健康なまま年を取るための将来設計

世界人口 70 億人のうち、60 歳を超える人口はほぼ 9 億人に達し、2050 年までに 24 億人に到達することが予測されています。このような変化は、社会、地域、家族がまだ順応していない健康的な高齢者の個人の生活に、それぞれ個人的な結果をもたらすことになります。長寿を保証する新しい約束を十分に活用するには、私たちの生活と「健康なまま年を取る」ことの意味を再び思い描く必要があります。そして、イノベーションと新しいテクノロジーを信頼し、人々がより健康的に暮らすことを可能にする有意義で影響力のあるヘルスケアソリューションを提供する必要があります。

たとえば、高齢化社会へと移行する新しい流れの中で、社会的、文化的、経済的な規範が、高齢者を十分に支援できるほど迅速に適用されているかを自問自答する必要があります。
個人、家族、地域、国際社会が高齢者を基準とする世界に適応してきた速度は、現在の変化の速度に追い越されているとフィリップスは考えています。こうした状況を考えると、個人的にも集団的にも、高齢化社会をより良く管理する方法を学習することを重視し、そこに戦略的焦点を置くことが、生活の質を長年にわたって向上することに重要な影響を与えることになります。

老化を単純に「必然的に衰える時期」と考えるのをやめ、「新しいイノベーションと可能性で豊かになれる時期」と考える必要があります。"

 

Philips Aging Well Position Paper, 2014

フィリップスはこの考えを念頭に、健康なまま年を取ることには、個人の利益と革新的なテクノロジーの両方に焦点を置いた、5 つの主な特徴があると考えています。それは、高齢化社会、個人の老化、能力、そして官民政策です。これは、テクノロジー、個人のスキル、人間の回復力のような老化問題のソリューションと、政策立案者、雇用主、革新者を含むソリューションの作成者が、高齢者層の健康と福祉を重視した新しい社会に良い影響をもたらす方法を熟考できる有益な枠組みです。

10 %

の人々が、現在 60 歳を超えています。この数は、2050 年までに世界全体で 20 %増加することが予測されています。これは前例のない人口推移です。

 

引用:Global Age Watch Index 

個人が上手に年を取る方法だけでなく、公共政策、社会的機関、そして民間企業が、60 歳を超える世界人口の劇的な増加に適切かつ生産的に対応できる方法を検討することが重要となります。私たちは、老化を単純に「必然的に衰える時期」と考えるのをやめ、「新しいイノベーションと可能性よって豊かになれる時期」と考える必要があります。政府は、経済刺激策を通じて、可能な限り長く高齢者の地域に従事し、彼らの自立を維持しながら、活動的で生産性の高い労働力を提供する高齢化社会を継続的に推進していく必要があります。
個人の老化と能力を最適化する一番の方法は、修正可能な危険因子を制限し、予防と治療の介入を活用することで、疾病を未然に防ぐことや、それを管理することです。高血圧、脳卒中、糖尿病、喘息、癌、認知症を含むこうした疾病は、健康的な生活を長く保つ人々の能力に影響を与え、大半の死亡率の原因となります。そのため、健康格差に対処し、高齢者が運動する機会と健康的な食事を摂る機会を増やし、市民と患者が医療介護提供者の協力の下で健康に関する選択を自身で決断できるよう奨励し、臨床予防サービスと費用効果の高い治療の提供および活用を強化するために、NGO や民間企業が画期的な方法を展開することが政府にとって重要となります。公共政策については、労働力と地域を関与させること、高齢者に優しい環境を作ること、そして、自主性を高めて患者中心の治療を促すテクノロジーを推進することに焦点を置く必要があります。
世界中の高齢者が単に長生きするためではなく、繁栄し、価値のある生活を送るための自由と能力を手に入れられる環境を、政府、雇用主、個人がそれぞれ作り出します。そして、老化について再考する機会を設け、高齢者の経験と知識を適用するための創造的な方法を見出し、誰でも年齢を問わず自身の能力を最大限に活用できる、高齢者に優しい社会を作ります。私たちはこのような方法で高齢者の医療支援を行い、社会を変え、病院にコスト削減を奨励し、先駆的なイノベーションを可能にして人々の生活向上を支援します。

60 歳以上の人口は、現在ほぼ 9 億人に達しています。正しいですか?

はい。この数字は 2050 年までに 24 億人に到達すると予測されています。引用:OECD Forum 2014(OECD フォーラム 2014)

フィリップスのヘルスケアソリューションをすべて表示する