患者情報システム

周術期患者情報システム Fortec ORSYS

手術患者情報管理システム

Fortec ORSYS(オルシス)は、術中麻酔記録作成機能を中心として、様々な機能がモジュール化されておりますので、これらの豊富な機能を組み合わせることにより、ご要望に合わせたシステムの構築が可能です。

連絡先

* この項目は必須です。
*

連絡先の詳細

*
*
*

勤務先の詳細

*
*
*
*
*

お問い合せの詳細

連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
*
*
特長
feature1 || KBA1

周術期全体の業務効率化を図るシステム

Webブラウザをベースとした手術、麻酔申し込み機能により、病棟からの申し込みをスケジューリングに直接リンクすることが可能。確定した手術予定情報はWebブラウザで病棟から確認することができます(いずれもオプション)。 また、豊富な外部機器連携(IntelliBridge等)、HISその他システムとの連携(HIS連携はオプション)および優れたGUI(グラフィカルユーザインタフェース)により、記録時間の大幅な短縮と麻酔記録、看護記録での二重記録防止など記録の効率化を通して患者管理に集中でき、ひいては周術期全体を通した業務効率化を実現することが可能です。
feature2 || KBA1

手術部、病院の経営効率化を図るシステム

麻酔記録、手術記録をベースとした麻酔伝票、手術伝票の作成機能により、保健請求漏れを大幅削減。また、電子カルテ化により麻酔端末、看護端末、HIS端末など複数端末が手術室に配置されるようになると、的確な業務分析に基づいた最適なシステム設計が必要となりますが、弊社ORSYSはそのスケーラビリティにより各施設のご要望に合わせた最適なシステム構築を実現することができます。
feature3 || KBA1

継続的な質改善(CQI)を実現するシステム

術前から術後までのデータを一元管理し、すべてのデータに対する柔軟な検索を行うことが可能です。症例ごとのケーススタディやマススタディにより、最適なガイドライン、プロトコルを策定することができます。
feature4 || KBA1

電子カルテと連携して総合情報システムをサポート

HISその他外部システムとの連携機能(オプション)やWebベースの術前、術後機能など周術期全体をカバーする豊富な機能に加え、利用者認証、記録の履歴保存など電子カルテと連携して、または一部として総合病院情報システムに組み込むことが可能です。
あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。