Healthy people,
sustainable planet

Our ambition for 2020

Combatting pneumonia using Philips ChARM monitor

フィリップスのChARMモニターを活用した肺炎撲滅への取り組み

5歳未満の子どもの肺炎による年間死亡数は90万人以上にのぼり、世界の小児死亡率の16%を占めています1

このうちの99%は資源に乏しい発展途上国の、主にへき地で発生しており、そういった場所には非常に限定された、あるいは低品質な医療設備しかなく、医療従事者も未熟です。

国連の持続可能な開発目標の第3に掲げられている、健康と福祉の向上に基づき、ロイヤル フィリップスと、カナダの政府系ファンドのグランド・チャレンジ・カナダはChARMと呼ばれる革新的技術の規模を拡大することで合意しました。ChARMは5歳未満の子供の呼吸数を自動的に検出するモニターで、低資源国における小児肺炎の診断を向上させるためのものです。
Driving sustainability at Rijnstate through green healthcare

グリーンヘルスケアを通じて、Rijnstateでサステイナビリティを推進


公衆衛生と健康的な地球社会の密接なつながりを認識して、グリーン・サステイナビリティ・プログラムを実施する病院が世界的に増えています。この取り組みにおいて、廃棄物を削減し、責任を持って希少資源の利用を推進することで、大幅なコスト節減の達成につながると、病院は実感しています。

 

ストーリーを見る

Addressing access to quality care through the Community

地域社会を通じて、質の高いケアへのアクセスに対応


ケニアのキアンブ郡政府

質の高いプライマリーヘルスケアへのアクセスはアフリカ全土における問題です。東西アフリカ地域では、年間約8万人の女性が妊娠中または出産時に亡くなっており、生後1カ月未満で死亡する新生児は44万人にのぼります。   

 

ストーリーを見る

ビジネスの未来の形


循環型経済は、天然資源などの素材をより効果的に使用することで、天然資源や自然の生態系の利用と経済成長を切り離すことを目的としています。これは、材料、部品、製品の再利用の分野におけるイノベーションと、新たなビジネスモデルの構築を促します。循環型経済では、材料を効果的に使えば使うほど、コスト削減、新市場の開拓、既存市場の発展につながり、さらなる価値が生み出されます。

サステイナビリティニュースとブログ

お問い合わせ

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス・ジャパン ブランド コミュニケーション部

Tel: 03-3740-5896

こちらのページからのメールによるお問い合わせは、サステイナビリティに関する内容のみとさせていただきます。製品に関するご質問や修理に関するご相談は、フィリップスコンシューマーケアのお問い合わせページからお願いいたします。よりスピーディーな対応が可能です。
このページはPhilipsグローバルサイトから翻訳したものです。