Feature Detail

xMATRIX Transducer Technology
is changing the exam experience

xMATRIXテクノロジを活用することで、より明瞭な画像でより詳しく観察し、治療法を導きだし、迅速かつ簡便な検査を可能にします。
*

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
We work with partners and distributors who may contact you about this Philips product on our behalf.
*
*

Final CEE consent
フィリップスのxMATRIXは、現在の技術の中でも最先端の超音波トランスジューサテクノロジーです。xMATRIXテクノロジーは、素早く簡単にボリュームデータを収集、2Dイメージングでは不可能な断面の提供を実現し、そのすべてが高画質で実現されます。3Dを用いることで解剖と機能を確実に評価し、病変を迅速に特定することができます。
xMATRIX-ワークフローを強化

ワークフローを強化

 

xMATRIXでは、2D、3D/4D、Live 3D Echo、Live xPlane、Live 3D Zoom、Live 3D Full Volume、iRotate、Live MPR、MPR、Mモード、パルス・連続派ドプラ、カラードプラ、CPAなど、1つのトランスジューサですべてのモードを使用できます。3Dデータを取得するためにトランスジューサを切り替える必要はありません。検査終了後でも3D操作やクロッピングツールなどを使用することができます。

xMATRIX-幅広い用途

幅広い用途

 

xMATRIXトランスジューサは、成人および小児の心臓検査、腹部 / 血管 / 産科 / 婦人科検査、心臓および腹部のインターベンション手術など、幅広く臨床に応用できます。xMATRIXは、各種EPIQ 、Affiniti70およびCX50 xMATRIXに搭載することができます。

xMATRIX-パワーおよび性能

パワーと性能

 

スキャン性能のレベルを引き上げたxMATRIXトランスジューサでは、コンピュータボード150台分のパワーと、2,500~9,000超の素子による完全サンプルを用いた360度のフォーカスとステアリングを活用します。当社のnSIGHTおよびPureWaveクリスタルテクノロジと併用することで、パワーはさらに強化されます。

Live Volumeイメージング
Live Volumeイメージングで優れたボクセル分解能にて、真のリアルタイムフレームレートでフルボリュームデータを収集およびレンダリングできます。
Live Xplaneイメージング
Live xPlaneイメージングは、フル分解能の断面を2断面同時に描出し、通常の2Dイメージングと同じ時間で2倍の臨床情報を取り込むことができます。
スキャン時の快適性-トランスデューサ

スキャン時の快適性

xMATRIX トランスジューサは高い性能と同時に、使いやすいという特徴も備えています。人間工学に基づく設計により、トランスジューサはスリムで掴みやすく、一日を通して快適にスキャンできます。

Live xPlaneイメージング

心臓検査でLive xPlaneイメージングを使用すると、同一心拍における2断面を同時収集し、重要な情報を迅速かつ確実に取り込むことができます。
xPlaneイメージング

iRotate

iRotate
iRotateは、画質とワークフローの両立を容易にするxMATRIXの革新的な機能です。手動でトランスジューサを回転させて肋間に阻害されビューを描出できない場合でも、iRotateでは電子的にビームを回転させて適切な音響ウィンドウからのビューの取得を可能にします。例えば心エコーで使用するX5-1トランスジューサであれば、iRotateを使用して1つのウィンドウから心尖部四腔像、二腔像、三腔像の取り込みを行うことができます。そのため、手首の負担が軽減されるだけでなく、心不全患者などで左室を斜め切りしてしまうことによる誤差も回避できます。

あらゆる心臓検査で優れた性能を発揮

 

xMATRIXトランスデューサは、様々な患者に対応できる多様なモードを備えています。

 

  • 成人用のX5-1
  • 小児および成人用のX7-2
  • 成人インターベンション手術用のX7-2t TEEとX8-2t TEE

One Probe Solution for 2D and 3D Echo – clinical benefits and workflow improvements(2Dおよび3Dエコーに対応するワンプローブソリューション – 臨床的メリットとワークフローの改善)

Andreas Franke, Head of Cardiology and Internal Intensive Care, Klinikum Siloah, Hannover, Germany

心房中隔欠損の診断

Live cast study: Atrial Septal Defect Diagnosis(ライブキャストスタディ:心房中隔欠損の診断)

John D Carroll, Director of Cardiac and Vascular Center and Interventional Cardiology, University of Colorado, Aurora, Colorado

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。

あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。