Compressed SENSE

高速化の新しいソリューション

Philips Compressed SENSE

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
*
*
50%以上高速化を実現

50%以上

高速化を実現

2D・3D撮像法応用

2D・3D

撮像法応用

高分解能化の応用

高分解能化

の応用

現実的な画像再構成時間
現実的な
画像再構成時間
正確な位置情報、形態情報を提供するリアルタイム/フュージョン機能
全身領域 対応領域
Philips Compressed SENSEは、SENSEとCompressed Sensingを融合することで生まれた新しい高速化技術です。
2つの技術が相補的に機能することによって高速化あるいは高画質化を実現し、解剖情報を得るための静的な撮像からダイナミック撮像、頭部、腹部、整形、心臓領域の撮像、さらには2D、3D撮像など、ルーチンの幅広い撮像へのシームレスに対応します。

画質を維持し高速化を実現

Compressed SENSEを用い、50%以上*の高速化が実現できています。頭部ルーチン検査の例では、約17分の検査を9分に短縮できています。Compressed SENSEは、画像劣化を最小限に抑えた高速化を実現します。

*Compared to Philips scans without Compressed SENSE

頭部ルーチンMRI検査例

2D・3D撮像の対応

Compressed SENSEは、さまざまなシーケンスに、ほぼ制限なく組み合わせることが可能です。3D撮像だけではなく、ルーチン検査の殆どを占める2D撮像にも対応することができます。
脊椎ルーチンMRI検査例

全身領域への応用

Compressed SENSEは、ルーチン検査、術前など精査を目的とした検査、検査時間短縮が求められていた心臓MRIや小児領域のMRIなど、さまざまな領域に対して幅広く利用することができます。

高分解能化の応用(空間分解能・高コントラスト分解能)

MRA では、撮像時間は同等で高空間分解能化するとこで末梢血管の描出脳が向上します。またスライス厚も薄くできることから、MPRも良好な画像が得られます。
撮像時間を考慮しTRの短縮を余儀なくされた場合においては、Compressed SENSE を用いて撮像時間の延長を伴うことなく最適なTRを設定することができます。Compressed SENSEにより、最適なT2コントラストの取得を実現できます。
高分解能化の応用(高空間分解能化)
高分解能化の応用(高コントラスト解能化)

スムーズな検査フローを実現する高速画像再構成

SENSEとCompressed sensing を同じ画像再構成ループに融合したアルゴリズムにより、画像再構成の効率化を図り、スムーズな検査フローを実現します。
画像再構成時間の比較
上段:SENSE、下段:Compressed SENSE

フィリップスよりヘルスケア情報をお届けします

 

こちらのフォームからお名前とメールアドレスを登録いただくと、今後フィリップスより最新の製品情報や、セミナー、学会のお知らせなどをお送りします。ぜひご登録ください。

連絡先

* この項目は必須です。
*

連絡先の詳細

*
*
*

勤務先の詳細

*
*
*