SyncVision

コレジストレーションシステム

スペックが近い製品を検索

SyncVisionは、透視画とのコレジストレーションによる合理的な病変評価、血管のシンプルな評価、そして精度の高い治療戦略を可能にします。

特長
血管強調
Angio+血管強調機能

Angio+血管強調機能

SyncVision Angio+血管強調機能は、血管の視認性を向上します。血管の蛇行や重なり、高度狭窄病変を明瞭に視覚化することで診断や治療の造影回数を減らすことが期待できます。

Angio+血管強調機能

Angio+血管強調機能
SyncVision Angio+血管強調機能は、血管の視認性を向上します。血管の蛇行や重なり、高度狭窄病変を明瞭に視覚化することで診断や治療の造影回数を減らすことが期待できます。

Angio+血管強調機能

SyncVision Angio+血管強調機能は、血管の視認性を向上します。血管の蛇行や重なり、高度狭窄病変を明瞭に視覚化することで診断や治療の造影回数を減らすことが期待できます。
詳細情報
血管強調
Angio+血管強調機能

Angio+血管強調機能

SyncVision Angio+血管強調機能は、血管の視認性を向上します。血管の蛇行や重なり、高度狭窄病変を明瞭に視覚化することで診断や治療の造影回数を減らすことが期待できます。
SyncVision QCA
定量的冠動脈造影法

定量的冠動脈造影法

SyncVision Angio+定量的冠動脈造影機能では血管腔径と狭窄をリアルタイムで自動計算します。

定量的冠動脈造影法

定量的冠動脈造影法
SyncVision Angio+定量的冠動脈造影機能では血管腔径と狭窄をリアルタイムで自動計算します。

定量的冠動脈造影法

SyncVision Angio+定量的冠動脈造影機能では血管腔径と狭窄をリアルタイムで自動計算します。
詳細情報
SyncVision QCA
定量的冠動脈造影法

定量的冠動脈造影法

SyncVision Angio+定量的冠動脈造影機能では血管腔径と狭窄をリアルタイムで自動計算します。
SyncVision IVUSコレジストレーション
SyncVision IVUSコレジストレーション

SyncVision IVUSコレジストレーション

SyncVisionのIVUSコレジストレーション機能では造影像とIVUSの位置をマッチングさせ、手引きにより血管長や面積を簡単に計測することができます。

SyncVision IVUSコレジストレーション

SyncVision IVUSコレジストレーション
SyncVisionのIVUSコレジストレーション機能では造影像とIVUSの位置をマッチングさせ、手引きにより血管長や面積を簡単に計測することができます。

SyncVision IVUSコレジストレーション

SyncVisionのIVUSコレジストレーション機能では造影像とIVUSの位置をマッチングさせ、手引きにより血管長や面積を簡単に計測することができます。
詳細情報
SyncVision IVUSコレジストレーション
SyncVision IVUSコレジストレーション

SyncVision IVUSコレジストレーション

SyncVisionのIVUSコレジストレーション機能では造影像とIVUSの位置をマッチングさせ、手引きにより血管長や面積を簡単に計測することができます。
IVUS位置同期(コレジストレーション):測定
血管径側の簡素化

血管径側の簡素化

IVUSコレジストレーション機能は手引きIVUSプルバックによる血管長の計測や正確なステントサイジングのための病変の範囲、血管径の計測を容易にします。この機能はIVUS画像と造影画像をコレジストレーションさせ、リアルタイムで並べて自動表示し、特に分岐部病変のような複雑な症例での解剖学的指標を関連付けやすくすることが出来ます。

血管径側の簡素化

血管径側の簡素化
IVUSコレジストレーション機能は手引きIVUSプルバックによる血管長の計測や正確なステントサイジングのための病変の範囲、血管径の計測を容易にします。この機能はIVUS画像と造影画像をコレジストレーションさせ、リアルタイムで並べて自動表示し、特に分岐部病変のような複雑な症例での解剖学的指標を関連付けやすくすることが出来ます。

血管径側の簡素化

IVUSコレジストレーション機能は手引きIVUSプルバックによる血管長の計測や正確なステントサイジングのための病変の範囲、血管径の計測を容易にします。この機能はIVUS画像と造影画像をコレジストレーションさせ、リアルタイムで並べて自動表示し、特に分岐部病変のような複雑な症例での解剖学的指標を関連付けやすくすることが出来ます。
詳細情報
IVUS位置同期(コレジストレーション):測定
血管径側の簡素化

血管径側の簡素化

IVUSコレジストレーション機能は手引きIVUSプルバックによる血管長の計測や正確なステントサイジングのための病変の範囲、血管径の計測を容易にします。この機能はIVUS画像と造影画像をコレジストレーションさせ、リアルタイムで並べて自動表示し、特に分岐部病変のような複雑な症例での解剖学的指標を関連付けやすくすることが出来ます。
デバイスポジショニング
Angio+デバイスポジショニング

Angio+デバイスポジショニング

SyncVision Angio+デバイスポジショニング機能は血管内のデバイスの位置を強調表示します。¹臨床研究でPCI治療の66.5%に不正確なステントの留置が発生する可能性があると示唆されていますが、この機能の使用によりデバイスを不正確な位置に留置してしまうリスクを軽減するようにデザインされています。

Angio+デバイスポジショニング

Angio+デバイスポジショニング
SyncVision Angio+デバイスポジショニング機能は血管内のデバイスの位置を強調表示します。¹臨床研究でPCI治療の66.5%に不正確なステントの留置が発生する可能性があると示唆されていますが、この機能の使用によりデバイスを不正確な位置に留置してしまうリスクを軽減するようにデザインされています。

Angio+デバイスポジショニング

SyncVision Angio+デバイスポジショニング機能は血管内のデバイスの位置を強調表示します。¹臨床研究でPCI治療の66.5%に不正確なステントの留置が発生する可能性があると示唆されていますが、この機能の使用によりデバイスを不正確な位置に留置してしまうリスクを軽減するようにデザインされています。
詳細情報
デバイスポジショニング
Angio+デバイスポジショニング

Angio+デバイスポジショニング

SyncVision Angio+デバイスポジショニング機能は血管内のデバイスの位置を強調表示します。¹臨床研究でPCI治療の66.5%に不正確なステントの留置が発生する可能性があると示唆されていますが、この機能の使用によりデバイスを不正確な位置に留置してしまうリスクを軽減するようにデザインされています。
デバイスの動作表示
Healthy-to-Healthyランディングゾーン

Healthy-to-Healthyランディングゾーン

臨床研究によれば、血管内超音波によるガイダンスは、Healthy-to-Healthyランディングゾーンを確認するのに役立ちます。³

Healthy-to-Healthyランディングゾーン

Healthy-to-Healthyランディングゾーン
臨床研究によれば、血管内超音波によるガイダンスは、Healthy-to-Healthyランディングゾーンを確認するのに役立ちます。³

Healthy-to-Healthyランディングゾーン

臨床研究によれば、血管内超音波によるガイダンスは、Healthy-to-Healthyランディングゾーンを確認するのに役立ちます。³
詳細情報
デバイスの動作表示
Healthy-to-Healthyランディングゾーン

Healthy-to-Healthyランディングゾーン

臨床研究によれば、血管内超音波によるガイダンスは、Healthy-to-Healthyランディングゾーンを確認するのに役立ちます。³
デバイス拡張機能
Angio+デバイス拡張機能

Angio+デバイス拡張機能

SyncVision Angio+デバイス拡張機能は適切なバルーン拡張の視認性を向上します。冠動脈治療の成功には適切なバルーン拡張が重要であり、強調表示機能によりバルーン拡張の確認をサポートします。

Angio+デバイス拡張機能

Angio+デバイス拡張機能
SyncVision Angio+デバイス拡張機能は適切なバルーン拡張の視認性を向上します。冠動脈治療の成功には適切なバルーン拡張が重要であり、強調表示機能によりバルーン拡張の確認をサポートします。

Angio+デバイス拡張機能

SyncVision Angio+デバイス拡張機能は適切なバルーン拡張の視認性を向上します。冠動脈治療の成功には適切なバルーン拡張が重要であり、強調表示機能によりバルーン拡張の確認をサポートします。
詳細情報
デバイス拡張機能
Angio+デバイス拡張機能

Angio+デバイス拡張機能

SyncVision Angio+デバイス拡張機能は適切なバルーン拡張の視認性を向上します。冠動脈治療の成功には適切なバルーン拡張が重要であり、強調表示機能によりバルーン拡張の確認をサポートします。
デバイス強調表示機能
Angio+デバイス強調表示機能

Angio+デバイス強調表示機能

SyncVision Angio+デバイス強調機能により、透視下でのステント留置の視認性を向上し、適切で正確なデバイスの留置をサポートします。

Angio+デバイス強調表示機能

Angio+デバイス強調表示機能
SyncVision Angio+デバイス強調機能により、透視下でのステント留置の視認性を向上し、適切で正確なデバイスの留置をサポートします。

Angio+デバイス強調表示機能

SyncVision Angio+デバイス強調機能により、透視下でのステント留置の視認性を向上し、適切で正確なデバイスの留置をサポートします。
詳細情報
デバイス強調表示機能
Angio+デバイス強調表示機能

Angio+デバイス強調表示機能

SyncVision Angio+デバイス強調機能により、透視下でのステント留置の視認性を向上し、適切で正確なデバイスの留置をサポートします。
イメージングの課題への対処
治療の合理化と簡素化

治療の合理化と簡素化

SyncVisionは、コレジストレーション機能と血管強調機能によって病変評価を合理化し、リアルタイムでの定量的冠動脈造影法による血管長、面積、血管径の計測により血管計測を簡便化します。更にAngio+デバイス検出機能により精度の高い治療の提供を実現し、ライブスタビライゼーション、画像強調機能、画像取得後の瞬時処理、確認のためのIVUS機能を提供します。

治療の合理化と簡素化

治療の合理化と簡素化
SyncVisionは、コレジストレーション機能と血管強調機能によって病変評価を合理化し、リアルタイムでの定量的冠動脈造影法による血管長、面積、血管径の計測により血管計測を簡便化します。更にAngio+デバイス検出機能により精度の高い治療の提供を実現し、ライブスタビライゼーション、画像強調機能、画像取得後の瞬時処理、確認のためのIVUS機能を提供します。

治療の合理化と簡素化

SyncVisionは、コレジストレーション機能と血管強調機能によって病変評価を合理化し、リアルタイムでの定量的冠動脈造影法による血管長、面積、血管径の計測により血管計測を簡便化します。更にAngio+デバイス検出機能により精度の高い治療の提供を実現し、ライブスタビライゼーション、画像強調機能、画像取得後の瞬時処理、確認のためのIVUS機能を提供します。
詳細情報
イメージングの課題への対処
治療の合理化と簡素化

治療の合理化と簡素化

SyncVisionは、コレジストレーション機能と血管強調機能によって病変評価を合理化し、リアルタイムでの定量的冠動脈造影法による血管長、面積、血管径の計測により血管計測を簡便化します。更にAngio+デバイス検出機能により精度の高い治療の提供を実現し、ライブスタビライゼーション、画像強調機能、画像取得後の瞬時処理、確認のためのIVUS機能を提供します。
IVUSによる疾患の評価
疾患の評価に役立つIVUS

疾患の評価に役立つIVUS

IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化や血栓の有無などといった医師による疾病の評価の際に役立ちます。また、血管断面図のような重要なパラメータの分析結果を提示し、疾患の診断を支援します。

疾患の評価に役立つIVUS

疾患の評価に役立つIVUS
IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化や血栓の有無などといった医師による疾病の評価の際に役立ちます。また、血管断面図のような重要なパラメータの分析結果を提示し、疾患の診断を支援します。

疾患の評価に役立つIVUS

IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化や血栓の有無などといった医師による疾病の評価の際に役立ちます。また、血管断面図のような重要なパラメータの分析結果を提示し、疾患の診断を支援します。
詳細情報
IVUSによる疾患の評価
疾患の評価に役立つIVUS

疾患の評価に役立つIVUS

IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化や血栓の有無などといった医師による疾病の評価の際に役立ちます。また、血管断面図のような重要なパラメータの分析結果を提示し、疾患の診断を支援します。
冠血流予備量比(FFR)
冠血流予備量比(FFR)測定

冠血流予備量比(FFR)測定

数々の臨床研究により、ルーチンのPCIをガイドする際には現在の血管造影ガイドによる治療よりもFFRによる生理学的な病変の評価の方が優れていることが実証されています。測定された値は、冠動脈狭窄による遠位部の冠動脈血流量の減少を表します。¹⁴

冠血流予備量比(FFR)測定

冠血流予備量比(FFR)測定
数々の臨床研究により、ルーチンのPCIをガイドする際には現在の血管造影ガイドによる治療よりもFFRによる生理学的な病変の評価の方が優れていることが実証されています。測定された値は、冠動脈狭窄による遠位部の冠動脈血流量の減少を表します。¹⁴

冠血流予備量比(FFR)測定

数々の臨床研究により、ルーチンのPCIをガイドする際には現在の血管造影ガイドによる治療よりもFFRによる生理学的な病変の評価の方が優れていることが実証されています。測定された値は、冠動脈狭窄による遠位部の冠動脈血流量の減少を表します。¹⁴
詳細情報
冠血流予備量比(FFR)
冠血流予備量比(FFR)測定

冠血流予備量比(FFR)測定

数々の臨床研究により、ルーチンのPCIをガイドする際には現在の血管造影ガイドによる治療よりもFFRによる生理学的な病変の評価の方が優れていることが実証されています。測定された値は、冠動脈狭窄による遠位部の冠動脈血流量の減少を表します。¹⁴
iFRモダリティ
iFRモダリティによるワークフローの簡素化

iFRモダリティによるワークフローの簡素化

iFRモダリティは最大充血を誘引する必要なく、5心拍で病変の生理学的評価を行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。¹³

iFRモダリティによるワークフローの簡素化

iFRモダリティによるワークフローの簡素化
iFRモダリティは最大充血を誘引する必要なく、5心拍で病変の生理学的評価を行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。¹³

iFRモダリティによるワークフローの簡素化

iFRモダリティは最大充血を誘引する必要なく、5心拍で病変の生理学的評価を行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。¹³
詳細情報
iFRモダリティ
iFRモダリティによるワークフローの簡素化

iFRモダリティによるワークフローの簡素化

iFRモダリティは最大充血を誘引する必要なく、5心拍で病変の生理学的評価を行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。¹³
iFRスカウトプルバック
iFRスカウトプルバック

iFRスカウトプルバック

iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において、最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。

iFRスカウトプルバック

iFRスカウトプルバック
iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において、最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。

iFRスカウトプルバック

iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において、最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。
詳細情報
iFRスカウトプルバック
iFRスカウトプルバック

iFRスカウトプルバック

iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において、最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。
  • 血管強調
  • SyncVision QCA
  • SyncVision IVUSコレジストレーション
  • IVUS位置同期(コレジストレーション):測定
全機能を見る
血管強調
Angio+血管強調機能

Angio+血管強調機能

SyncVision Angio+血管強調機能は、血管の視認性を向上します。血管の蛇行や重なり、高度狭窄病変を明瞭に視覚化することで診断や治療の造影回数を減らすことが期待できます。

Angio+血管強調機能

Angio+血管強調機能
SyncVision Angio+血管強調機能は、血管の視認性を向上します。血管の蛇行や重なり、高度狭窄病変を明瞭に視覚化することで診断や治療の造影回数を減らすことが期待できます。

Angio+血管強調機能

SyncVision Angio+血管強調機能は、血管の視認性を向上します。血管の蛇行や重なり、高度狭窄病変を明瞭に視覚化することで診断や治療の造影回数を減らすことが期待できます。
詳細情報
血管強調
Angio+血管強調機能

Angio+血管強調機能

SyncVision Angio+血管強調機能は、血管の視認性を向上します。血管の蛇行や重なり、高度狭窄病変を明瞭に視覚化することで診断や治療の造影回数を減らすことが期待できます。
SyncVision QCA
定量的冠動脈造影法

定量的冠動脈造影法

SyncVision Angio+定量的冠動脈造影機能では血管腔径と狭窄をリアルタイムで自動計算します。

定量的冠動脈造影法

定量的冠動脈造影法
SyncVision Angio+定量的冠動脈造影機能では血管腔径と狭窄をリアルタイムで自動計算します。

定量的冠動脈造影法

SyncVision Angio+定量的冠動脈造影機能では血管腔径と狭窄をリアルタイムで自動計算します。
詳細情報
SyncVision QCA
定量的冠動脈造影法

定量的冠動脈造影法

SyncVision Angio+定量的冠動脈造影機能では血管腔径と狭窄をリアルタイムで自動計算します。
SyncVision IVUSコレジストレーション
SyncVision IVUSコレジストレーション

SyncVision IVUSコレジストレーション

SyncVisionのIVUSコレジストレーション機能では造影像とIVUSの位置をマッチングさせ、手引きにより血管長や面積を簡単に計測することができます。

SyncVision IVUSコレジストレーション

SyncVision IVUSコレジストレーション
SyncVisionのIVUSコレジストレーション機能では造影像とIVUSの位置をマッチングさせ、手引きにより血管長や面積を簡単に計測することができます。

SyncVision IVUSコレジストレーション

SyncVisionのIVUSコレジストレーション機能では造影像とIVUSの位置をマッチングさせ、手引きにより血管長や面積を簡単に計測することができます。
詳細情報
SyncVision IVUSコレジストレーション
SyncVision IVUSコレジストレーション

SyncVision IVUSコレジストレーション

SyncVisionのIVUSコレジストレーション機能では造影像とIVUSの位置をマッチングさせ、手引きにより血管長や面積を簡単に計測することができます。
IVUS位置同期(コレジストレーション):測定
血管径側の簡素化

血管径側の簡素化

IVUSコレジストレーション機能は手引きIVUSプルバックによる血管長の計測や正確なステントサイジングのための病変の範囲、血管径の計測を容易にします。この機能はIVUS画像と造影画像をコレジストレーションさせ、リアルタイムで並べて自動表示し、特に分岐部病変のような複雑な症例での解剖学的指標を関連付けやすくすることが出来ます。

血管径側の簡素化

血管径側の簡素化
IVUSコレジストレーション機能は手引きIVUSプルバックによる血管長の計測や正確なステントサイジングのための病変の範囲、血管径の計測を容易にします。この機能はIVUS画像と造影画像をコレジストレーションさせ、リアルタイムで並べて自動表示し、特に分岐部病変のような複雑な症例での解剖学的指標を関連付けやすくすることが出来ます。

血管径側の簡素化

IVUSコレジストレーション機能は手引きIVUSプルバックによる血管長の計測や正確なステントサイジングのための病変の範囲、血管径の計測を容易にします。この機能はIVUS画像と造影画像をコレジストレーションさせ、リアルタイムで並べて自動表示し、特に分岐部病変のような複雑な症例での解剖学的指標を関連付けやすくすることが出来ます。
詳細情報
IVUS位置同期(コレジストレーション):測定
血管径側の簡素化

血管径側の簡素化

IVUSコレジストレーション機能は手引きIVUSプルバックによる血管長の計測や正確なステントサイジングのための病変の範囲、血管径の計測を容易にします。この機能はIVUS画像と造影画像をコレジストレーションさせ、リアルタイムで並べて自動表示し、特に分岐部病変のような複雑な症例での解剖学的指標を関連付けやすくすることが出来ます。
デバイスポジショニング
Angio+デバイスポジショニング

Angio+デバイスポジショニング

SyncVision Angio+デバイスポジショニング機能は血管内のデバイスの位置を強調表示します。¹臨床研究でPCI治療の66.5%に不正確なステントの留置が発生する可能性があると示唆されていますが、この機能の使用によりデバイスを不正確な位置に留置してしまうリスクを軽減するようにデザインされています。

Angio+デバイスポジショニング

Angio+デバイスポジショニング
SyncVision Angio+デバイスポジショニング機能は血管内のデバイスの位置を強調表示します。¹臨床研究でPCI治療の66.5%に不正確なステントの留置が発生する可能性があると示唆されていますが、この機能の使用によりデバイスを不正確な位置に留置してしまうリスクを軽減するようにデザインされています。

Angio+デバイスポジショニング

SyncVision Angio+デバイスポジショニング機能は血管内のデバイスの位置を強調表示します。¹臨床研究でPCI治療の66.5%に不正確なステントの留置が発生する可能性があると示唆されていますが、この機能の使用によりデバイスを不正確な位置に留置してしまうリスクを軽減するようにデザインされています。
詳細情報
デバイスポジショニング
Angio+デバイスポジショニング

Angio+デバイスポジショニング

SyncVision Angio+デバイスポジショニング機能は血管内のデバイスの位置を強調表示します。¹臨床研究でPCI治療の66.5%に不正確なステントの留置が発生する可能性があると示唆されていますが、この機能の使用によりデバイスを不正確な位置に留置してしまうリスクを軽減するようにデザインされています。
デバイスの動作表示
Healthy-to-Healthyランディングゾーン

Healthy-to-Healthyランディングゾーン

臨床研究によれば、血管内超音波によるガイダンスは、Healthy-to-Healthyランディングゾーンを確認するのに役立ちます。³

Healthy-to-Healthyランディングゾーン

Healthy-to-Healthyランディングゾーン
臨床研究によれば、血管内超音波によるガイダンスは、Healthy-to-Healthyランディングゾーンを確認するのに役立ちます。³

Healthy-to-Healthyランディングゾーン

臨床研究によれば、血管内超音波によるガイダンスは、Healthy-to-Healthyランディングゾーンを確認するのに役立ちます。³
詳細情報
デバイスの動作表示
Healthy-to-Healthyランディングゾーン

Healthy-to-Healthyランディングゾーン

臨床研究によれば、血管内超音波によるガイダンスは、Healthy-to-Healthyランディングゾーンを確認するのに役立ちます。³
デバイス拡張機能
Angio+デバイス拡張機能

Angio+デバイス拡張機能

SyncVision Angio+デバイス拡張機能は適切なバルーン拡張の視認性を向上します。冠動脈治療の成功には適切なバルーン拡張が重要であり、強調表示機能によりバルーン拡張の確認をサポートします。

Angio+デバイス拡張機能

Angio+デバイス拡張機能
SyncVision Angio+デバイス拡張機能は適切なバルーン拡張の視認性を向上します。冠動脈治療の成功には適切なバルーン拡張が重要であり、強調表示機能によりバルーン拡張の確認をサポートします。

Angio+デバイス拡張機能

SyncVision Angio+デバイス拡張機能は適切なバルーン拡張の視認性を向上します。冠動脈治療の成功には適切なバルーン拡張が重要であり、強調表示機能によりバルーン拡張の確認をサポートします。
詳細情報
デバイス拡張機能
Angio+デバイス拡張機能

Angio+デバイス拡張機能

SyncVision Angio+デバイス拡張機能は適切なバルーン拡張の視認性を向上します。冠動脈治療の成功には適切なバルーン拡張が重要であり、強調表示機能によりバルーン拡張の確認をサポートします。
デバイス強調表示機能
Angio+デバイス強調表示機能

Angio+デバイス強調表示機能

SyncVision Angio+デバイス強調機能により、透視下でのステント留置の視認性を向上し、適切で正確なデバイスの留置をサポートします。

Angio+デバイス強調表示機能

Angio+デバイス強調表示機能
SyncVision Angio+デバイス強調機能により、透視下でのステント留置の視認性を向上し、適切で正確なデバイスの留置をサポートします。

Angio+デバイス強調表示機能

SyncVision Angio+デバイス強調機能により、透視下でのステント留置の視認性を向上し、適切で正確なデバイスの留置をサポートします。
詳細情報
デバイス強調表示機能
Angio+デバイス強調表示機能

Angio+デバイス強調表示機能

SyncVision Angio+デバイス強調機能により、透視下でのステント留置の視認性を向上し、適切で正確なデバイスの留置をサポートします。
イメージングの課題への対処
治療の合理化と簡素化

治療の合理化と簡素化

SyncVisionは、コレジストレーション機能と血管強調機能によって病変評価を合理化し、リアルタイムでの定量的冠動脈造影法による血管長、面積、血管径の計測により血管計測を簡便化します。更にAngio+デバイス検出機能により精度の高い治療の提供を実現し、ライブスタビライゼーション、画像強調機能、画像取得後の瞬時処理、確認のためのIVUS機能を提供します。

治療の合理化と簡素化

治療の合理化と簡素化
SyncVisionは、コレジストレーション機能と血管強調機能によって病変評価を合理化し、リアルタイムでの定量的冠動脈造影法による血管長、面積、血管径の計測により血管計測を簡便化します。更にAngio+デバイス検出機能により精度の高い治療の提供を実現し、ライブスタビライゼーション、画像強調機能、画像取得後の瞬時処理、確認のためのIVUS機能を提供します。

治療の合理化と簡素化

SyncVisionは、コレジストレーション機能と血管強調機能によって病変評価を合理化し、リアルタイムでの定量的冠動脈造影法による血管長、面積、血管径の計測により血管計測を簡便化します。更にAngio+デバイス検出機能により精度の高い治療の提供を実現し、ライブスタビライゼーション、画像強調機能、画像取得後の瞬時処理、確認のためのIVUS機能を提供します。
詳細情報
イメージングの課題への対処
治療の合理化と簡素化

治療の合理化と簡素化

SyncVisionは、コレジストレーション機能と血管強調機能によって病変評価を合理化し、リアルタイムでの定量的冠動脈造影法による血管長、面積、血管径の計測により血管計測を簡便化します。更にAngio+デバイス検出機能により精度の高い治療の提供を実現し、ライブスタビライゼーション、画像強調機能、画像取得後の瞬時処理、確認のためのIVUS機能を提供します。
IVUSによる疾患の評価
疾患の評価に役立つIVUS

疾患の評価に役立つIVUS

IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化や血栓の有無などといった医師による疾病の評価の際に役立ちます。また、血管断面図のような重要なパラメータの分析結果を提示し、疾患の診断を支援します。

疾患の評価に役立つIVUS

疾患の評価に役立つIVUS
IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化や血栓の有無などといった医師による疾病の評価の際に役立ちます。また、血管断面図のような重要なパラメータの分析結果を提示し、疾患の診断を支援します。

疾患の評価に役立つIVUS

IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化や血栓の有無などといった医師による疾病の評価の際に役立ちます。また、血管断面図のような重要なパラメータの分析結果を提示し、疾患の診断を支援します。
詳細情報
IVUSによる疾患の評価
疾患の評価に役立つIVUS

疾患の評価に役立つIVUS

IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化や血栓の有無などといった医師による疾病の評価の際に役立ちます。また、血管断面図のような重要なパラメータの分析結果を提示し、疾患の診断を支援します。
冠血流予備量比(FFR)
冠血流予備量比(FFR)測定

冠血流予備量比(FFR)測定

数々の臨床研究により、ルーチンのPCIをガイドする際には現在の血管造影ガイドによる治療よりもFFRによる生理学的な病変の評価の方が優れていることが実証されています。測定された値は、冠動脈狭窄による遠位部の冠動脈血流量の減少を表します。¹⁴

冠血流予備量比(FFR)測定

冠血流予備量比(FFR)測定
数々の臨床研究により、ルーチンのPCIをガイドする際には現在の血管造影ガイドによる治療よりもFFRによる生理学的な病変の評価の方が優れていることが実証されています。測定された値は、冠動脈狭窄による遠位部の冠動脈血流量の減少を表します。¹⁴

冠血流予備量比(FFR)測定

数々の臨床研究により、ルーチンのPCIをガイドする際には現在の血管造影ガイドによる治療よりもFFRによる生理学的な病変の評価の方が優れていることが実証されています。測定された値は、冠動脈狭窄による遠位部の冠動脈血流量の減少を表します。¹⁴
詳細情報
冠血流予備量比(FFR)
冠血流予備量比(FFR)測定

冠血流予備量比(FFR)測定

数々の臨床研究により、ルーチンのPCIをガイドする際には現在の血管造影ガイドによる治療よりもFFRによる生理学的な病変の評価の方が優れていることが実証されています。測定された値は、冠動脈狭窄による遠位部の冠動脈血流量の減少を表します。¹⁴
iFRモダリティ
iFRモダリティによるワークフローの簡素化

iFRモダリティによるワークフローの簡素化

iFRモダリティは最大充血を誘引する必要なく、5心拍で病変の生理学的評価を行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。¹³

iFRモダリティによるワークフローの簡素化

iFRモダリティによるワークフローの簡素化
iFRモダリティは最大充血を誘引する必要なく、5心拍で病変の生理学的評価を行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。¹³

iFRモダリティによるワークフローの簡素化

iFRモダリティは最大充血を誘引する必要なく、5心拍で病変の生理学的評価を行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。¹³
詳細情報
iFRモダリティ
iFRモダリティによるワークフローの簡素化

iFRモダリティによるワークフローの簡素化

iFRモダリティは最大充血を誘引する必要なく、5心拍で病変の生理学的評価を行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。¹³
iFRスカウトプルバック
iFRスカウトプルバック

iFRスカウトプルバック

iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において、最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。

iFRスカウトプルバック

iFRスカウトプルバック
iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において、最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。

iFRスカウトプルバック

iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において、最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。
詳細情報
iFRスカウトプルバック
iFRスカウトプルバック

iFRスカウトプルバック

iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において、最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。

仕様

Ordering Information
Ordering Information
SyncVision高精度ガイドシステム
  • Sync002
電力要件
電力要件
システム入力
  • 100V~120V、50/60Hz、220~240V、50/60Hz、600 VA
モニタ
  • 100~240V、50/60Hz、93 VA
ワークステーション
  • 100~240V、50/60Hz、250 VA
Dimensions
Dimensions
ワークステーション
  • 高さ:16.5インチ(39.6 cm)、幅:6.75インチ(16.2 cm)、幅:21.25インチ(51 cm)
ベッドサイドジョイスティック
  • 高さ:1.5インチ(3.7 cm)、幅:4.2インチ(10.7 cm)、奥行:3インチ(7.6 cm)
モニタ
  • 高さ:15~19インチ(41~56 cm)、幅:15.8インチ(40.2 cm)、奥行:10インチ(24.7 cm)
Inputs
Inputs
血管造影システムビデオ出力
  • アナログまたはデジタル
IVUSシステム
  • Philips Volcano CoreシステムSWバージョン3.2.2以降
IVUSカテーテル
  • Eagle Eye Platinumカテーテル
ECG信号
  • 互換性については、Philips Volcano代理店にお問い合わせください
Ordering Information
Ordering Information
SyncVision高精度ガイドシステム
  • Sync002
電力要件
電力要件
システム入力
  • 100V~120V、50/60Hz、220~240V、50/60Hz、600 VA
モニタ
  • 100~240V、50/60Hz、93 VA
すべての仕様を見る
Ordering Information
Ordering Information
SyncVision高精度ガイドシステム
  • Sync002
電力要件
電力要件
システム入力
  • 100V~120V、50/60Hz、220~240V、50/60Hz、600 VA
モニタ
  • 100~240V、50/60Hz、93 VA
ワークステーション
  • 100~240V、50/60Hz、250 VA
Dimensions
Dimensions
ワークステーション
  • 高さ:16.5インチ(39.6 cm)、幅:6.75インチ(16.2 cm)、幅:21.25インチ(51 cm)
ベッドサイドジョイスティック
  • 高さ:1.5インチ(3.7 cm)、幅:4.2インチ(10.7 cm)、奥行:3インチ(7.6 cm)
モニタ
  • 高さ:15~19インチ(41~56 cm)、幅:15.8インチ(40.2 cm)、奥行:10インチ(24.7 cm)
Inputs
Inputs
血管造影システムビデオ出力
  • アナログまたはデジタル
IVUSシステム
  • Philips Volcano CoreシステムSWバージョン3.2.2以降
IVUSカテーテル
  • Eagle Eye Platinumカテーテル
ECG信号
  • 互換性については、Philips Volcano代理店にお問い合わせください
  • 1. Costa, Angiolillo DJ, Tannenbaum M, et al. Impact of Stent Deployment Procedural Factors on Long-term Effectiveness and Safety of Sirolimus-Eluting Stents (Final results of the Multicenter Prospective STLLR Trial). Am J Cardiol. 2008; 101(12):1704-1711.
  • 2. Renata Rogacka, Azeem Latib, Antonio Colombo. IVUS-Guided Stent Implantation to Improve Outcome: A Promise Waiting to be Fulfilled. Curr Cardiol Rev. 2009;5(2):78–86.
  • 3. Witzenbichler B, Maehara A, Weisz G, et al. Relationship Between Intravascular Ultrasound Guidance and Clinical Outcomes After Drug-Eluting Stents: The ADAPT-DES Study. Circulation. 2014;129:463-470.
  • 4. 202-0013.53 SRS, Sync-Rx System pg 19,24.
  • 5. Jakabcin J1, Spacek R, Bystron M, et al. Long-term health outcome and mortality evaluation after invasive coronary treatment using drug eluting stents with or without the IVUS guidance. Randomized control trial. HOME DES IVUS. Catheter Cardiovasc Interv. 2010;75(4):578-583.
  • 6. 209-0030.02 Test Rpt, Use Validation, SyncVision. Pg. 9, Section 10.3; pg 14 – results.
  • 7. 505-0100.18, Operator’s Manual. (pg 34).
  • 8. 211-0013.31 Test Protocol, Volcano Sync-Rx Wizard phase; 211-9913.07 Verification Protocol, Sync-Rx Co-Registration.
  • 9. Patel, et al. ACCF/SCAI/STS/AATS/AHA/ASNC/HFSA/SCCT 2012 Appropriate use criteria for coronary revascularization focused update: a report of the American College of Cardiology Foundation Appropriate Use Criteria Task Force, Society for Cardiovascular Angiography and Interventions, Society of Thoracic Surgeons, American Association for Thoracic Surgery, American Heart Association, American Society of Nuclear Cardiology, and the Society of Cardiovascular Computed Tomography. J Am Coll Cardiol. 2012;59(9):857-881.
  • 10. Kim SH, Kim YH, Kang SJ, et al. Long-term outcomes of intravascular ultrasound-guided stenting in coronary bifurcation lesions. Am J Cardiol. 2010;106(5):612-618.
  • 11. Patel Y, Depta JP, Novak E, et al. Long-term outcomes with use of intravascular ultrasound for the treatment of coronary bifurcation lesions. Am J Cardiol. 2012;109(7):960-965.
  • 12. Davies JE, et al. Coronary artery physiological stenosis mapping: application of pressure wire technology to measure stenosis significance, length, and predict the outcome of intervention. Abstract presented at PCR 2014
  • 13. An iFR cut-point of 0.89 matches best with an FFR ischemic cut-point of 0.80 with a specificity of 87.8% and sensitivity of 73.0%. (iFR Operator’s Manual 505-0101.23)
  • 14. Fractional Flow Reserve–Guided PCI versus Medical Therapy in Stable Coronary Disease. N Engl J Med. 2012;367(11):991-1001.
  • *ファイルのデータ

You are about to visit a Philips global content page

You are about to visit the Philips USA website.

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。

あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。