Consulting

デザイン思考を活用した革新的なヘルスケア環境の構築

 
 

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
*
*
*

戦略的アプローチで卓越した患者ケア環境を設計

 

フィリップスは、最新デザインを用いた戦略的アプローチによって、革新的で最適化されたケア環境を作りあげています。つまりデザインを戦略的に活用することは、ヘルスケアの現場や施設、ネットワークの変革の後押しになっているのです。

フィリップスが誇るデザインの専門性は、世界レベルの革新的デザインを何年もの歳月をかけて磨き上げられたものであり、かつ医療と運営両方の特長をうまく組み合わせて生まれたものです。こうしたフィリップスの戦略的なデザインコンサルティングは、次の実現を可能にしています。

  • 患者の満足度向上
  • 運営効率の改善
  • ワークフローの最適化
Exceptional patient experience
Broward Infusion Centerにおけるデザインの再考は、デザイン思考がいかに重要であるかを示してくれました。詳細をご覧ください。

コラボレーションとイノベーションを推進するCo-createの手法

フィリップスのCo-createの手法は、変革の創造や問題解決へ導くための、“人”を中心にとらえ、多岐にわたる専門的な視点を盛り込んだアプローチです。コンサルタントがファシリテーションするワークショップを通じて、創造的なアイディアを生み出します。

Co-createワークショップは、病院の経営者や医療従事者、その他の関係者、さらには患者からも積極的な参加が期待されます。Co-createの手法は、複雑で、関係者が多岐にわたる課題の解決に最適な手法です。

ディスカバー:現状に対する洞察と、考え得る解決策の試行
フレーム:改革が実現可能な機会の特定と改革が実現された場合の将来像の設定
アイデア:創造的アイディアによる最も効果的な解決策の特定と、 関係者による共通理解の獲得
ビルディング:シミュレーションを通じた仮説の検証
コ・クリエイト法


新しいヘルスケアエコシステムの導入


フィリップスは、HealtSuite Labsの開設を発表しました。これはフィリップスにとって初の共創デジタルラボで、デジタル・テクノロジーによってコネクテッドケアを可能にしかつ革新的に新モデルをサポート。さらに、患者様中心の価値あるコネクテッドケアを実現するため、技術革新を加速させます。

 

Read more about HealthSuite Labs

 

変革のプロセスを実現する方法

エクスペリエンスフローマッピング

エクスペリエンスフローマッピング

エクスペリエンスフローマッピングは、洞察に基づき患者の体験と臨床プロセスを把握する独自の構造化手法です。詳細なデータ分析、関係者との面談、ワーフローの観察から得たデータポイントと洞察をマップに詳しく記載していきます。
エクスペリエンスフローマップは、患者の体験、懸念のある領域、きわめて大きな効果が期待できる改善点を視覚的にまとめたものです。

 

動画を見る

臨床に関する知見

Clinical Expertise
臨床分野における広範な知見を持って、医療機関が効率的な臨床プロセスを提供するための戦略の策定を支援します。統合的な治療管理方法を策定して、臨床成果の目標達成をお手伝いします。人材・プロセス・テクノロジーの連携を図り、一連の医療プロセスをとおして、高品質・高効率の患者ケアの提供を支援します。

データ分析

データ分析

私たちは、データとはコンサルティングにおける各プロジェクトフェーズを立証し、提案を裏付けるものであると考えています。根拠を定量的に定め、機器利用を最適化することを目的としています。フィリップスのデータアナリストたちは、次のことを実施します。
 

  • ワークフロー、対応能力そして目標と現状のギャップを認識
  • 改善点の特定と定量化
  • トレンドを分析して、患者需要、人員配置ニーズ、技術ニーズ、供給などを予測する
  • 提案変更時のシミュレーション
  • お客様の業務にデータを組み入れる


Designing the Healthcare Experience


Sean Hughes, Head of Healthcare Design, Philips, was recently interviewed to share his views on redesigning clinical environments and the patient experience.


Read the full article