フィリップスのAED製品情報


フィリップス永年のAEDテクノロジーを搭載、それがハートスタートAEDです。

AED本体、ケース、消耗品一式、クイックレファレンスガイドをご提供しており、知識がない方も安心です。

フィリップスのAED製品やソリューションに関する詳細情報を希望されますか?

フォームに必要事項をご記入して最新情報をお受け取りください。

耳マーク

ハートスタートHS1+、FRx+は耳の不自由な方でもご使用いただけます。


アイコンの光の点滅および本体に付属されているクイックリファレンスガイドが使用手順をガイドします。

ハートスタートHS1+

ハートスタートHS1+はアイコンが見やすいよう本体色をグレーにし、使いやすさと信頼性をめざしたデザインとなっています。
フィリップス ハートスタートHS1+の使用方法を動画でご案内します。
フィリップスAED-ハートスタートHS1+

販売名:ハートスタート HS1
医療機器承認番号:21700BZY00426000
特定保守管理医療機器/高度管理医療機器

販売名 :SMARTパッド・カートリッジ
医療機器届出番号:13B1X00221000048
一般医療機器

販売名 :小児用SMARTパッド・カートリッジ
医療機器届出番号:13B1X00221000049 一般医療機器

日本限定モデル

 

HS1+はフィリップスのAEDの中でも販売台数が最も多いHS1のニューバージョンです。オフィスや公共の場などに設置されています。

小型・軽量

 

パッド、バッテリを装着した状態で重量わずか1.5kg。コンパクトなサイズであるため、場所を取らずに保管できます。また、持ち運びのしやすさがスムーズな対応をサポートします。

心肺蘇生法の音声ガイド(CPRコーチング)

 

ショック実行後、またはショック不要判断後に青のi-ボタンを押すと、心肺蘇生法のコーチング機能が起動し、音声ガイダンスが指示を出すとともに、胸骨圧迫と人工呼吸の適切な回数、速度、深さについて音声で合図します。

一般市民のためのAED

 

HS1は米国において医師の処方箋なしで一般市民の購入が認められた初のAEDです。フィリップスのAEDは2019年6月現在、世界130か国に出荷されています。

ハートスタートFRx+

日本限定モデルのハートスタートFRx+は、小型で軽量、かつ頑丈で、音声メッセージとアイコンが操作の各ステップをガイドします。
フィリップス ハートスタートFRx+の使用方法を動画でご案内します。
フィリップスAED-ハートスタートFRx+

販売名:ハートスタートFRx
医療機器承認番号:22000BZX00305000
特定保守管理医療機器/高度管理医療機器

販売名:スマートパッド
医療機器届出番号:13B1X00221000029 一般医療機

現場の使用条件を想定した設計

 

固形物体および液体の侵入(IP55)、500kgの負荷、1.22mからのコンクリート上への落下に耐えることができます。屋外や厳しい環境下での使用に適しています。

小児用キー

 

FRx+に小児用キーを装着するだけで小児(未就学児)の処置中であることをFRx+が認識し、小児用のパッド配置を示すアイコンが表示され、ショック時のエネルギー出力が小児に適したレベルまで低減されます。

CPRコーチング

 

FRx+にはHS1+と同様、心肺蘇生法のコーチング機能を備えており、胸骨圧迫と人工呼吸の適切な回数、速度、深さについて音声で合図します。

SMARTパッドⅡ

 

FRx+にあらかじめ接続されているSMARTパッドⅡは成人と小児の両方に使用できるので、パッドの費用を軽減できます。

フィリップスのAEDテクノロジー

SMART Biphasic

 

AEDはけいれんしている心臓に電気ショックを与える器械です。この電気ショックの通電のエネルギーの大小が、正確な除細動と心臓へのダメージに大きく関連します。※1
エネルギーが大きいと、心筋にダメージが残る可能性がありますが、一方、エネルギーが小さすぎると電気ショックの効果が得られないため、エネルギー量を調整することはAEDに求められる重要な要素のひとつと言えます。
フィリップスではこのエネルギー量を150ジュールとした二相性波形「SMART Biphasic」をハートスタートAEDに採用しています。


※1 Advances for Medicine Vol. 4. 2005

クイックショック

 

ガイドライン2005では、『出来るだけ早期から、十分な強さと十分な回数の胸骨圧迫(心臓マッサージ)が絶え間なく行われることが重要』と説かれています。
このため、胸骨圧迫の中断時間は出来るだけ短いことが望まれます。
AEDは胸骨圧迫中断後、ショックが必要な状態かどうかを判断し、必要な場合はショックのための充電を行います。HS1では、これの作業に要する時間は8秒以内8代表値)であり、胸骨圧迫の中断時間をAHAの推奨する10秒以内とすることが可能です。


 

ショックキャンセル機能

 

ハートスタートAEDは、電気ショックのための充電を始めてからも常に心臓の状態を解析し続け、ショックが不要な状態に変化した場合には、 ショックが打てないようにショックをキャンセルする機能がついています。

自動セルフテストにより、常に使用可能な状態をキープ

 

AEDは毎日自動セルフテストを実施しています。また、週に1回、月に1回はより詳細な内容のテストを実施しています。お客様が自ら点検を行う必要はありません。

テスト項目:内部回路、ソフトウェア、バッテリ残量、パッドの導通、スピーカー、など。

解析精度:SMART Analysis

 

SMART Analysisは、ハートスタートAEDの心電図解析アルゴリズムです。

お問い合わせ

フィリップスAEDコールセンター

0120-802-337 / 03-3740-3269

受付時間 9:00~18:00

(土・日・祝祭日・年末年始を除く)

*

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
We work with partners and distributors who may contact you about this Philips product on our behalf.
*
*

Final CEE consent