デジタルパソロジーによる ワークフロー変革

デジタルパソロジーによる
ワークフロー変革

関連製品

Digital & computational pathology について詳細をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

デジタルパソロジーとは

デジタルパソロジーは、ガラススライド上の組織をデジタル化することにより、病理診断の効率化を目指します。

100%デジタル化病理検査室が診断をどのように変えるか

Computational Pathology とは

Digital & computational pathology による病理業務の変革

ワークフローのデジタル化
ワークフローの
デジタル化
病理医
場所を選ばない
リアルタイム連携
診断情報
統合型病理診断
ワークフロー
病理医をサポート
迅速かつ信頼性の高い
病理診断サポート

カスタマーボイス

Ivo Van Den Berghe
「診断が難しい疾患や希少疾患の場合、デジタルパソロジーを用いることで適切な病理診断が可能になり、結果として最高の患者ケアにつながります。」

Ivo Van Den Berghe

解剖病理学部長、
ブリュージAZ Sint-Jan

Alexi Baidoshvili
「ワークフロー全体をデジタル化することは、適切な情報に基づく病理診断をできるだけ迅速に患者と臨床医へ届けるという、我々のコミットメントにつながります。」

Alexi Baidoshvili
病理医、LabPON

プレスリリース

販売名:フィリップス インテリサイト パソロジー ソリューション
一般的名称:病理ホールスライド画像診断補助装置
承認番号:2900BZX00394000
*

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
We work with partners and distributors who may contact you about this Philips product on our behalf.
*
*

Final CEE consent

You are about to visit a Philips global content page

You are about to visit the Philips USA website.

You are about to visit a Philips global content page

You are about to visit the Philips USA website.

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。