1

マルチタッチディスプレイ

55BDL4051T/11
    -{discount-percentage}%

    マルチタッチディスプレイ

    55BDL4051T/11

    インタラクティビティへの新たなる挑戦

    あなたのメッセージを受け取る人々がかつてないほど身近な存在になります。このディスプレイの卓越した機能性と信頼性が、並外れた応答性、正確性、そして耐久性を提供します。 さらに詳細をみる

    インタラクティビティへの新たなる挑戦

    あなたのメッセージを受け取る人々がかつてないほど身近な存在になります。このディスプレイの卓越した機能性と信頼性が、並外れた応答性、正確性、そして耐久性を提供します。 さらに詳細をみる

動画

[trigger to render Video Gallery]

製品画像

インタラクティビティへの新たなる挑戦

あなたのメッセージを受け取る人々がかつてないほど身近な存在になります。このディスプレイの卓越した機能性と信頼性が、並外れた応答性、正確性、そして耐久性を提供します。 さらに詳細をみる

インタラクティビティへの新たなる挑戦

あなたのメッセージを受け取る人々がかつてないほど身近な存在になります。このディスプレイの卓越した機能性と信頼性が、並外れた応答性、正確性、そして耐久性を提供します。 さらに詳細をみる

Signage Solutions マルチタッチディスプレイ

55 インチ, Android 搭載, マルチタッチ 55BDL4051T/11 スペックが近い製品を検索

インタラクティビティへの新たなる挑戦

Android の活用

  • 55 インチ
  • Android 搭載
  • マルチタッチ
真のマルチタッチにより驚きのインタラクティビティを実現

真のマルチタッチにより驚きのインタラクティビティを実現

タッチテクノロジーの搭載により、インタラクティビティが刷新されました。高い柔軟性と最適な性能に高度な操作性を兼ね備え、究極のユーザーインタラクションを提供します。マルチタッチディスプレイは、自動タッチ認識機能によって有効化されます。USB コネクターは HID に準拠し、真のプラグアンドプレイ操作を可能にします。

バックアップコンテンツを自動的に再生するフェイルオーバー機能

バックアップコンテンツを自動的に再生するフェイルオーバー機能

常にコンテンツを表示しておくことは、商用サイネージにとっては非常に重要なことです。フェイルオーバー機能は、万一メディアプレイヤー側に障害が発生した場合でも、バックアップコンテンツの再生を可能にします。事前にプライマリ入力とフェイルオーバー入力を選択しておくだけで、プライマリ入力に障害が発生した場合に、自動的にフェイルオーバー入力のバックアップコンテンツの再生を開始します。

内蔵メモリを使用してコンテンツを保存、再生

内蔵メモリを使用してコンテンツを保存、再生

内蔵メモリを使用して、コンテンツを保存および再生します。メディアをディスプレイにアップロードしたらすぐにコンテンツを再生できます。また、内蔵ブラウザと連動して、オンラインコンテンツのストリーミング時にはメモリキャッシュとしての役割も果たします。万一ネットワークに障害が発生した場合でも、キャッシュされたコンテンツが内蔵メモリによって再生されるため、中断することはありません。

CMND:ディスプレイをコントロール

CMND:ディスプレイをコントロール

堅牢なディスプレイ管理プラットフォーム、CMND があれば、ディスプレイを自在にコントロールすることができます。CMND & Create を使って、コンテンツを更新、管理し、CMND & Control を使って設定を管理します。CMND によってすべてが可能になります。

視差の少ないアンチグレアガラス

このタッチディスプレイの搭載と視差の少ないアンチグレアガラスの採用によって、これまで以上に没入感の高いタッチ操作が可能になります。グレアと反射を最大限に抑えたディスプレイによって、ピュアな色彩で鮮明な画像が楽しめます。

Android:独自のアプリを実行することも、お気に入りのアプリを選んで実行することも可能

ディスプレイに Android OS を搭載。世界中で最も進んだ OS を活用して独自のアプリをディスプレイに直接保存することができます。また、大規模なライブラリから Android アプリを選択して、そこからコンテンツを再生することもできます。内蔵スケジューラーを使えば、お客様や時間帯に応じてアプリやコンテンツのスケジュールを設定できるほか、自動回転機能を使って、ディスプレイを回転させるのと同じくらい簡単に、縦横自在にコンテンツを表示することもできます。

mPCIe スロットの搭載により接続性を強化

PCI スロットの搭載により、Wi-Fi/Bluetooth や 4G LTE などのモジュールを接続可能で、ディスプレイとの通信をさらに向上することができます。機器間の通信も強化されるほか、製品機能や信号処理機能を拡張できるなど、多様な構成を利用することができます。

自動スクリーンショット機能を使ってコンテンツが表示されていることを確認

コンテンツは最も重要です。自動スクリーンショット機能を使えば、コンテンツが常時表示されていることを確認することができます。スクリーンショットは 1 日を通して作成され、FTP サーバーに保存されます。保存されたスクリーンショットは、いつでも、どこからでも確認できます。

おすすめの製品

  • -{discount-percentage}%

最近閲覧した製品

  • -{discount-percentage}%