サポート

シェーバー

よくあるご質問

シェーバーについてよくあるご質問を掲載しております。
製品ごとのよくあるご質問については、「製品一覧」タブから各製品のサポートページをご覧ください。

替刃の交換タイミングは?
シェービング性能を維持するためにも替刃は約24ヶ月ごと、または替刃交換マークが表示されたタイミングで交換してください。
フィリップスシェーバーの特徴は?

1. 密着して肌にやさしく深剃り

ヘッドやユニットが可動して肌に密着、さらにスーパーリフト&カットでヒゲを根元から引き上げカットすることで、内刃が直接肌に触れにくく、肌を傷めずに深剃りできます。*1

 

2. お風呂シェーブ対応

フォームやジェルをつけていっそう肌にやさしくシェービングいただけます。*1

また、本体丸洗い後もオイル差しが不要なためお手入れが簡単です。

 

3. 自動研磨システム

シェーバーの内刃が外刃に対して鋭角に接しており、回転するたびに内刃が磨かれるように設計されています。

自動研磨システムにより刃のシャープさが落ちにくく、オイル差しも不要です。

 

4. 静かな動作音

フィリップスのシェーバーは動力を効率よく使う回転式のため、パワフルでも静かで低振動です。

 

5. 多彩な着脱式アタッチメント

ヘッドを洗顔ブラシやヒゲスタイラーなどに取り替えることができ、使い方の幅が広がります。*2

 

*1 対応機種については機能比較表をご覧ください。

*2 付属していない製品の場合は別売のアクセサリーを購入いただく必要があります。

 

回転が弱く、動作音が小さ過ぎるように感じます

フィリップスのシェーバーは動力を効率よく使う回転式のため、パワフルでも静かで低振動なのが特徴です。

早朝や、小さなお子さまがお休み中の時間でも、周囲を気にすることなくシェービングいただけます。

海外で使用できますか?

海外使用対応(AC100V~240V)のシェーバーであれば海外で使用いただけます。国によってプラグの形状が異なる場合がございますので、必要に応じてプラグアダプターを使用ください。

詳しくは機能比較表または取扱説明書をご覧ください。

水洗いはできますか?

以下のシリーズについては水洗いに対応しています。

 

- 9000シリーズ

- 7000シリーズ

- 5000シリーズ

- アクアタッチ

- パワータッチ

- スタイルシェーバー

 

詳しくは機能比較表をご覧ください。

また、生産終了した製品については取扱説明書でご確認ください。

シェービングユニットの分解掃除方法は?(9000シリーズ)

シェーバーの電源がOFFになっていることを確認して、以下の手順でクリーニングしてください。

・シェービングヘッドホルダーをシェービングユニットから引き離す。【図1】

・保持板ホルダーを保持板にはめる❶。反時計周りに回して❷、シェービングヘッドから引き上げる。【図2,3】

・保持板ホルダーから保持板を取り外し、他の保持板についても同様の方法で取り外す。

・内刃と外刃をシェービングヘッドホルダーから取り外す。【図4】 

※内刃と外刃はそれぞれセットになっているため、必ず1セットずつ取り外しクリーニングしてください。内刃と外刃のセットを入れ替えるとシェービング性能が戻るまで数週間かかることがあります。

・内刃と外刃を水またはぬるま湯で洗い流す。【図5】

・内刃を外刃に戻す。【図6】

・内刃と外刃をシェービングヘッドホルダーに戻す。【図7】

※外刃とシェービングヘッドホルダーの凹凸が合うように入れてください。 

・保持板に保持板ホルダーをはめて、保持板をシェービングヘッドに取り付け❶、時計周りに回して固定する❷。【図8,9】

・他の保持板についても同じ方法で取り付ける。 

・シェービングヘッドホルダーをシェービングユニットに取り付ける。【図10】

シェービングユニットの分解掃除方法は?(7000シリーズ)
シェーバーの電源がOFFになっていることを確認して、以下の手順でクリーニングしてください。
・シェービングヘッドホルダーをシェービングユニットから引き離す。
・保持板を反時計周りに回して❶、シェービングヘッドから引き上げる❷。

・内刃と外刃をシェービングヘッドホルダーから取り外す。

 ※内刃と外刃はそれぞれセットになっているため、必ず1セットずつ取り外しクリーニングしてください。内刃と外刃のセットを入れ替えるとシェービング性能が戻るまで数週間かかることがあります。

・内刃と外刃を水またはぬるま湯で洗い流す。
・内刃を外刃に戻す。

・内刃と外刃をシェービングヘッドホルダーに戻す。

※外刃とシェービングヘッドホルダーの凹凸が合うように入れてください。

・保持板をシェービングヘッドに取り付け❶、時計周りに回して固定する❷。
・シェービングヘッドホルダーをシェービングユニットに取り付ける。
シェービングユニットの分解掃除方法は?(5000シリーズ)
シェーバーの電源がOFFになっていることを確認して、以下の手順でクリーニングしてください。
・シェービングユニットリリースボタンを押し、シェービングユニットを開く。
・シェービングヘッドホルダーを引いてシェービングユニットから取り外す。
・保持板を反時計周りに回して❶、シェービングヘッドから引き上げる❷。

・内刃と外刃をシェービングヘッドホルダーから取り外す。

※内刃と外刃はそれぞれセットになっているため、必ず1セットずつ取り外しクリーニングしてください。内刃と外刃のセットを入れ替えるとシェービング性能が戻るまで数週間かかることがあります。

・内刃と外刃を水またはぬるま湯で洗い流す。
・内刃を外刃に戻す。

・内刃と外刃をシェービングヘッドホルダーに戻す。

※外刃とシェービングヘッドホルダーの凹凸が合うように入れてください。 

・保持板をシェービングヘッドに取り付け❶時計周りに回して固定する❷。
・保持版の2つの凹凸がシェービングヘッドホルダーに合うように取り付ける。
・保持板がかちっとなるまで時計周りに回して固定する。
※シェービングヘッドや保持板を戻す際には手で持って行ってください。台の上で行うとシェービングヘッドが破損、変形する恐れがあります。
・シェービングヘッドホルダーをシェービングユニットに取り付ける。
洗浄充電器だけを購入できますか?

洗浄充電器のみの販売はございません。

洗浄充電器がセットになった製品をお買い求めください。

11上手に剃れません

初めてフィリップスシェーバーをお使いになる方は、慣れるまで2~3週間かかることがあります。使い始めは思うようにシェービングができなかったり肌がヒリヒリすることがありますが、まずは3週間シェーバーを使い続けてみてください。


フィリップスシェーバーは肌に強くおしつけずに、軽くあてて円を描くように回転させながら剃るのがコツです。

シェービングジェルやシェービングフォームをお使いいただくとよりスムーズにシェービングいただけます。

シェービングヘッド以外のアタッチメントは?

フィリップスシェーバーはシェービングヘッド以外にヒゲスタイラーや洗顔ブラシのアタッチメントも使用いただけます。

※別売のアタッチメントが必要です。

対応機種については別売品一覧をご覧ください。

取扱説明書

取扱説明書をPDF形式でご覧いただけます。

9000・7000・5000シリーズ

9000シリーズ

S9731/33

S9732/33
S9551/26

S9551/12
S9552/26

S9552/12
S9185/26

S9185/12
S9186/26

S9186/12

 

 

 

7000シリーズ

S7520/26

S7520/12
S7521/26

S7521/12

5000シリーズ

S5395/26

S5395/12
S5272/12

S5212/12
S5231/12

S5396/12
S5273/12

S5213/12
S5252/12

S5251/12

 

S5076/06

S5086/06

 

9000・7000・5000シリーズ(2015年)

9000シリーズ

S9711V/33

S9712V/33
S9511/26

S9511/12
S9512/26

S9512/12
S9181/26

S9181/12
S9182/26

S9182/12

 

 

7000シリーズ

S7310/26

S7311/26
S7310/12

S7311/12

5000シリーズ

S5391/12

S5390/26
S5390/12

S5271/12
S5270/12

S5230/12
S5211/12

S5210/12

 

S5075/06

S5085/06

 

センソタッチ3Dシリーズ
センソタッチ2Dシリーズ
スタイルシェーバーシリーズ
アクアタッチシリーズ
パワータッチシリーズ
HQ900シリーズ
クリックアンドスタイルシリーズ
ポータブルシェーバー
ミニスタイルシェーバー
2010, 2011年以前 アーキテックシリーズ
2010, 2011年以前 HQ8200シリーズ
2010, 2011年以前 HQ8100シリーズ
2010, 2011年以前 F1モデル
2010, 2011年以前 HQ7300シリーズ
2010, 2011年以前 HQ900シリーズ
2010, 2011年以前 HQ100シリーズ
2009年以前
2008年以前

製品登録
My Philips

ご登録はこちら