Ingenia MR-RTソリューション

Ingenia MR-RT腫瘍学用構成

MR-RTソリューション

スペックが近い製品を検索

この専用MRIソリューションは、高品質のMR画像を放射線治療計画のワークフローに組み込み、腫瘍や、患者のケアを向上させるために不可欠な構造の輪郭をより正確に描写するように設計されています。

  • *オーバーレイソリューションと比較した場合。
  • 1. Compressed SENSEなしのフィリップススキャンと比較した場合
  • 2 Ingenia 1.5T ZBOマグネットと比較した場合。
特長
高い基準の維持
高い基準の維持

高い基準の維持

信頼できるMRIパフォーマンス。大きな撮像視野での幾何学的忠実度の評価。すぐに使用できるQAパッケージ。RT計画作成に合わせた専用のファントムと分析ソフトウェアが含まれます。ほとんどの手順は完全に自動化されているため、定められた容積測定評価をMRIコンソールから反復可能な方法で効率的に行えます。
思いどおりの方法で
思いどおりの方法で

思いどおりの方法で

作業方法に合わせてワークフローを改善できます。オプションのLAP DORADOnova MR3Tレーザーポジショニングシステムは、MRIスキャナでの患者ポジショニングを可能にする強化されたMR-CT登録をサポートしています。ワンクリックでスキャンに移行する機能により、患者をレーザーポジショニング後にMRIシステムのアイソセンタに直接移動でき、ワークフロー手順の削減につながります。
MRIの専門知識を学び、シェアする
MRIの専門知識を学び、シェアする

MRIの専門知識を学び、シェアする

MRイメージングをワークフローに統合するには、まず人からです。当社の提供するオーダーメードのトレーニングにより、ワークフローを合理化し、MRイメージングを初日から効率的に使いこなせるようになります。
MRの真の力を活用する
MRの真の力を活用する

MRの真の力を活用する

Ingenia MR-RTのプラグイン拡張として利用可能なMR専用シミュレーションでは、前立腺がん患者にシングルモダリティ画像アプローチを適用して、ターゲット描写時の高品質な軟組織コントラストと線量計算のための密度情報を得られます。迅速なスキャンプロトコルと内蔵の後処理機能手順により、MRCAT(MR for Calculating ATtenuation)画像が、CTからの密度情報とともに、わずか数分でMRコンソールに表示されます。
患者のポジショニングおよび固定用ソリューション || 治療位置での画像撮影

患者の位置を再現可能にする患者のポジショニングおよび固定用ソリューション

インデックス付きのフラットテーブルトップと3ピンMR互換ロックバーで、業界標準の固定用ソリューションに対応します。テーブルトップに取り付けることも、ベースプレートを使用することもできます。これによって、治療位置で患者の画像撮影ができ、CT画像と正確に同時登録できます。
高いジオメトリック確度による優れた画質 || 優れた画像処理機能

詳細と輪郭を見るための高いコントラストと高解像度

Ingeniaは大きなFoVと優れた均質性を提供します。高いジオメトリック確度による優れたMR画質を使用することで、治療計画を強化できます。
すぐに使用できるジオメトリックQAパッケージ || 専用の品質保証

高い基準の維持

専用のQA分析ソフトウェアとファントムを使用して、通常のジオメトリックなQA評価を繰り返し可能な方法で効率的に実行できます
FlexTrak || 放射線腫瘍学のためのスムーズなワークフロー

柔軟にスケジュールを組むことができるFlexTrak

オプションのFlexTrakトロリーを使用すると、検査室の外で患者のポジショニングを行うことができ、検査のスケジュールに大きな柔軟性が生まれます。
外部レーザーポジショニングシステム(ELPS) || 治療位置での画像撮影

再現可能な患者のポジショニングをサポートするELPS

このオプションを使用することで、CTやLinacに合わせてMRスキャナに患者をポジショニングできます。
多目的コイルソリューション || 優れた画像処理機能

準備を簡単にする多目的コイルソリューション

Flex LコイルセットまたはFlexcoverage前部コイルを後部コイルと組み合わせることで、最小限のコイルの処理で患者の準備が簡単にできるようになっています。
カスタマイズされたExamCard || 放射線腫瘍学のためのスムーズなワークフロー

RT計画に最適化された画像を取得するようにカスタマイズされたExamCard

ジオメトリックな忠実度に最適化され、脳、頭頸部、前立腺、および女性骨盤用にカスタマイズされたExamCardを使用することで、30分以内に画像プロトコルを完全に実行できます。

仕様

画像撮影
画像撮影
電界強度
  • Ingenia 1.5Tおよび3.0T T
  • Ingenia 3.0 T
ボアのサイズ
  • 70 cm
ジオメトリック確度
  • Ø 32 cmのボリュームで1 mm以下(標準)
専用RT ExamCard
  • 脳、頭頸部、前立腺、女性骨盤用
コイル配置
  • FlexCoverage前部コイル、後部コイル、FlexCoilを柔軟に配置 – すべてデジタルアーキテクチャを活用 – 幅広いRTアプリケーションに対応
フラットテーブルトップ
フラットテーブルトップ
長さ
  • 245 cm(ヘッドレスト部を含む)
インデックス
  • インターロック式
デザイン
  • 薄型でフラットなMR-RT CouchTopは、非オーバーレイタイプのRT患者テーブル専用設計で、放射線治療位置での患者画像の撮影を対象としています。
  • 53 cm
付属アクセサリ
  • 3ピンロックバー、調節式コイルブリッジ、ヘッドレスト、壁取り付け具
その他のアクセサリ
  • MR-RT CouchTopは、熱可塑性マスクやベースプレートなど、MR互換のポジショニング/固定用アクセサリに対応します(CIVCO、Orfit、QFixなどのサードパーティベンダー経由で注文可)。
重量
  • 12.9 kg以下 kg
付属アクセサリ
  • インデックスバーS、インデックスバーL、保管用の壁面マウント
直接固定
  • CouchTopにより、Type-S頭部マスクや頭部/頸部/肩部マスクを直接固定できます。
その他のアクセサリ
  • 熱可塑性マスク、ベースプレートなど、その他のMR互換ポジショニングおよび固定用アクセサリは、CIVCOを通じて直接注文可能
フラットテーブルトップによる患者移送
  • FlexTrakトロリー(オプション)
ジオメトリックQA分析パッケージ
ジオメトリックQA分析パッケージ
ファントム設計
  • グリッドスペース:25 mm、ファントムホルダでファントムを3方向に配置可能(軸、冠状、矢状)
QA分析ボリューム
  • 50 x 45* x 40 cm³(RL x AP x FH) *実効値、テーブルよりも上のFOV:30 cm
ソフトウェア
  • MRコンソールから実行 マルチスライス2D評価用 MR画像のジオメトリック確度のコンタ図を提供
Anterior Coil Support
Anterior Coil Support
コイルサポート設計
  • ゆとりのある軽量な前部コイルサポートは、ボアに沿った形状で前部コイルを支え、患者のフィット感を最大限に高めます。高さ調整可能で、傾斜させてコイルを患者に密着した状態にすることができます。
高さ調整範囲
  • MR-RT CouchTopと前部コイル間は15~35.5 cm、両サイドで調整可能
オプションの外部レーザーポジショニングシステム
オプションの外部レーザーポジショニングシステム
タイプ
  • MR互換、緑または赤色レーザー
許容される幅の範囲
  • 3.83~4.50 m
レーザーファントム
  • Aquarius(LAP)、校正ExamCardを使用
  • *オーバーレイソリューションと比較した場合。
  • 1. Compressed SENSEなしのフィリップススキャンと比較した場合
  • 2 Ingenia 1.5T ZBOマグネットと比較した場合。
あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。