デジタルパソロジーとは

デジタルパソロジーとは 

さらに詳しい情報をお届けします

顕微鏡診断

デジタルパソロジーでは、ガラススライドをデジタル化することによって、病理画像の管理や保存が容易になり、画像解析もできるようになります。

スキャナを使用して、ガラススライドはデジタル病理スライドに変換されます。これにより生成されたデジタルスライドを用いることで、高解像度での画像表示や、画像解析が可能になります。

デジタルパソロジーを活用することにより、フィリップスはPrecision medicineのビジョンを打ち出しています。

デジタルパソロジーの関連領域

私たちはデジタルパソロジー領域の業界大手として、技術を革新させることにより、世界中の何十億人もの人々の生活を向上させることを目的としています。すでに世界中で、40,000人を超えるユーザにサービスを提供し、実臨床の場に貢献しています。

Ivo Van Den Berghe

WSI(Whole Slide Image)スキャナ購入時の検討事項

病理の向上

病理ワークフローの向上

ブラウザベースのワークフローや症例管理、また我々の豊富な経験によって、病理診断ワークフローの効率化を向上させています。

精度の向上

病理診断に適したツール

個別化医療の加速に伴い、患者へのアプローチは今後も大きく変化していくでしょう。医療従事者は、患者個々の遺伝子情報や環境要因を考慮することで、疾患の進行を予測・防止することができるようになります。
病理医はヘルスケアイノベーションに伴い、重要な役割を担っていくことになります。個別化医療においては、新しい分子病理検査に基づいて、特定疾患への傾向だけではなく、特定の治療薬の有効性の可能性も決定されます。このような環境下において、病理診断は今後ますます重要なファクターになります。

個別化医療

病理と今後の個別化医療

個別化医療は今後益々の発展が期待されています。

さまざまながんに適した治療計画は、分子検査によって決定されています。特定タイプの典型例のようにみえる腫瘍でも、蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)などの分子検査を用いることによって、全く異なるタイプの病変であることが判明する場合もあります。

Philips Digital & Computational Pathologyは、多くの病理医、病理検査ラボと共に、ヘルスケアイノベーションを実現します

関連製品

*

連絡先

* この項目は必須です。

*
*
*
*
*
*
*
*
*

連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。

We work with partners and distributors who may contact you about this Philips product on our behalf.

*
*

Final CEE consent

You are about to visit a Philips global content page

You are about to visit the Philips USA website.

You are about to visit a Philips global content page

You are about to visit the Philips USA website.

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。