IntelliVue MP5

ベッドサイド生体情報モニタ

スペックが近い製品を検索

IntelliVue MP5は、小型で頑丈なボディにIntelliVueのモニタリングパワーと機能を備え、院内でも院外でもさまざまなケア環境の要求にお応えします。

特長
直感的なタッチスクリーン || 使いやすい

直感的なタッチスクリーンで簡単に使用可能

ユーザーインタフェースは患者データをよりわかりやすく表示し、簡単に使用できるように設計されています。また、標準的なソフトウェアとの互換性が確保されているため、モニタではなく患者に注意を払うことができます。
設定済み測定値 || 高度な臨床的意思決定の支援

設定済み測定値でセットアップ作業を削減

一般的に必要な測定値がすでに設定されているため、通常の使用ではユーザーがセットアップする必要はありません。たとえば、モニタリング対象としてECG、SpO2、NBP、最大2つの観血血圧と体温の選択、CO2/ガスモニタリングの選択などがあり、さらに麻酔モニタリングモジュールとの互換性もあります。
有線および無線ネットワーキング || 接続状態が持続

有線および無線ネットワーキングによるデータストリームの提供

IntelliVue MP5は、病院全体に広がったIntelliVueクリニカルネットワークに接続します。高速・確実なデータが中継され、患者ケアを管理できます。
動的波形領域 || 使いやすい

動的波形領域で波形サイズを自動調整

動的波形領域を使用することができます。この領域には、指定された波形の数に応じて、波形のサイズが自動的に調整される機能が備わっています。
ホライゾントレンド || 高度な臨床的意思決定の支援

ホライゾントレンドによる患者状況の把握

リアルタイム波形の下にある水平方向に分割された画面にホライゾントレンド測定値が表示され、変化を一目で確認できます。
高解像度ディスプレイオプション || 接続状態が持続

高解像度ディスプレイオプションによる表示機能の強化

オプションのIntelliVue XDSソフトウェアを使用して、モニタを大画面ソリューションに接続します。この高解像度ベッドサイドディスプレイでは、離れた場所から患者の生体情報を確認できます。また、XDSリモートコントロールを使用して、快適に作業できます。
IntelliVueガーディアンEarly Warning Score || 高度な臨床的意思決定の支援

スポットチェックモニタリングによるIntelliVue Guardian Early Warning Score(EWS)

患者の病状悪化のわずかな兆候に簡単に気づくよう、医療従事者をサポートします。Early Warning Scoreは、迅速な介入を促進して患者ケアを向上するように設計されています。
柔軟な接続 || 接続状態が持続

Short Range Radioを使用したMX40との接続

Short Range Radioを使用してIntelliVue MX40に接続することにより、追加のバイタルサインの測定や継続的なモニタリングを行い、病状レベルの高い患者のケアをサポートします。
ST Map || 高度な臨床的意思決定の支援

ST Mapによる変化の認識

この機能は四肢誘導(垂直)と胸部誘導(水平)から算出されたST値とトレンドを収集して統合し、わかりやすく表示します。臨床医はこれを使用して、STの変化やそれらの場所をより簡単かつ直感的に認識できます。
ProtocolWatch || 高度な臨床的意思決定の支援

ProtocolWatchによるエビデンスベースケアの簡略化

プロトコル基準に照らしてモニタリングデータを継続的にチェックすることで敗血症ケアを簡略化し、最も重要な場面で情報を提供できるようにします。敗血症の基準が満たされると、必ずProtocolWatchのプロトコルで定義されたテスト、観察、または治療介入を求める通知が臨床医に行われます。ProtocolWatchはログを生成し、それを印刷して文書化したり、品質を向上させることもできます。
あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。