EchoNavigator EchoNavigator

EchoNavigator

EchoNavigator

スペックが近い製品を検索

SmartFusionを使用することで、SHD(Structural Heart Disease)の診断から治療に関係する多くの情報が得られ、信頼性が高まります。EchoNavigatorが自動的に3D TEEとライブX線画像をリアルタイム統合させるため、リアルタイム3D画像支援下でデバイス治療をより速く直感的にガイドできます。

特長
ライブ3D TEE
3D TEEの超音波照射領域(コーン)表示によってスキャン方向を視覚化

3D TEEの超音波照射領域(コーン)表示によってスキャン方向を視覚化

3DTEEの視野(コーン)が施術中にエコーの参照エリアとしてX線画像上にアウトライン表示されます。3D経食道心エコー(TEE)イメージングのインテグレートにより軟部組織に関する重要な診断情報がX線情報と同時に得られます。
-
自動マーキング機能による術者とエコーオペレーター間の情報共有と治療支援

自動マーキング機能による術者とエコーオペレーター間の情報共有と治療支援

エコー画像上で軟部組織構造上に設定されたマーカーは、術者との情報共有および治療支援の目的で自動的にリアルタイムX線画像上に表示されます。
検査室内のチームワークとコミュニケーションを促進
最適なワークフロー

最適なワークフロー

心エコーのオペレータとインターベンションの術者との間で、スムーズなコミュニケーションと相互理解が不可欠です。これらが十分に整備された環境が構築されていることで手技をスムーズにかつ迅速に進めることができる最適なワークフロが確立できます。EchoNavigatorはエコー画像とX線画像を自動的に融合およびシンクロナイズさせることによって、このプロセスを迅速化し、チームワークの向上とともに確立したワークフローを実現します。
直感的なリンクと自動オリエンテーション
常に同じ観察方向と診断情報の共有

常に同じ観察方向と診断情報の共有

3DTEEトランスデューサの位置と方向は自動的にEchoNavigatorソフトウエアに登録されることで、Cアームを動作する際に、リアルタイムエコー画像とリアルタイムX線画像は術者、オペレーターの操作不要でオートマチックにシンクロいたします。
便利な3つのパースペクティブ
観察・診断をより容易にする3種類のエコー画像情報

観察・診断をより容易にする3種類のエコー画像情報

組織構造を示す最大3つの異なる2Dまたは3Dエコー画像を同時に表示し、軟組織組構造とデバイスの位置情報を明瞭に把握できます。
クイックズームとハンギングスクリーン
テーブルサイドから容易にリアルタイムエコー画像を操作

テーブルサイドから容易にリアルタイムエコー画像を操作

3DTEEデーターによる軟部組織構造のエコー画像は、必要に応じてテーブルサイドから容易に操作することができます。
  • ライブ3D TEE
  • -
  • 検査室内のチームワークとコミュニケーションを促進
  • 直感的なリンクと自動オリエンテーション
See all features
ライブ3D TEE
3D TEEの超音波照射領域(コーン)表示によってスキャン方向を視覚化

3D TEEの超音波照射領域(コーン)表示によってスキャン方向を視覚化

3DTEEの視野(コーン)が施術中にエコーの参照エリアとしてX線画像上にアウトライン表示されます。3D経食道心エコー(TEE)イメージングのインテグレートにより軟部組織に関する重要な診断情報がX線情報と同時に得られます。
-
自動マーキング機能による術者とエコーオペレーター間の情報共有と治療支援

自動マーキング機能による術者とエコーオペレーター間の情報共有と治療支援

エコー画像上で軟部組織構造上に設定されたマーカーは、術者との情報共有および治療支援の目的で自動的にリアルタイムX線画像上に表示されます。
検査室内のチームワークとコミュニケーションを促進
最適なワークフロー

最適なワークフロー

心エコーのオペレータとインターベンションの術者との間で、スムーズなコミュニケーションと相互理解が不可欠です。これらが十分に整備された環境が構築されていることで手技をスムーズにかつ迅速に進めることができる最適なワークフロが確立できます。EchoNavigatorはエコー画像とX線画像を自動的に融合およびシンクロナイズさせることによって、このプロセスを迅速化し、チームワークの向上とともに確立したワークフローを実現します。
直感的なリンクと自動オリエンテーション
常に同じ観察方向と診断情報の共有

常に同じ観察方向と診断情報の共有

3DTEEトランスデューサの位置と方向は自動的にEchoNavigatorソフトウエアに登録されることで、Cアームを動作する際に、リアルタイムエコー画像とリアルタイムX線画像は術者、オペレーターの操作不要でオートマチックにシンクロいたします。
便利な3つのパースペクティブ
観察・診断をより容易にする3種類のエコー画像情報

観察・診断をより容易にする3種類のエコー画像情報

組織構造を示す最大3つの異なる2Dまたは3Dエコー画像を同時に表示し、軟組織組構造とデバイスの位置情報を明瞭に把握できます。
クイックズームとハンギングスクリーン
テーブルサイドから容易にリアルタイムエコー画像を操作

テーブルサイドから容易にリアルタイムエコー画像を操作

3DTEEデーターによる軟部組織構造のエコー画像は、必要に応じてテーブルサイドから容易に操作することができます。

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。

あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。