立病院 脳神経外科)

Q1:Value based careについてのお考えをお聞かせください

国内でも診療報酬の審査が厳しくなっており、過剰と見なされる検査が保険適応外となるケースが散見されます。多くの病院が経営に対し鋭敏にならざるを得ない状況である現在、状況に応じた診療過程の見直しが医療現場に求められています。また、脳卒中急性期の診療では、限られた時間内での有効な診療は必須であり、救急搬送から治療までの効率性は患者の予後に大きな影響を及ぼします。MRIによる病態の把握は、短時間であることだけでなく治療方針を決定する豊かな情報量と正確性が求められています。ASLは、てんかんや代謝性脳症など、ときに脳梗塞と紛らわしい別疾患の即時診断を実現する場合もしばしばあります。これまで無条件に行われていた検査の省略により、限られた医療資源の有効利用に繋がっています。
Value based careという考え方は、われわれが日常行っている診療の中でこれまで常に前提として来た意識そのものであると考えています。

Q2:日々の診療において、Value based careを意識されていますか

Value based careを意識せざるを得ない状況下に置かれていると感じています。より多くの医療資源を投入することが、必ずしも患者や病院に利益を与えるわけではありません。必要最小限にして十分な検査を行う。そこで判断された最適な治療を、より多くの患者に行うことによって、社会全体に最大の利益をもたらすことができます。具体的には、的確な病態把握により、周辺スタッフを含めた組織全体の動きを早い段階から切り替えることができるため、余った時間や人的リソースを目の前の患者だけでなく、診療を必要としている別の患者に振り向けることが可能となります。小樽市立病院には、小樽市や周辺地域の脳神経外科疾患疑い患者が集中するため、極力時間を掛けずに多くの患者を診て判断しそして対応していかなければならないので、Value based careは当然のこととして考えていかなければなりません。

Q3:ご講演内容を簡単にお聞かせください

今回の講演では、”OTAL Method” を含む救急MRIプロトコールを用いた、まさにFTR (First time right) の考えに沿った小樽市立病院の脳卒中診療の運用について紹介します。ASLのルーチン化で、どのように余剰な検査を回避できるか、どのような状況で病態把握と治療方針決定に影響を与えるのかを具体的に解説いたします。

真鍋 徳子 先生(北海道大学病院 放射線診断科)

Q1:Value based careについてのお考えをお聞かせください

Value based careを規定する因子はさまざまですが、私は「時間」がひとつのKeyになると考えています。
つまり診断までの時間、そして診断から治療に至るまでのプロセスが、より迅速で効率的であればあるほど、患者さんおよび医療従事者の両方のベネフィットになるといえます。
検査の数が増えれば増えるほど、診断までの時間と費用が増えていきます。画像診断は一部のモダリティを除き、放射線被ばくについても考慮が必要です。
包括的でかつ必要十分な結果が得られる検査の選択が求められています。

真鍋 徳子 先生(北海道大学病院 放射線診断科)

Q2:日々の診療において、Value based careを意識されていますか?

我々放射線科医は主治医から依頼された検査を行うのみではなく、どういう検査が望ましいのか、そして診断の結果を踏まえ治療につながる情報を提供する立場であるべきと考えています。画像診断をつけて終わりではなく、それがどの様に患者さんへフィードバックされていくのかを地道に積み上げていくことが、自分の経験値を上げ、よりよい医療を提供できると信じています。例えば腎機能低下があるが、血管系の評価を必要としている患者さんを前にしたときに、造影剤を減量しつつ画質を担保する手法を提供できるのは我々放射線科医です。従来の単色X線によるCT値のみの評価から、二層検出器Spectral CTでは新たにヨード密度量や実効原子番号といった指標が得られるようになり、MRIと同様のマルチコントラストがCTでも得られるようになります。1つの画像からより多くの情報を引き出すことで、過剰な検査を減らし、より短時間で正確な治療へ直結する診断ができると思います。

Q3:ご講演内容を簡単にお聞かせください

今回はSpectral CTを用いた包括的CT診断について循環器疾患の臨床例を交えて講演します。最大の特徴はこれまでと同様の撮影を行い、必要に応じてRetrospectiveにSpectral画像を作成できる点と、なんといっても循環器領域ではそれが心電図同期下に行える点にあります。造影剤減量や被ばく低減のノウハウ、救急の現場でのトリプルルールアウトなど、明日から診療に使っていただけるテクニックを紹介したいと思います。

隈丸 加奈子 先生(順天堂大学医学部 放射線診断学講座)

Q1:Value based careについてのお考えをお聞かせください

一番重要なのはValueの定義です。達成された健康効果を、その達成に要した損失で除した値が医療におけるValueとして定義されています。分母に含まれるべき損失としてコストや医療従事者の負担・患者さんの負担・検査の副作用 (被ばくによる発がんリスク等) や弊害 (偽陽性) などが挙げられます。医療界は長らくValueの分子を少しでも大きくすることに重きをおき発展してきました。もちろん分子が大きいことは重要ですが、分母が非常に大きいと、総合的なインパクトは小さくなってしまいます。分子にも分母にも着目し、Value (分子÷分母) が大きくなるような医療行為を推進する、これをValue based care (価値に基づく医療) と呼んでいます。Value based careを成功させるカギはいくつかありますが、一番重要なのは支払い制度改革だと思います。分母も分子もほとんど考慮しない出来高払いや、分母の縮小だけを考える包括払いではなく、Valueの大きな医療行為を行う病院や医療者を報いる支払い体系が理想と考えています。First Time Rightのコンセプトである「少ない工程で、且つより少ない損失で良いアウトカムを出す」こととValue based careの概念と一致しており、患者さんにとってより良い医療行為につながると考えます。

隈丸 加奈子 先生(順天堂大学医学部 放射線診断学講座)

Q2:日々の診療において、Value based careを意識されていますか?

患者さんの「より良い健康」につながる画像検査を積極的に行っていくことが日々の診療では大事です。画像検査は日進月歩であり、「今この患者さんに行うべき最適な検査は何か?」を判断することは決して容易ではありません。その助けとして重要なのがガイドラインだと思います。画像診断を担う医療者に加えて、検査を依頼する側の医療者にも、ガイドラインを通じて最適な検査方法を周知することが大事であり、周知方法について日々考えています。また、ご存知の通り日本はCTやMR機器へのアクセシビリティが高く、これは大きな利点です。しかしアクセシビリティが高いと、画像診断の非専門家が検査に深く関わる頻度が高まりますから、「国全体の平均的な検査の質の低下」あるいは「質が低い検査の割合の上昇」が懸念されます。良好なアクセシビリティを維持したままどうやって質の高い検査の絶対数を増やすか、日本の画像診断の専門家に課せられた重要な課題であると思います。First Time Rightのコンセプトは、最適なモダリティでの検査の推進という点で期待されます。

Q3:ご講演内容を簡単にお聞かせください

講演では、Value based careとは何か、世界におけるValue based careの潮流、日本はどのように変わっていくべきか、そしてPhilipsのFirst Time RightとValue based careがどのような関係があるかをお話します。一例として、アメリカでの支払い制度が変わりつつある話を紹介する予定です。

患者が快適に検査を受けることと、画像診断結果には相関性がある?

ダウンロード:「The patient factor: Imaging beyond the scan」

 

このレポートでは以下についてご説明します。

 

  • 身体へのストレスを軽減し、画像診断結果を向上させる
  • 患者の快適性を改善してストレスによる画像診断への影響を軽減
  • 医療従事者の環境を改善することにより業務効率を高めて、患者の検査環境をより良いものに
  • 検査によって生じるストレスが、経営に与える影響

画像診断の成果を向上させつつ、患者にやさしい医療環境を構築

 

画像診断において患者が快適に検査を受けられるかどうかは、放射線科内におけるさまざまな領域に明らかな影響をもたらします。例えば、静止が求められる検査中に患者が動いてしまうと、診断に十分な画質を担保できない画像となるため再スキャンが必要になり、このことにより診断の遅れが発生、放射線科内のスループットの低下につながり、患者とスタッフ双方にとってのストレスになる、というようなドミノ倒しのような連鎖が起きてしまいます。

 

患者、スタッフを含めた、画像診断に関係する人々に焦点をあてることにより、フィリップスは画像診断から得られる成果を向上させることを目指しています。検査プロセスを患者にとってより快適なものするためにデザインされた装置、適切な線量管理を可能にする分析、最初のスキャンで正しい画像を提供するための高度な技術-これらが、検査や治療に対する患者のポジティブな気持ちを一層高め、スタッフが患者を第一に考えられるようにサポートします。

スタッフの満足は患者の満足に:放射線科スタッフへの権限付与が患者の快適さの向上につながる


Phoenix Children’s HospitalでChief Research MRI Technologistを務めるAmber Pokorney氏は、現在の医療環境において放射線技師に求められること、そしてそれに応えるためのソリューションについて以下の点を挙げています。

 

  • 正しい画像診断結果を限られた時間で出し、かつ、常に最新技術についての知識を新しいものにアップデートする
  • 患者が快適に画像検査を受けられるようにするための技師の役割を理解する
  • 再現性のあるプランニングの提供に役立つ「かしこい」クリニカルアプリケーションの可能性を追求する

患者が快適に検査を受けることを最優先する:画像診断結果を向上させる新たな取り組み


Lahey Health Beverly HospitalでMR部門長を務めるPeter W. Curatolo医師は、画像診断にフィリップスの Ambient ExperienceとMR In-bore Solutionを導入した成果として以下の点を挙げました。  

 

  • 患者とスタッフの快適性が向上
  • 検査のキャンセルが減り、より効率の良いワークフローの構築が可能に
  • 患者が病院の他のサービスを利用する回数が増え、そのことが徐々に医療機関全体に好影響をもたらす

数字で見る患者の快適性

 

患者の不安や快適性、ストレスといった要因が、たった一度の画像診断にどのようなインパクトをもたらすか、ご覧ください。

MRにおける患者ストレスのコスト

ビデオ

放射線科医の意見
フィリップスの最新技術と製品におけるイノベーションが画像診断自体をより良いものにし、患者とスタッフの快適性を向上させているという現場の声をお聞きください。 
認知発達の分野においてバーモント大学と連携
フィリップスは認知発達の分野においてバーモント大学と連携しています。
Laheyのビデオ
Lahey Healthとの医療連携によって実現した、最適な画像とこれに基づくより深い情報を確実に提供する方法をご覧ください。医療機関でのストレスを軽減しつつ、患者と医療スタッフチームの快適性を高めます。
MR患者のAR体験
バーチャルリアリティを利用して、患者がMRIスキャンを受ける前に仮想体験ができるシステムを開発しました。

フィリップスよりヘルスケア情報をお届けします

 

こちらのフォームからお名前とメールアドレスを登録いただくと、今後フィリップスより最新の製品情報や、セミナー、学会のお知らせなどをお送りします。ぜひご登録ください。

連絡先

* この項目は必須です。
*

連絡先の詳細

*
*
*

勤務先の詳細

*
*
*