経皮的冠動脈インターベンション

1
ご希望の項目をご選択ください
2
ご連絡先

お問い合わせ内容に応じて選択ください。

1
2
ご連絡先

経皮的冠動脈インターベンション

慢性完全閉塞病変、分岐部病変の治療、多枝疾患などの複雑なインターベンションは処置に時間がかかり、スタッフと患者の被ばくする放射線量が増加する可能性があります。ストラット厚を小さくするとステントの放射線透過性が増加し、視認しにくくなります。また、造影剤誘発性腎障害を防ぎつつ良好な画質を維持する必要があります。

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。

あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。