本格パスタ・うどん・ ラーメンを低糖質でおいしく楽しもう!

 

おいしくなければ続けられない。

無理のない糖質を意識した食事管理とは?

低糖管理について専門家が語る!

無理なく続けられる“糖質管理”を

 

近年、健康に対する関心の高まりから「糖質制限」や「糖質コントロール」といった、食事における「糖質の摂取」をいかに適切に管理するかが注目を浴びています。それでは、糖質を意識した食事管理は、どのように行えばいいのでしょうか。
一般社団法人 食・楽・健康協会代表理事の山田悟先生にお話をうかがいました。

糖質は体と脳のエネルギー源

 

食べものに含まれる炭水化物・たんぱく質・脂質は、“人に必要な3大栄養素”として知られています。このうち炭水化物は「糖質」と「食物繊維」で構成されますが、食物繊維はがん予防、動脈硬化予防など様々な機能をもつことが報告されています。
また糖質は、体や脳のエネルギー源となる大切な存在です。

山田先生がおすすめする糖質管理の3つのポイント

一般社団法人

食・楽・健康協会代表理事

山田 悟

1. 極端なことは避ける

極端なカロリー制限で餓死してしまったモデルさんがおられるように、なんでも極端なことには問題がつきものです。1食当たりの糖質量を20g以上40g以下にすることによって、楽しく安全な糖質制限食が実現します。

2. 食物繊維をとりながら、糖質を少なめに

糖質制限食では糖質は控えますが、食物繊維の摂取は推奨されます。決して炭水化物制限食ではないのです。例えば小麦ふすまは糖質が少なくて食物繊維は豊富。まさに糖質制限食にうってつけの食材なのです。

3. がまんせず、なるべくおいしいものを食べる

どんなに健康な食事であっても、それがおいしさや満腹感といった幸せな食生活に直結しないものであっては継続できません。パスタ・うどん・ラーメンなど、幸せな食生活の礎となる食品をぜひ低糖質で楽しんでいただきたいと思います。

一般社団法人

食・楽・健康協会代表理事

山田 悟

本格的な麺料理を低糖質でもおいしく

ヌードルメーカーの「低糖質・激ウマ生麺レシピ」

製品の購入

 

ヌードルメーカーの価格チェック・お買い求めは

以下のオンラインショップまたはお近くの家電量販店へ!

アフターケア

もっと安心・快適にお使いいただくために。

My Philipsに登録するとその製品のサポート情報をご確認いただけます。

製品を購入されましたらぜひご利用ください。

フィリップス キッチン公式facebook

「いいね!」して最新情報を手に入れよう。

Facebookへ(外部サイト)

フィリップス キッチン公式インスタグラム

食に関すること、フィリップス製品のある暮らしをお届けします。

Instagramへ

フィリップス キッチンクラブ

メールで最新情報をお届け!健康で楽しい手作りを。

詳しく見る

フィリップス キッチン

 

日本のキッチンをもっと楽しく。

 

一覧を見る