Philips Lumify バナー

Lumify

タブレット型超音波診断装置

*

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
We work with partners and distributors who may contact you about this Philips product on our behalf.
*
*

Final CEE consent

高画質をいつでも、どこでも

Lumifyは、ポータブル超音波診断装置でありながら、フィリップスの高いトランスジューサ技術による高画質を実現しました。
アンドロイドをベースとしたソフトウエアを使用しており、直観的かつ簡便な操作で検査を行うことができます。
Lumifyは、 ポイントオブケアにおける超音波の力を高め、より迅速な診断をサポートします。
Philips Lumify - 互換性のあるスマートデバイスで超音波診断

Lumify の特徴

品質

高画質

Lumifyの トランスジューサは、数十年にわたる超音波開発技術をもとに開発されました。さまざ

まな環境、診断領域において、非常に優れた画質で迅速な診断をサポートします。

品質

遠隔サポート機能

メールやネットワークを通じたPACS への接続で、簡単に画像を共有することが可能です。さらに、 Reacts 遠隔診療支援機能を使う事で、リアルタイムにエコー画像を共有し対面でのビデオ通話、遠隔診療支援をすることが可能です。
人工知能

自動化機能

Lumifyには、さまざまな自動化技術が搭載されています。 2D 画像を自動で最適化する AutoSCAN 機能や、肺エコーで最大B line数を自動計測する機能は、直感的でシンプルな操作性を実現します。

Lumify 臨床画像

製品仕様

お客様から学ぶ

POCUS 肺エコー

近年、COVID-19パンデミックに伴い、ベットサイドで診療の一環として行う超音波検査「POCUS (Point Of Care Ultrasound)」が注目を集めています。 POCUS が産声を上げてから10年が経ちました。欧米を中心にPOCUSに関するガイドラインの整備や教育システム構築が進められています。今回、携帯型超音波装置Lumifyが開くPOCUS胸部エコーの未来について、鍵山先生に話をお伺いします。

萩山博士

POCUS肺エコーのすすめ

超音波診断装置LumifyのB Lineカウンティング・ Reacts 遠隔診断支援機能でどうかわるか

順天堂大学順天堂大学

デジタルヘルス遠隔医療研究開発講座・循環器内科学講座

准教授

鍵山 暢之先生

セミナー・学会展示

2022年 3月 11日(金)~13日(日)

第86回日本循環器学会学術集会

場所:神戸国際会議場・神戸国際展示場 神戸ポートピアホテル

会長:伊藤 浩(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 循環器内科学 教授)

2022年 4月15日(金)~17日(日)

2022国際医用画像総合展(ITEM 2022)

場所:パシフィコ横浜

販売名:超音波画像診断装置 Lumify

医療機器認証番号:302AFBZX00043000

特定保守管理医療機器/管理医療機器

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。