将来の救命者の育成

新世代の接続型医療機器が医師の患者治療を支援。

フィリップスは、人々の暮らしをより豊かにできると信じています。イノベーションを有意義なものにするために、私たちは協力関係を築き、私たちの製品とソリューションが人々のニーズに正しく対処できるように取り組んでいます。

つまり、ハードウェアだけでなく支援も同時に提供するのです。アメリカン・ユニバーシティ・オブ・ベイルートを紹介したこの動画が示すように、医療研修は卒業と同時に終わるわけではありません。
技術が進歩した世界において、居住場所を問わない無敵のヘルスケアを可能にするのは、新世代の接続型医療機器です。しかし、ハイテクの放射線機器、MRI スキャナー、その他の医療画像ツールなどの先駆的な製品に、単純に投資すれば良いというわけではありません。医師はこれらの機器の使用方法を理解した上で、それらを使って患者の治療を改善する必要があります。そこでフィリップスの登場です。フィリップスは、テクノロジーだけでなく、主な利害関係者とパートナーシップを結ぶことで、専門家による発展的な医療研修を提供しています。

医大での勉強も研修も修了して卒業できたとしても、実際には、その後の人生を学習に費やす必要があるのです。イノベーションを生み出すには、こうした考えを持ち続ける必要があります。” 

 

ムクビル・ホーラニ博士

アメリカン・ユニバーシティ・オブ・ベイルート・メディカル・センター 教授 兼 学長代理

レバノンにあるアメリカン・ユニバーシティ・オブ・ベイルートは、イラク、シリア、パレスチナなどの中東全域から集まった生徒と教授が、フィリップスのような民間企業と共に働き、祖国に持ち帰ることができる救命治療のスキルを伸ばしたり、デジタルイノベーションを通じて変化できること学べる魅力的な場所です。医療研修は、新しいスキルを授けるだけの場ではありません。貧困にあえぐ地域や戦争で荒廃した国々で暮らす、世界で最も弱い立場にある人々に、最高の医療を提供するためのコラボレーションの場なのです。つまり、ハードウェアだけでなく支援も同時に提供するのです。アメリカン・ユニバーシティ・オブ・ベイルートを紹介したこの動画が示すように、医療研修は卒業と同時に終わるわけではありません。

学びの中心地

 

アメリカン・ユニバーシティ・オブ・ベイルート・メディカル・センターは、この地域で最も権威のある医学部です。そのカリキュラムの詳細と、フィリップスとのパートナーシップについて詳しくご紹介します。

レバノンの医療分野の主なパートナーには、NGO や国際的な組織が含まれています。正しいですか?

はい。レバノンの医療分野では、およそ 1,000 の国内の NGO や国際的な組織が重要な役割を果たしています。レバノン国民の健康とこの国の医療システムを向上させるために、国際的な組織が国内の組織を技術面、運営面、資金面でサポートしています。引用:National Health Statistics Report in Lebanon(レバノン国の医療統計報告)

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する