スマートホッピングテクノロジ 無線通信プロトコル

スマートホッピングテクノロジ

無線通信プロトコル

IntelliVueテレメータシステムではスマートホッピングテクノロジが使用されています。これは、システムの拡張性と通信の高い品質を保つために、音声通信プロトコルから採用されたものであり、セントラルステーションとテレメータシステム間の通信を強力に保ちます。

特長
周波数切り替え || 安定した接続

周波数切り替えによるデバイスの常時接続

スマートホッピングテクノロジの使用により、送信機が周波数を変更するのは、より強い信号を検出し、干渉を防止するときのみです。
効率的な帯域幅の使用 || 拡張可能なシステム

効率的な帯域幅の使用による多数の同時ユーザーへの対応

IntelliVueスマートホッピングネットワークは、IntelliVueベッドサイドと患者が装着するモニタ用の共有無線インフラストラクチャであり、IntelliVueデバイスとIntelliVueインフォメーションセンタの間に双方向通信を提供します。802.11ネットワークおよびUHFテレメータシステムと共存し、最大1,024台のデバイスをサポートするように拡張できます。
あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。