Lumea Prestige 光美容器

Lumea Prestige 光美容器

からだの部位に合わせたカスタマイズアタッチメントが付属, ワキ、ビキニエリア、からだ、顔, スマートスキンセンサー搭載, 充電交流式 BRI956/70

よくあるご質問

脱毛の処理中または処理後に見られる副作用はありますか?

取扱説明書に書かれた使用方法に従ってルメアをご使用いただければ、深刻な副作用が生じることはまずありません。 ただし、肌に若干の赤みが見られることはあります。

一般的な副作用

肌にわずかな赤みが出たり、ちくちく、ひりひりしたり、多少熱く感じるといったことがあります。 こうした症状は特に問題ではなく、すぐに治まります。 肌が乾燥したりかゆみが出たりすることがありますが、これは除毛による場合と、除毛と光脱毛の組み合わせによる場合があります。 このような場合は保冷剤や濡れタオルなどで冷やしてください。 肌の乾燥が続く場合は、無香料の保湿剤で肌を保湿してください。

まれな副作用

  • やけど、強い赤み(毛包の周りなど)、腫れ:こうした症状が出ることはほとんどありません。 ご自身の肌色に対して使用した光の強さが強すぎる場合に生じることがあります。 もしこれらの症状が 3 日経っても治まらない場合は、皮膚科医の診察を受けてください。 使用を再開する場合は、完全に皮膚が健康な状態に戻るまでお待ちください。また、出力レベルを低く設定してください。
  • 皮膚の変色:この症状が出ることは極めてまれです。 皮膚の変色は、周囲の肌の色よりも肌の色が濃くなる場合(色素沈着)と薄くなる場合(色素脱色)があります。 ご自身の肌色に対して使用した光の強さが強すぎる場合に生じることがあります。 もし変色が 2 週間経っても治まらない場合は、皮膚科医の診察を受けてください。 変色がなくなり通常の肌色に戻るまで、変色した部位の脱毛はしないでください。
  • 皮膚感染は極めてまれですが、(小さな)傷、やけど、皮膚炎などを患っている部位に使用すると生じる可能性があります。
  • 表皮が熱を持つ(濃い肌色で輪郭のはっきりした茶色がかった部分に見られることが多く、皮膚の乾燥を伴わない): この症状が出ることは極めてまれです。 もしこの症状が 1 週間経っても治まらない場合は、皮膚科医の診察を受けてください。 使用を再開する場合は、完全に皮膚が健康な状態に戻るまでお待ちください。また、出力レベルを低く設定してください。
  • 水ぶくれ(皮膚表面にできる小さな泡状のもの): この症状が出ることは極めてまれです。 もしこの症状が 1 か月経っても治まらない場合や皮膚感染が生じた場合は、皮膚科医の診察を受けてください。 使用を再開する場合は、完全に皮膚が健康な状態に戻るまでお待ちください。また、出力レベルを低く設定してください。
  • 傷跡:多くの場合、やけどの副次的な影響で生じます。治るまで 1 か月以上かかる場合があります。
  • 毛嚢炎(毛包の周囲に膿がたまって腫れたもの):この症状が出ることは極めてまれです。傷ついた皮膚に細菌が侵入して生じます。 この症状が出た場合、抗生物質の軟膏が必要となる場合があるため、皮膚科医の診察を受けることをお勧めします。
  • 極度の痛み:お手入れ前に除毛をせずにこの製品を使用すると、お手入れ中またはお手入れ後に強い痛みが生じる場合があります。また、ご自分の肌色に適した出力レベルよりも高いレベルで使用した場合や同じ部位に 2 回以上照射した場合、さらに傷口、炎症、タトゥー(刺青)、やけどなどがある部位に照射した場合も、強い痛みが生じる場合があります。
    注意:すべての手順に従っていていても、肌を傷める場合があります。 その場合は、フィリップスお客様情報センターにご連絡ください。

お探しの製品ではありませんか?