Heart safe city(ハートセーフシティ)

日本のすべての町に、
いのちを救うスピードを。

フィリップスのAED製品やソリューションに関する詳細情報を希望されますか?

フォームに必要事項をご記入して最新情報をお受け取りください。

ハート セーフ シティ

Heart safe city構想とは

心肺停止に陥った場合、5分以内に適切な処置を施すことが大切です。1秒でも早く救助を始めるために、フィリップスは、町全体が一つの「救急チーム」となって命を救うシステム「Heart safe city」(ハートセーフシティ)構想を推進しています。
心臓突然死からの社会復帰率、世界一の町づくり、施設づくりを目指して。

heart safe city構想図

院外における心肺停止患者への対応力を町ぐるみで強くしていく取り組みです。 教育・インフラ・システムなど、広い視点で課題を抽出し、社会復帰率世界一の町づくりを目指します。

training  ファーストレスポンダー育成

Training  ファーストレスポンダー育成

ファーストレスポンダー(救急隊に引き継ぐまで適切に応急手当てが出来る救護者)を育成するための継続可能な教育体制の確立を目指します。
system 自治体・地域との体制づくり

System  自治体・地域との体制づくり

住民や企業への啓発活動、インフラ整備、消防との連携、医師への協力要請など、地域全体でシステムを構築、実現可能な環境を整備します。

 

SOSボタンについて詳細はこちら

aed 適正配置

AED  適正配置

地域特性(人口密度・年齢比率・地形)を考慮した上で、統計やガイドラインに基づいた適切なポイントを選定します。

日本における心肺停止を取り巻く現状

aed使用率

AED使用率

2018 年、一般市民に目撃された心原性心肺停止傷病者は25,756人。このうちAEDが使用されたのは1,254件、わずか4.9%でした。
社会復帰率(全国平均)

社会復帰率(全国平均)

院外心肺停止から1ヶ月後の生存率は13.9%、社会復帰率は9.1%にとどまっています。
救命率

救命率

院外で心停止した場合、救命率は1分ごとに7~10%低下します。
出展:総務省消防庁 令和元年版 救急救助の現況
出展:総務省消防庁/日本AED財団

応急救護における3つの課題

初動対応の遅れ

初動対応の遅れ

倒れた人への対応にためらいがある

EAP(緊急時対応計画)がない

応援を呼べない

AED実施率の低さ

AED実施率の低さ

使い方がわからない

必要なところにない

どこにあるかわからない

救急需要の増加

救急需要の増加

救急車の適正利用が少ない(6割が軽症)

通報から救急車到着まで平均8.7分(地方では20分以上かかるところも)

フィリップスのハートセーフシティに関する取り組み

事例1

事例1

国立循環器病研究センターとフィリップスによる取り組み

大阪「健都」でHeart safe cityが始動

事例2

事例2
仙台市とフィリップス、心肺停止からの社会復帰率“世界一”の実現を目指す「仙台Heart safe cityプロジェクト」を開始

お問い合わせ

フィリップスAEDコールセンター

0120-802-337 / 03-3740-3269

受付時間 9:00~18:00

(土・日・祝祭日・年末年始を除く)

*

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
We work with partners and distributors who may contact you about this Philips product on our behalf.
*
*

Final CEE consent