1
製品

必要なサポートをお選びください
お使いの製品のためのソリューションをお探しですか?

乾いた肌と濡れた肌、どちらで脱毛・シェービングするのがよいですか?

脱毛・シェービングすることで、なめらかな肌を維持しましょう。乾いた肌と濡れた肌のどちらでもなめらかな仕上がりを実現するには、以下のヒントをご覧ください。
 

ウェット&ドライ

防水仕様の製品は濡れた肌と乾いた肌のどちらにも使用できるため、水に濡らして使用し、使用後は水ですすぐことができます。

製品のヘッドが汚れたり、損傷・摩耗していないことを必ず確認してください。ヘッドにそのような問題があると、性能の低下や肌荒れの原因になります。損傷がある場合はただちに交換してください。

お手入れを始める前に、肌を清潔にしてください。脱毛またはシェービングを行う前日に、肌をピーリングすることをお勧めします。そうすることにより、毛包の周りの古い角質が取り除かれるため、毛が脱けやすくなり、埋もれ毛も発生しにくくなります。

ご自分に適したお手入れの方法を見つけましょう。 
 

ドライ

濡れた肌には毛がくっつきやすいため、ほとんどの製品で、乾いた肌でのお手入れをお勧めしています。
また、すばやく簡単にお手入れしたい場合にも乾いた肌での使用をお勧めします。お手入れ前に、肌が清潔であることと、完全に乾いていることをご確認ください。 
 

ウェット

快適かつスムーズな動きでお手入れするには、濡れた肌での使用をお勧めします。濡れた肌でのお手入れ中は、適宜ヘッドをすすぎながら脱毛し、肌の上でスムーズに動かします。肌は水でしっかり濡らすようにしてください。濡れた肌には毛がくっつきやすいため、乾いた肌でのお手入れより脱毛できる量が少なくなる場合があります。お手入れ後は肌の水分をやさしく拭き取ってください。

お手入れ後

お手入れ後のケアとして、肌の冷却および鎮静効果があるアロエベラ配合のクリーム/ローション(ノンアルコール)や保湿剤を塗ってください。脱毛後は、冷却パックなどで肌を冷やし、落ち着かせるのもよいでしょう。

また、次回のお手入れまではある程度間隔を空けて、肌を休ませてください。

製品の使用後は、ヘッドに付いた毛を取り除いてしっかり掃除してから、自然乾燥させてください。
 

敏感肌

お手入れ前に肌を清潔にすること、皮膚を伸ばすこと、長い毛は事前に 3mm 程度にカットすること、やさしくお手入れすることを心がけてください。毛の流れに沿った向きと逆らった向きの両方を試してみて、快適な向きでお手入れしてください。

お手入れする前日または2、3日前に、肌をピーリングしてください。そうすることにより、毛包の周りの古い角質が取り除かれるため、毛が脱けやすくなり、埋もれ毛も発生しにくくなります。ピーリング後、脱毛またはシェービングするまでの期間は、肌の良い状態を保てるように調整してください。   

防水仕様の製品をお使いの場合は、低刺激性のスキンケア製品や水など、肌に合ったものを見つけてください。  
 

ヒント

  • 毛の長さが 4mm 以上ある場合は、3mm 程度にカットすると最適な仕上がりになります。
  • 製品のヘッドが汚れたり、損傷・摩耗していないことを必ず確認してください。ヘッドにそのような問題があると、肌荒れや炎症の悪化の原因になります。損傷がある場合はただちに交換してください。
  • お手入れの前に肌を清潔にしてください。 
  • 脱毛またはシェービングを行う前日に、肌をピーリングすることをお勧めします。毛包の周りの古い角質が取り除かれるため、脱毛が容易になります。 
  • 1 箇所を処理し過ぎないように注意してください。同じ部位に何度も製品を当てないでください。 
  • 肌を乾かすときはこすらず、水分をやさしく拭き取るようにしてください。  
  • お手入れ後のケアとして冷却および鎮静効果があるアロエベラ配合のクリーム/ローション(ノンアルコール)や保湿剤を塗ってください。 
  • 夕方の時間帯に脱毛すると、夜間に肌が落ち着いて、翌日はなめらかな肌になります。
製品のご登録
製品のご登録

製品の保証範囲を把握する

キャッシュバック、ギフト、特別オファーを受ける

製品サポートにアクセスする