診断画像ヘッダーl

スペクトラルディテクタCT
だからできること


フィリップスのディテクタベースのスペクトラルCTを使用すると、従来どおりのスキャンで標準データとスペクトラルデータを高速かつ低線量で取得できます。ディテクタベースのスペクトラルCTでは、特別なスキャンモードを使用せずに1回の照射でスキャンし、オンデマンドで結果を取得できます。組織構造の表示と物質構成の特定のどちらかを選択する必要はありません。

 

下にスクロールして比較してください

1つの症例を2通りの方法で検討

 

スペクトラルディテクタCTの性能を示すために、同一の健康プロフィールを持ち、腹痛を訴えている2名の患者を想定します。各患者の担当医師は詳細情報を得るためにCTスキャンの予約をします。一方の患者は標準のCTスキャンを受け、もう一方の患者はスペクトラルディテクタCTスキャンを受けます。プロセスは両方の患者で同一であり、臨床スタッフのワークフローもほぼ同じです。

標準のCTスキャン

Connor P.

年齢:51歳

身長:183 cm

体重:79 kg

 

70秒の造影剤注入遅延をともなう腹部CTAスキャン

スペクトラルCTスキャン

Tom M.

年齢:50歳

身長:180 cm

体重:75 kg

 

70秒の造影剤注入遅延をともなう腹部CTAスキャン

どちらのCTスキャンでも、腹部構造を示す標準のCT画像が生成されます。

標準のCT画像

標準のCT画像

スペクトラルCT画像

IQon Spectral CT画像

しかし、1つのビューで不十分な場合はどうでしょうか。

 

この仮想的な例において、放射線科医は確実な診断を行うために、膵臓に認められる腫瘤についてより詳しい情報が必要です。

標準のCT画像

標準のCTでは、画像で診断を下せない場合、患者にもう一度スキャンを受けるよう依頼することがあります。
標準のCT画像ビュー

スペクトラルCT画像

標準のCT画像とは異なり、スペクトラルディテクタCT画像では、特別な計画や設定なしで、スペクトラル情報が常に取得されます。つまり、さまざまなスペクトラル表示ツールを使用して、任意の画像のスペクトラルデータをレトロスペクティブに解析できます。例えば、単色エネルギーレベルを調整したり、Zeffectiveマップを取得したりできます。ご自身で以下をお試しください。

エネルギースライダ

コンポジションマッピング

詳細なMonoEビュー

background image

主な特長

仕組み

 

スペクトラルディテクタは、単一の連続X線ビームに含まれる高エネルギー成分と低エネルギー成分を同時に吸収し、区別します。スペクトラルリザルトは、特別なモード設定を必要とせずに1回のスキャンで取得されます。

Oren Zarchinとの会話
スペクトラルリザルトをいつでもどこでも。DICOMデータセットには、レトロスペクティブな解析に必要な情報が含まれています。
Spectral CTテクノロジーの仕組み
ディテクタベースのスペクトラルCTは、単一の連続X線ビームに含まれる高エネルギー成分と低エネルギー成分をディテクタレベルで同時に吸収し、区別します。

お問い合わせ

 

スペクトラルディテクタCTの詳細については、当社にお問い合わせください。

お問い合わせ
*

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
We work with partners and distributors who may contact you about this Philips product on our behalf.
*
*

Final CEE consent
リリース画像

画像だけにはとどまらない。
大きな転換点の到来。


スペクトラルディテクタCTがどのように画質、線量、およびワークフローを統合するかご確認ください。

You are about to visit a Philips global content page

You are about to visit the Philips USA website.

You are about to visit a Philips global content page

You are about to visit the Philips USA website.

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。