家族を中心に考えたケア

フィリップスのイノベーションに対するアプローチは、常に患者のニーズを第一に考えています。
  • ウガンダの女性が超音波画像装置を使った検査を受けています。この画像は何百マイルも離れたところにいる医師によって遠隔で解析できます。このイノベーションにより、ウガンダの田舎の最貧層の母親が、高度な胎児ケアを受けることができます。

  • 照明デザイナーのスコット・オールドナーは、フィリップスの照明を使って、フェニックス小児病院に魅力的で快適な環境を作りました。彼はインタラクティブな照明を使うことによって小さな患者たちを喜ばせ、病気による辛い気持ちを紛らわせることができました。

  • マンジャガッリ病院におけるフィリップスのライティングシステムは、各患者に合ったケアを行うことにより、早産で産まれた赤ちゃんと新米お母さんをサポートします。このライティングシステムは、それぞれの赤ちゃんのニーズに合うように、個別に調整することができます。

  • 最先端のテクノロジーにより侵襲的治療の必要性を減らすことができ、患者のより早期の回復を支援できます。

  • 医師と病院には、シンプルで持ち運びができ、処理の速い機械を使用してデータを収集し、患者の健康状態をわかりやすく整理して提供できるというメリットがあります。

  • ラルフ・マクカーディは、フィリップスとバナーヘルスによる革新的で効率的な遠隔治療プログラムのおかげで、高度なヘルスケアサービスを受けています。

  • 中東全域から集まった医師が、アメリカン・ユニバーシティ・オブ・ベイルート・メディカル・センターで研修を受けています。

  • フィリップスの革新的なデジタル MRI スキャナは、迅速に外科的介入につなげるためにすばやく正確な診断を下せるよう、臨床医をサポートします。

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する