AEDの点検、
保守管理および
廃棄について

 

AEDを効果的・効率的に活用するために。

AEDは救命処置のための医療機器です。AEDを設置したら、いつでも使用できるように、AED のインジケータや消耗品の有効期限などを日頃から点検することが重要です。製造販売業者または販売業者が、設置者の保守管理の手間を軽減する独自のサービスをご用意しております。お客様のご都合に合わせて、これらを利用し、いつでもAED が使える状態にしておいてください。

AEDの管理について

AEDをいざと言う時に安全に使っていただくためには、管理と日常点検が非常に重要になります。

AEDご購入後は、以下のリンクに表示される内容にしたがって、AED消耗品交換時期ラベルおよびAED本体管理ラベルを取り付けてください。

AED消耗品および本体の管理のお願い ›

また、毎日のインジケータ(AEDの現在の状態を表します)の確認と、定期的にパッドやバッテリ等の消耗品の交換期限を確認してください。

日常点検には、以下のチェックリストと点検手順書をご利用ください。

 

AED取扱いについての注意点

  • AEDを設置した際は、AED管理者が製造販売業者の推奨する保守点検を実施するとともに、AEDの常時使用可能な状態の確認をしてください。
  • 電極パッド、バッテリの使用期限の確認、および期限内の交換の実施を確実に行ってください。(電極パッドは使い捨てのため、再使用は禁止されています。)
  • 医療機器は、その品質、有効性及び安全性の確保を維持する期間を明確化するために、「耐用期間※」が設定されています。「耐用期間」を過ぎたAEDは、できるだけ速やかな更新をお勧めします。
  • 製品に同梱された表示ラベルは、電極パッド、バッテリ等の消耗品の使用期限がわかるように本体またはキャリングケース、キャビネット等のわかりやすい位置に設置してください。表示ラベル等が添付されていない場合は販売業者へ連絡してください。
  • 以下の場合は管理者が製造販売業者へ連絡してください。
    -不測の事態が発生したとき
    -譲渡するとき(高度管理医療機器販売業の許可を有する業者に限る)
    -廃棄するとき
  • 未就学児に対する成人用(標準)モードでのAEDの使用は、小児用パッドあるいは小児用キーによる小児用モードを備えたAEDが近くにない等、やむを得ない場合に限り使用してください。また、未就学児に使用する場合には、2枚のパッドが触れ合わないよう特に注意してください。
  • 添付文書を必ずお読みください。

 

※医療機器の「耐用期間」の定義

医療機器が適正な使用環境と維持管理の基に、適切な取扱いで本来の用途に使用された場合、その医療機器が設計仕様書に記された機能及び性能を維持し、使用することができる標準的な使用期限を医療機器の「耐用年数」と定義する。

((社)電子情報技術産業協会 医用電子システム事業委員会 “医療機器「耐用期間」の自主基準(改訂版)”より抜粋)

AEDの廃棄および譲渡された場合のお願い

お持ちのAEDを更新などで廃棄および譲渡される場合は、必ずお買い上げいただきました販売店もしくはフィリップスAEDコールセンターまでご連絡いただけますようお願い致します。

 

ご連絡の際は、AED廃棄連絡用紙・AED譲渡連絡用紙に必要事項を記載いただき、販売店もしくはフィリップスAEDコールセンターへ郵送もしくはメール(aedcc.japan@philips.com)にてお送りください。

 

AED廃棄連絡用紙

AED譲渡連絡用紙

お問い合わせ

フィリップスAEDコールセンター

TEL: 0120-802-337 / 03-3740-3269

受付時間 9:00~18:00

(土・日・祝祭日・年末年始を除く)