1
製品

HR2365/01  ヌードルメーカー
お使いの製品の色が画像と異なる場合がありますが、サポート情報は同じです
製品を表示

ヌードルメーカー

HR2365/01

フィリップスヌードルメーカーで作った麺がすぐに切れてしまいます

フィリップスヌードルメーカーで作った麺が簡単に切れてしまうときには、以下のコツやヒントを参考にしてください。

麺の正しい堅さと正しくない堅さの違い - フィリップスヌードルメーカー

粉と水の割合が間違っているかもしれません

小麦粉と水の割合がレシピと異なっていると、でき上がった麺が切れてしまうことがあります。

これを解決するには、ヌードルメーカーの電源プラグをコンセントから抜いて生地を捨てます。

それからヌードルメーカーを洗って以下の手順で麺を作り直します(詳しい手順については取扱説明書の「ヌードルメーカーの使い方」をご覧ください)。

1- 材料を用意します。

2- チャンバーのフタを外します。

3- チャンバーに粉を入れます。

4- チャンバーのフタをしっかり閉めます。

5- 「ヌードルメーカーのレシピ」で確認して必要量の水を量ります。

小麦粉と水の割合が正しい生地の特徴:

パラパラして乾燥しているように見えます。このような生地を押し出し成形すると、最適な麺ができ上がります。

注:

  • 付属の計量カップ(粉用)を使うようにしてください。このカップは標準的な 8 オンス計量カップとしてはお使いいただけませんので、ご注意ください。

  • キッチンスケールを使うとより正確に粉を計量できます。

次のような生地ができるはずです。

生地の正しい堅さ - フィリップスヌードルメーカー

間違った種類の小麦粉を使っていませんか

良質な生地を作るには、中力粉かタンパク質含有量の多い小麦粉をお使いください(詳しくは取扱説明書の「ヌードルメーカーの使い方」または付属のレシピブックをご覧ください)。

注:

  • 付属の計量カップ(粉用)を使うようにしてください。このカップは標準的な 8 オンス計量カップとしてはお使いいただけませんので、ご注意ください。

  • キッチンスケールを使うとより正確に粉を計量できます。

このページの情報は次のモデルに適用されます: HR2365/01 .

製品のご登録
製品のご登録

製品の保証範囲を把握する

キャッシュバック、ギフト、特別オファーを受ける

製品サポートにアクセスする