暗闇をライトアップ

スウェーデンのウプサラでは、冬は日没が早く訪れます。子供たちは毎日数時間しか外で遊べません。そこで、市当局と照明デザインコンサルティング会社ベアキングの協力を得て、革新的なコネクテッド LED ライト、フィリップス CityTouch の実験を開始しました。これに成功すれば、現地の幼稚園の子供たちがテグネール公園でもっと長く外遊びができるようになるのではないか、子供たちの生活の質の向上に役立つのではないかと考え、それを確認したいと思いました。

暗闇をライトアップ 2015

フィリップスとウプサラ市当局が遊び場のライトアップ実験を実施。

光のないところに、
楽しみはありません。

光は、私たちの概日リズム、つまり体内時計の自然なバイオリズムの調節とホルモンの生成に大きな役割を果たしています。光は、特に冬に、気分と生活の質に良い影響を与えることが証明されています。このため、子供たちが暗くて外で遊べないと、子供たちに「冬季欝症状」や倦怠が生じる可能性が高くなります。
フィリップス CityTouch が公園をライトアップするまで、現地の幼稚園の子供たちの外遊びの時間は、平均わずか 72 分でした。

冬季欝症状に打ち勝つ

フィリップス CityTouch コネクテッド LED ライトをテグネール公園に導入することによって、子供たちは日没後も外で遊ぶことができ、活発で嬉しそうな様子を見せました。
導入後の 1 週間で、子供たちの外遊びの時間は平均 37 %も増えました。

子供たちの健康に良い変化をもたらす

ウプサラの「暗闇をライトアップ」実験は、現地の幼稚園の子供たちの外遊びの時間を増やすことによって、子供たちがどのような影響を受けるのかを調査することでした。効果はすぐに実感できました。

38%

の親が、新しい照明の導入後に毎日子供と一緒に外で遊びました。

57%

の親が、外遊びの後に子供の気分が明るくなったことを実感したと言っています。

28%

の親が、外遊びの後に子供の食欲が増したと言っています。

43%

の親が、子供の睡眠パターンに良い影響があったと言っています。

「そのくらい照明は効果的なものです。子供達が外に出て動き回ることで、前よりも健康的になれるからです。」

 

Louise Hallin

児童心理士

遊びの効果

児童心理士の Louise Hallin が、光が子供たちの健康にどのように良い影響を与えるのかを説明します。

「未来は CityTouch と共に既にここに存在します。私達はエネルギー効率が非常に高い LED など、最先端のテクノロジーを使用しました。」

 

Tommy Törnqvist

フィリップス、キーアカウントマネージャー

公園をライトアップ

ライティング専門家の Tommy Törnqvist が、フィリップスが使用したさまざまな種類のライティングソリューションについて、そしてなぜそれらを使用したのかについて説明します。

「冬は暗い日があまりにも長く続くため、照明は子供達にとって非常にありがたい存在です。」

 

Mary Dimopoulos

科学教師、二児の母、ウプサラ在住

家族

現地の母親が、日照時間と遊び時間が長くなることをどれほど待ちわびているかを語ります。

「これまでとは全く違う公園を一緒に作りました。以前と比べれば夜と昼ぐらいの差があります。」

 

Per-Erik Johansson

政府関係者

夜と昼のように違う世界

地方自治体職員の Per-Erik Johansson が、地域全体がいかにこのプロジェクトに感謝しているかを語ります。

フィリップスのライティングソリューションをすべて表示する