個人のお客様
製品

Lumea Prestige 光美容器

からだの部位に合わせたカスタマイズアタッチメントが付属, ワキ、ビキニエリア、からだ、顔, スマートスキンセンサー搭載, 充電交流式 BRI956/70

よくあるご質問

フィリップス ルメアの使用上の警告や注意点はありますか?

ルメアをお使いになる前にご注意いただく禁忌事項があります。 ルメアの使用が適さない禁忌、服用している薬、疾患は以下のとおりです。

対応する肌タイプ

  • ルメアモデルシリーズ SC200X および BRI95X: 肌タイプが VI の方(非常に日焼けしやすい、肌色が濃い褐色の方)は、この製品を絶対に使用しないでください。 使用した場合、色素沈着、色素脱色、強い赤み、やけどなどの炎症が高い確率で生じる危険があります。
  • その他すべてのフィリップス ルメア: 肌タイプが V および VI の方(非常に日焼けしやすい、肌色が濃い褐色の方)は、この製品を絶対に使用しないでください。 使用した場合、色素沈着、色素脱色、強い赤み、やけどなどの炎症が高い確率で生じる危険があります。

絶対に使用しないでください

  • 妊娠中の方や授乳中の方(妊娠中の方や授乳中の方に対するテストをしていないため)
  • ペースメーカー、神経刺激装置、インスリンポンプなど、能動埋め込み型の医療機器をご使用の方
  • お手入れする範囲に感染症、湿疹、やけど、毛根の炎症、裂傷、擦過傷、単純ヘルペス、傷口、皮膚疾患、血腫などがある方
  • 炎症(赤みまたは切り傷)のある肌、日焼けがひどい肌、最近日焼けした肌、人工的に日焼けした肌
  • 次の箇所: ほくろ、そばかす、大静脈、濃い色素斑がある箇所、傷跡、皮膚に異常の見られる箇所への使用については、事前に医師にご相談ください。 このような箇所に使用すると、やけどしたり皮膚が変色したりする場合があり、皮膚関連の病気の特定が難しくなる可能性があります。
    *次の箇所:いぼ、タトゥー(刺青)、アートメイクのある箇所。

次の箇所には絶対に使用しないでください

  • 目および眉毛の周り。
  • 唇、乳首、乳輪、外陰部、膣部、肛門、鼻の内側、および耳。
  • お手入れする箇所を過去 3 週間以内に手術している場合。
  • 男性は、ヒゲが生えるすべての部分を含む顔と首、および男性器には使用できません。
  • 長時間効果が持続する制汗剤を使用している箇所。 肌を傷める可能性があります。
  • 次の箇所には絶対に使用しないでください: シリコン注入物、皮下埋め込み式ポート(インスリンポンプ)、ピアス穴などの上とその周り。

以下の薬のいずれかを使用している場合は、絶対に使用しないでください:

  • アルファヒドロキシ酸(AHA)、ベータヒドロキシ酸(BHA)、局所イソトレチノイン、アゼライン酸で皮膚を治療中の方、または過去 1 週間以内に治療した方。
  • 過去 6 か月以内に何らかの形でイソトレチノインを摂取した方(アキュテインやロアキュテインなど)。 この治療は、皮膚が敏感になり、傷ついたり、炎症を起こしたりしやすくなります。
  • 感光性を強める性質のある薬を使用している方は、薬の説明書をご確認ください。光アレルギー反応や光毒性反応を起こす可能性があると記載されている場合や、この薬を服用している間は日光に当たらないようにする必要がある場合は、絶対に使用しないでください。
  • 抗凝血剤を使用している方。お手入れの前に 1 週間以上休薬できないほど、アスピリンを多用している方も該当します。

絶対に使用しないでください

  • 過去 3 か月以内に放射線治療や化学療法を受けている方。
  • 熱に対する皮膚の感度が下がる鎮痛剤を使用している方。
  • 免疫抑制剤を使用している方。
  • 過去 3 か月以内に放射線治療や化学療法を受けている方。
    ここに挙げた箇所がすべてではありません。 この製品を使用できるかどうかわからない場合は、医師にご相談ください。

お探しの製品ではありませんか?