MR Neuro imaging

Neuro MR
再生

脳神経系疾患の把握が困難な理由として、主に適切な撮像または画像化の技術がないことを挙げている放射線科医は70%¹にも上ります。フィリップスが目標とするのは、脳神経系疾患を持つすべての患者のために、可能な限り明確な診断と治療ガイダンスを提供することです。

 

フィリップスのdStreamデジタルプラットフォームは、これまでにない撮像と画像化を実現します。これにより、複雑な脳神経関連の疑問を確信を持って解決できるようになるだけでなく、高度な脳機能アプリケーションで新しい脳神経領域に踏み込めるようになります。これは、脳神経領域の診断をレベルアップし、MRIのメリットをより多くの人に提供するための重要な一歩となるでしょう。

 

¹ TMTG Market Survey 2016

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
*
*

脳神経領域に特化したアプリケーション

FieldStrength MRI関連記事

最新の方法でバーモント大学メディカルセンター (UVM) の脳プロトコールをアップグレード

バーモント大学メディカルセンター、米国
最新の方法でバーモント大学メディカルセンター (UVM) の脳プロトコールをアップグレード

UVMでは、診断とワークフローで使用する最新のNeuro MR法を高く評価しています。

最新の方法でバーモント大学メディカルセンター (UVM) の脳プロトコールをアップグレード - 2

バーモント大学メディカルセンター、米国
最新の方法でバーモント大学メディカルセンター (UVM) の脳プロトコールをアップグレード

UVMでは、診断とワークフローで使用する最新のNeuro MR法を高く評価しています。

脳血管炎を発症しているHIV患者のBlack Blood MRI撮像

エラスム病院、ベルギー
脳血管炎を発症しているHIV患者のBlack Blood MRI撮像

診断の提示と治療の選択にBlack Blood撮像が役立っています。

関連ビデオ

意味のあるMRIイノベーション
再生
意味のあるMRIイノベーション (英語)

当社は、「より多く、より良く、より早く」を求められる放射線科医、確実な診断を可能にする信頼性の高い結果を求める医師、その結果発生する疑問への答えを模索する研究者、そして受け入れやすい処置と率直な答えを求める患者など、現実に生きる人々に影響を与える意味のあるMRIイノベーションを実現します。
認知発達の分野においてバーモント大学と連携
再生
認知発達の分野においてバーモント大学と連携 (英語)

バーモント大学のリチャード・ワット氏およびヒュー・ガラヴァン氏が、MultiBand SENSEにおけるフィリップスとのコラボレーションおよび研究プロトコールでの使用について語ります。 
コラボレーション
再生

コラボレーション (英語)
 

熊本大学 (日本) の米田哲也博士が、磁化率強調撮像のために開発したSWIp技術におけるフィリップスとのコラボレーションについて語ります。

臨床業務
再生

臨床業務 (英語)

ヘネピン郡メディカルセンター (米国ミネアポリス) のチップ・トルウィット博士が、あらゆる外傷に対するMR走査でSWIPが不可欠な現状について説明します。