IntelliVue MX550

生体情報モニタ

スペックが近い製品を検索

IntelliVue MX550には、強力なベッドサイドモニタリンク機能とバッテリバックアップによる安心感が組み合わされています。包括的な患者情報を一目で確認できるため、複数の患者や優先順位に注意を払う必要がある場合に、明らかな違いが生じます。

特長
15インチのワイドタッチスクリーン || 一目で情報を把握

15インチのワイドタッチスクリーンを使用して迅速かつ的確に確認

15インチのワイドタッチスクリーンで必要なデータに容易にアクセスすることができます。既存のIntelliVueモニタと同様のインタフェースのため、機器のトレーニングに要する時間を短縮し、患者ケアにより集中することができます。
周囲光に応じた調整 || 柔軟なポータブルワークフロー

周囲の光に応じた画面の明るさ調整で様々な環境で読み取り可能

周囲光に応じた画面の明るさ調整は、IntelliVue MX550が重症病棟や手術室に適したソリューションになっている理由の1つです。例えば、手術室では手術のさまざまな段階で光が薄暗くなったり、明るくなったりするのに合わせてディスプレイが自動調整されます。
接続オプション || 簡単にデータ共有可能

多様な接続オプションを使用して、病院情報システムを最大限に活用します。

IntelliVue MX550は、クリニカルインフォメーションシステムとデータを共有し、より包括的な病院情報システムの貢献します。また、ベッドサイドデバイスを選択した病院情報システムソリューションに接続する際のコストと複雑さの軽減にも役立ちます。オプションのPhilips IntelliBridgeデバイスのインタフェース*は独立したデバイスコンセントレータやデータ統合サーバーを不要にすることで、これを実現しています。
高度な臨床ソリューション || 一目で情報を把握

高度な臨床ソリューションによるデータの要約と可視化

IntelliVue MX550モニタには高度な臨床ソリューションが内蔵されており、複雑な臨床データやそれらの相互作用を要約して可視化するツールが備わっています。複数の情報ストリームがまとめられて、1つの直感的なビューで表示されます。
ポータブル設計 || 柔軟なポータブルワークフロー

ポータブル設計により常にモニタリング可能

IntelliVue MX550はベッドサイドモニタに必要な機能を十分に満たし、さらにバッテリバックアップで突然の停電にも対処できます。バッテリによる動作も可能です。ハンドルも内蔵していることに加え、堅牢性の高い設計は緊急ケアエリアなどの病院内搬送に対応できます。また、非常にコンパクトであることから、取り扱いが容易です。
  • * IntelliBridgeインタフェースポートが必要です。デバイスの互換性については、最新のIntelliBridge EC10外部デバイス互換性リストを参照してください。
あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。