1
世界睡眠の日

2021 年世界睡眠の日

2021年世界睡眠の日

「秩序があり予測可能な日常生活を取り戻し、健康を増進するための取り組みの一環として、人々は睡眠改善に積極的に取り組んでいます。」 

Teofilo Lee-Chiong 医師
フィリップス チーフメディカルリエゾン 

2020 年世界睡眠の日

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界の人々の睡眠をどのように変えたか


2021 年フィリップス世界睡眠の日グローバル調査

 

世界睡眠の日に合わせて、当社は13か国で睡眠に関する調査を実施しました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は日常生活のあらゆる側面に影響を及ぼしており、睡眠による健康に対しても例外ではありません。世界中の人々が直面している睡眠の問題について、当社はこれからもその意識を高める取り組みを続けてまいります。そして、調査で発見された新しい知見を活用して、最も一般的な睡眠問題の 80%に対応できるように役立てていく予定です。

拡大するにはインフォグラフィック画像をクリック
睡眠について理解する

睡眠時無呼吸症候群に関する質問に回答


あなたの健康状態から睡眠時無呼吸の可能性をチェックすることができます。7つの質問に答えてその危険性を確認しましょう。

睡眠の質を改善するために、どのようなことができるでしょうか。

最高の目覚め
情報とは活用するためのものです。当社は、年に 1 回の睡眠に関する調査から得た情報により、質の高い睡眠を実現し、睡眠の優先順位を高めるような前向きな変化を日常生活において促すことを目標としています。

睡眠の専門家によるアドバイス:

睡眠不足が、仕事、人間関係、生産性など、日常生活のあらゆる面に影響を与えることを理解し、認識しましょう。

全世界の調査対象者の 45%が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行以来、熟睡できている時間が減少しており、睡眠を妨げる最大の要因はストレスであると報告しています。

就寝時のルーティンを作り、毎晩実行しましょう。

44%の人が就寝/起床の時間が決まっていないと回答しています。

睡眠障害の原因となりうるさまざまな要因を特定し、対処するための選択肢を調べたり、対処法について医師に相談しましょう。

当社の調査によると、全世界の調査対象者の 27%が、睡眠時無呼吸症候群のリスクがあると考えられます。

テクノロジーを活用しましょう。睡眠に良い影響を与えるテクノロジー(睡眠療法や睡眠補助器具など)を調べてみましょう。就寝の少なくとも 30 分間は携帯電話やコンピュータの使用を控え、可能であれば、携帯電話は枕元に置くのもやめましょう。

今年は 84%の人がベッドで携帯電話を使用すると回答し、そのうち 41%の人が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する記事を読むためだと回答しています。

睡眠を改善するために習慣を変え、治療に専念しましょう。

CPAP療法(持続陽圧呼吸療法)を実施している患者のうち、25%が治療を行わなくなった、またはまったく行っていないことを認めました。

睡眠不足が、仕事、人間関係、生産性など、日常生活のあらゆる面に影響を与えることを理解し、認識しましょう。

全世界の消費者の 45%が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行以来、熟睡できている時間が減少しており、睡眠を妨げる最大の要因はストレスであると報告しています。

就寝時のルーティンを作り、毎晩実行しましょう。

44%の人が就寝/起床の時間が決まっていないと回答しています。

睡眠障害の原因となりうるさまざまな要因を特定し、対処するための選択肢を調べたり、対処法について医師に相談しましょう。

当社の調査によると、全世界の消費者の 27%が、睡眠時無呼吸症候群のリスクがあると考えられます。

テクノロジーを活用しましょう。睡眠に良い影響を与えるテクノロジー(睡眠療法や睡眠補助器具など)を調べてみましょう。就寝の少なくとも 30 分間は携帯電話やコンピュータの使用を控え、可能であれば、携帯電話は枕元に置くのもやめましょう。

今年は 84%の人がベッドで携帯電話を使用すると回答し、そのうち 41%の人が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する記事を読むためだと回答しています。

睡眠を健康の柱の一部として捉え、睡眠が免疫システムにどのように影響するかを理解することは、心理的に睡眠を優先させるために役立ちます。

2020 年にストレスによって睡眠が最も制限されたと回答した 41%の人が、自分や家族の健康を重要な関心事として挙げています。
「メーリングリストに登録」バナー

フィリップスの睡眠ソリューションについて、登録して最新情報を入手

*
* この項目は必須です。
*

脚注

 

1.