高速化スキャン
画質を損なうことなく1


Philips Compressed SENSEにより、MR検査に時間的余裕を提供

    Philips Compressed SENSEにより柔軟性が飛躍的に向上

     

    Compressed SENSEにより、検査時間を有効に活用することができます。現在使用しているほぼすべての領域と撮像シーケンスを高速化でき、MR検査全体の時間を短縮することができます。これにより、日々の検査予約枠に多くの検査を組み込むことが可能となり、予約のない検査にも柔軟に対応することができます。また、通常業務時間内で検査を終えることができるため、スタッフの残業時間を削減することができます。

     

    1日あたりの検査数の増加
    柔軟な検査対応
    残業時間の削減

    Compressed SENSEにより病院が実現できる
    短縮時間
    とは

    病院で実現できる短縮時間とは 

    1日あたりの患者数の増加

    1日あたりの検査数の増加


    通常の検査予約枠に新たな検査枠を追加


    多くの施設でCompressed SENSEを既存のMR装置に導入し、画質を損なうことなく撮像時間の短縮を実現しています。患者数の多い医療機関では、短縮できた時間を活用し、通常の予約枠に新たに検査枠を追加しています。これにより、検査の予約待ちが減り、患者や検査を依頼した診療科に対し円滑にMR検査を提供できます。

    同じスキャン時間で、1日あたりの患者数が増加

    Compressed SENSE統計の概要
    ドイツのRadiology and Nuclear Medicine Joint Practice GöttingenのDirk Wagner医学博士、Björn W. Raab医学博士らは、Compressed SENSEを導入したことによって患者1人あたりの検査時間を平均15から11分に短縮することができたと報告しており、1日あたりの検査数を5件増やすことができました。2
    検査の時間枠を 1時間単位から30分単位にすることができ、以前は 13名だった 1日あたりの患者数が 26~28名に増えました」

    Kris Giordano、Imaging Manager、RWJBarnabas Health、米国

    柔軟な患者の日程調整

    柔軟な検査対応


    予約のない患者を組み込むことも容易


    各シーケンスのMRIスキャン時間が短縮されると、全体的なMRI検査時間におけるそれぞれの予約枠が数分間短縮されます。これにより、検査枠が埋まっている場合も時間的な余裕ができ、同じ日に救急患者など予約外の検査の対応ができるようになります。
    1検査に要する時間が30分単位に短縮されるまでは、追加検査や検査の予約に柔軟性を持たせることはできませんでした」

    Richard L Bajakian医師、MRI Specialists of Boynton Beach、フロリダ、米国

    現在は、より柔軟に患者や検査を依頼する医師に対して短時間でMRI検査を提供することができます。


    たとえば、患者の担当医からMRI検査の依頼があった場合に、予約がなくてもスムーズにMRI検査を行うことができます。

     

    また、検査時間の短縮によって、日々の予約枠に時間的余裕ができます」

    子安英樹医師、脳神経外科医、子安脳神経外科クリニック院長

    残業時間の削減

    残業時間の削減


    1日あたりの検査スループットを維持しながら残業時間を削減します。


    放射線科領域において、MR検査の予約が埋まっているという状況はよくあります。これは、通常の業務時間を過ぎても検査が続き、スタッフが残業せざるを得ない状況をつくります。Compressed SENSEを使用すると、MR検査の時間が短縮され、スケジュール管理が容易になり、患者だけでなくMR担当者の業務負担を減らすことができます。
    Compressed SENSEがもたらす検査時間の短縮と柔軟なスケジュール管理により、スタッフの残業時間が削減できます。

    残業時間の削減、患者スループットの維持

    スキャン時間に関する統計
    オーストリアのCTI Innsbruckでは、Compressed SENSEの導入完了後、1日あたりの検査スループットを維持しながら、スタッフの残業時間を1時間以上削減しました。

    画質の劣化を伴うことなく、3Dシーケンスを最大50%高速化1


    Compressed SENSEと従来の技術による短縮時間の比較

    検査全体の所要時間、1分55秒
    熊代正行博士、放射線技師、放射線技師長、Philips Compressed SENSEを使用してスキャン時間の短縮を実現
    Compressed SENSEを使用してスキャン時間を短縮し、過密な業務スケジュールによるMRスタッフのストレスも緩和されました」

    熊代正行博士、放射線技師および放射線技師長、倉敷中央病院

    Compressed SENSEを用いた臨床例


    ほぼすべての領域に対応した臨床例を紹介


    Compressed SENSEを使用した世界中のあらゆる臨床例から臨床的メリットをご覧いただけます。また、関心のある領域のExamCardをダウンロードすることもできます。

    Compressed SENSEの詳細について

    FieldStrength誌の詳細はこちら

    患者スループットの増加、MRIタイムスロットの短縮

    Compressed SENSEを使用すると、画質を損なうことなく撮像シーケンスを高速化することができます。子安脳神経外科クリニック(KNC)では、検査枠時間の短縮を実現しました。これにより、MR検査のスループットが向上し、1日あたりの検査数が平均 3件増加しました。
    パラダイムシフト

    生産性のパラダイムシフト

    Compressed SENSEの要点や、生産性のパラダイムシフトがもたらされる仕組みについてご覧ください。Compressed SENSEは画像品質を第一に設計されており、スキャンの高速化、空間分解能の向上、臨床用MRイメージングに対する患者の検査環境の向上を実現します。
    倉敷中央病院(KCH)

    倉敷中央病院における高品質で高速なスキャン

    倉敷中央病院のMRIスタッフは、Ingenia 1.5Tを使用した検査プロトコルのうち、脳、脊椎、腹部、心臓領域を対象とした検査の大部分にCompressed SENSEを使用しています。その結果、高速かつ高品質のMRIスキャンを実現し、患者やスタッフからも高い評価を受けています。

    Compressed SENSEを選択するその他の理由

    患者ケアのため
    の時間確保

    高空間分解能化による画質改善

    お問い合わせ


    Compressed SENSEについてご質問はありますか?


    フォームに必要事項をご記入ください。当社担当営業からご連絡いたします。

    こちらのフォームにご記入ください。当社担当営業がお客様の状況についてお伺いさせていただき、Philips Compressed SENSEの詳細についてご連絡します。

    連絡先

    * この項目は必須です。
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
    1. Compressed SENSE不使用のフィリップススキャンと比較した場合
    2. ケーススタディの結果は他のケースの結果を予測するものではありません。他のケースでは異なる結果になる可能性があります

    You are about to visit a Philips global content page

    You are about to visit the Philips USA website.

    You are about to visit a Philips global content page

    You are about to visit the Philips USA website.

    当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。