1
世界睡眠の日

2019 年世界睡眠の日

SmartSleep の動画
再生

フィリップスは、睡眠は日常生活の質に大きく影響すると考えます。

 

フィリップスは、質の高い睡眠に影響を及ぼす多くの潜在的な要因をお伝えすることで、世界中の人々が睡眠の重要性だけでなく、睡眠習慣を改善する方法を知る助けになることを目指しています。

「質の高い睡眠による健康」へのグローバルな関心

フィリップスによる睡眠に関するグローバル調査 2019

 

2019 年世界睡眠の日を記念して、フィリップスは、睡眠が日常生活にどのような影響を与えるのか、さらに睡眠を改善するために世界の人々がどのようなことを行っているのかについての洞察を深めるため、睡眠に関する年次調査を実施しました。12 カ国 12,000 人以上の成人を対象に、睡眠への向き合い方、認識、および行動に関する情報を収集しました。調査結果によると、睡眠が健康全般に与える影響についての認識は高まっている一方で、世界の多くの人々にとって、質の高い睡眠による健康の実現については依然としてわかりづらいものであることがわかりました。

6 in 10 experience daytime sleepiness
More people refer to online information sources
Help from a medical professional

睡眠の質を改善するために、どのようなことができるでしょうか。

 

情報とは活用するためのものです。当社は、年に 1 回の睡眠に関する調査から得た情報により、質の高い睡眠を実現し、睡眠の優先順位を高めるような前向きな変化を日常生活において促すことを目標としています。以下は、睡眠の専門家によるアドバイスです。

睡眠不足が、仕事、人間関係、生産性など、日常生活のあらゆる面に影響を与えることを理解し、認識しましょう。
就寝前の日課を作り、継続します。
睡眠障害の原因となりうるさまざまな要因を特定し、対処するための選択肢を調べたり、対処法について医師に相談しましょう。
テクノロジーを活用しましょう。睡眠に良い影響を与えるテクノロジー(睡眠療法や睡眠補助器具など)を調べてみましょう。就寝前の少なくとも 30 分間は携帯電話やコンピュータの使用を控え、可能であれば、携帯電話は枕元に置かずに就寝します。
睡眠不足が、仕事、人間関係、生産性など、日常生活のあらゆる面に影響を与えることを理解し、認識しましょう。
就寝前の日課を作り、継続します。
睡眠障害の原因となりうるさまざまな要因を特定し、対処するための選択肢を調べたり、対処法について医師に相談しましょう。
テクノロジーを活用しましょう。睡眠に良い影響を与えるテクノロジー(睡眠療法や睡眠補助器具など)を調べてみましょう。就寝前の少なくとも 30 分間は携帯電話やコンピュータの使用を控え、可能であれば、携帯電話は枕元に置かずに就寝します。

あなたの睡眠の質はどうですか?

 

質の高い睡眠を確保するための最初のステップは、潜在的な睡眠障害のリスクを知ることです。世界の人口におけるかなりの割合が、睡眠障害を患っていると推定されています。睡眠時無呼吸症は最も一般的な睡眠障害の 1 つであり、診断されずに放置されていることがよくあります。

 

睡眠時無呼吸症の可能性があると思う場合は、睡眠時無呼吸症の診断テストを行い、健康に対する理解を深めましょう。

 

また、睡眠時無呼吸症の可能性がある身近な人にも診断テストを勧めてください。睡眠の質を向上させる助けとなるでしょう。

世界睡眠の日 - 前年の調査結果

脚注

 

1.