患者に接する時間を増やし
患者満足度を向上


Philips Compressed SENSEにより、検査の準備や患者接遇の時間的な余裕が生まれます。

    Philips Compressed SENSEを使用して、患者の快適性に配慮


    Philips Compressed SENSEの使用において患者のストレスを軽減することは重要な要素です。時間的な余裕が生まれるとMR検査の快適性や患者への接遇環境が向上し、患者に負担の少ないMR検査を行うことできます。検査時間および息止め時間の短縮は患者の苦痛を軽減することができます。また、検査時間の短縮はスタッフが検査の準備を整える時間を増やし、患者の満足度の向上にもつながります。 
    患者に接する時間を増やす
    息止め時間の短縮
    SARの低減

    Compressed SENSEによる患者満足度の向上とは

    Compressed SENSEによる患者満足度の向上とは

    患者ケアの時間をより長く

    患者に接する時間をより長く


    検査準備中に患者に費やせる時間が67%増加1


    MR検査を受ける患者は、MR装置から発生する音や、狭い空間に閉じ込められることに不安や緊張を感じることがあります。Compressed SENSEではMR検査時間が短縮されるため、スタッフが患者に検査時の注意点を説明する時間を長く費やすことができ、患者の不安を和らげることができます。 

    検査準備中に患者に費やすことができる時間

    倉敷中央病院での患者に費やせる時間(増加分)
    Compressed SENSEの導入後、倉敷中央病院では、検査準備中に患者に費やせる時間が67%増加しました。結果として、インシデントやエラーの発生が平均で70%低下しました1,2
    Compressed SENSEを使用してスキャン時間を短縮し、過密な業務スケジュールによるMRスタッフのストレスも緩和されました。技師たちは、短縮された時間で画質の改善や検査の準備、安全対策に専念することができています」

    熊代正行博士、放射線技師および放射線技師長、倉敷中央病院

    息止め時間の短縮

    息止め時間の短縮


    画質を損なうことなく、息止め時間を時間を最大40%短縮1


    Philips Compressed SENSEを使用すると、MR検査時間を短縮できます。さらに、Compressed SENSEでは息止め時間を短縮できるため、MR検査の質を向上させることができます。
    息止め時間、4.8秒
    息止め時間、4.8秒

    患者にとって息止め時間が短い方が負担が少なく、息止めの失敗が大幅に減少します。

     

    当院では、心臓MRに必要な息止め回数や息止め時間を減らすことができました」

    小山貴医師、博士(医学)、放射線診断医、放射線診断科主任部長、放射線センター長、倉敷中央病院

    15~16秒におよぶ息止め時間は、心疾患患者にとって苦痛となることがあります。Compressed SENSEには、息止め時間10秒未満のプロトコルが実際に搭載されています。息止め時間が短いほうがはるかに楽なので、検査の満足度が大幅に向上します」

    Trevor Andrews博士、MR技師、バーモント大学メディカルセンター、米国

    消化器腫瘍科では長時間の臥位が困難な患者もいるため、Compressed SENSEのスキャン時間は大きな意義を持つと思います。なぜなら、こうした患者は痛みがあったり、呼吸サイクルが低下していたりするためです。たとえば、ダイナミックmDIXONシーケンスでの息止め時間は12~13秒ですが、これを9秒まで短縮できれば、患者は非常に楽になるでしょう。そして、それが画像品質の向上にもつながります」

    Christoph Juli医師、Spitalklinikum Spital Uster、スイス

    SARの低減

    SARの低減


    SARの制限による撮像時間の延長がありません


    Compressed SENSEを使用すると、SARが低減されます。これは患者によい影響をもたらすとともに、より難しい検査を受け入れることができるようにもなります。

    特殊なSARレベルが要求される金属製のインプラントを装着した患者に対しては、MRIスキャンが困難な場合があります。Compressed SENSEを併用するとMRI検査全体に要する時間を短縮でき、条件付きMR対応インプラントメーカーが指定した制限範囲内にSARを抑制できます。これにより、MRIスキャンに適さなかった患者の検査を行うことができます。また、撮像時間が短縮されるため、患者の快適性がより向上します。 
    Compressed SENSE使用時/不使用時の脊椎シーケンスの比較
    Compressed SENSE使用時/不使用時の脊椎シーケンスの比較
    左の画像:従来の撮像(SARレベル:2.5W/kg、スキャン時間:7分33秒)
    右の画像:Compressed SENSEによる撮像(SARレベル:1.9W/kg、スキャン時間:3分21秒)
    麻酔を投与せずにスキャンできる小児の最小年齢を研究しており、Compressed SENSEは、この研究プログラムにおいて基礎となる装置です」

    Jeffrey H. Miller医師、Chief of Radiology、Phoenix Children’s Hospital、米国

    息止め時間の短縮、画質の向上、撮像時間の低減 


    Compressed SENSEを使用した撮像と従来の撮像技術による息止め時間の比較

    息止め、12秒
    Jeffrey H. Miller医師、Chief of Radiology、Phoenix Children’s Hospital、米国
    腹部MRが必要な患者に鎮静剤を投与するかどうか判断に迷うケースがありました。医療チームは患者の両親と相談したうえで、麻酔を投与せずCompressed SENSEを使用して、その小児患者に検査を実施することにしました。結果として、麻酔を投与せずに検査を完了することができました」

    Jeffrey H. Miller医師、Chief of Radiology、Phoenix Children’s Hospital、米国

    Compressed SENSEを選択するその他の理由

    MRスキャンの高速化

    高空間分解能化による画質改善

    お問い合わせ


    Compressed SENSEについて不明な点はありますか


    フォームに必要事項をご記入いただければ、当社担当営業から早急にご連絡差し上げます。

    こちらのフォームにご記入ください。当社担当営業がお客様の状況についてお伺いさせていただき、Philips Compressed SENSEの詳細についてご連絡します。

    連絡先

    * この項目は必須です。
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
    1. Compressed SENSE不使用のフィリップススキャンと比較した場合
    2. ケーススタディの結果は他のケースの結果を予測するものではありません。他のケースでは異なる結果になる可能性があります

    You are about to visit a Philips global content page

    You are about to visit the Philips USA website.

    You are about to visit a Philips global content page

    You are about to visit the Philips USA website.

    当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。