Core Mobile

Precisionガイド付き治療システム

スペックが近い製品を検索

Core Mobileは、将来の高度なPCIの際に画像診断と生理学的診断を1つのモバイル型のプラットフォーム上から選択できるように設計されています。¹また、インターベンションをする際の決定を支援する追加情報を提供し、診断へのアプローチの明瞭化や信頼しの高い診断を可能にします。

特長
透明性と信頼性
多様な選択肢

多様な選択肢

CORE Mobileは病変のFFR診断、iFRモダリティ、iFRスカウトの整理学診断ツールをサポートします。またデジタルIVUS、高解像度のローテーショナルIVUS、ChromaFloによるステント圧着の評価、VHIVUSによる組織分類と末梢血管評価の全てを含む画像診断ツールを提供します。

多様な選択肢

多様な選択肢
CORE Mobileは病変のFFR診断、iFRモダリティ、iFRスカウトの整理学診断ツールをサポートします。またデジタルIVUS、高解像度のローテーショナルIVUS、ChromaFloによるステント圧着の評価、VHIVUSによる組織分類と末梢血管評価の全てを含む画像診断ツールを提供します。

多様な選択肢

CORE Mobileは病変のFFR診断、iFRモダリティ、iFRスカウトの整理学診断ツールをサポートします。またデジタルIVUS、高解像度のローテーショナルIVUS、ChromaFloによるステント圧着の評価、VHIVUSによる組織分類と末梢血管評価の全てを含む画像診断ツールを提供します。
詳細情報
透明性と信頼性
多様な選択肢

多様な選択肢

CORE Mobileは病変のFFR診断、iFRモダリティ、iFRスカウトの整理学診断ツールをサポートします。またデジタルIVUS、高解像度のローテーショナルIVUS、ChromaFloによるステント圧着の評価、VHIVUSによる組織分類と末梢血管評価の全てを含む画像診断ツールを提供します。
iFRモダリティ
iFRによるワークフローの簡素化

iFRによるワークフローの簡素化

iFRモダリティは最大充血を誘発する必要なく、5心拍で病変の生理学的用かを行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。
フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。

iFRによるワークフローの簡素化

iFRによるワークフローの簡素化
iFRモダリティは最大充血を誘発する必要なく、5心拍で病変の生理学的用かを行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。
フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。

iFRによるワークフローの簡素化

iFRモダリティは最大充血を誘発する必要なく、5心拍で病変の生理学的用かを行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。
フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。
詳細情報
iFRモダリティ
iFRによるワークフローの簡素化

iFRによるワークフローの簡素化

iFRモダリティは最大充血を誘発する必要なく、5心拍で病変の生理学的用かを行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。
フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。
iFRスカウトプルバック
iFRスカウトプルバック

iFRスカウトプルバック

iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。

iFRスカウトプルバック

iFRスカウトプルバック
iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。

iFRスカウトプルバック

iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。
詳細情報
iFRスカウトプルバック
iFRスカウトプルバック

iFRスカウトプルバック

iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。
冠血流予備量比(FFR)
FFR値の測定

FFR値の測定

数々の臨床研究により、FFRガイド下のPCIは現在のアンギオガイド下の治療よりも有効であると証明されています。FFR測定値は冠動脈狭窄の遠位部の血流量の低下を示します。⁶

FFR値の測定

FFR値の測定
数々の臨床研究により、FFRガイド下のPCIは現在のアンギオガイド下の治療よりも有効であると証明されています。FFR測定値は冠動脈狭窄の遠位部の血流量の低下を示します。⁶

FFR値の測定

数々の臨床研究により、FFRガイド下のPCIは現在のアンギオガイド下の治療よりも有効であると証明されています。FFR測定値は冠動脈狭窄の遠位部の血流量の低下を示します。⁶
詳細情報
冠血流予備量比(FFR)
FFR値の測定

FFR値の測定

数々の臨床研究により、FFRガイド下のPCIは現在のアンギオガイド下の治療よりも有効であると証明されています。FFR測定値は冠動脈狭窄の遠位部の血流量の低下を示します。⁶
病変の評価
病変の評価

病変の評価

IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化の程度や血栓の有無といった病変の評価に役立ちます。

病変の評価

病変の評価
IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化の程度や血栓の有無といった病変の評価に役立ちます。

病変の評価

IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化の程度や血栓の有無といった病変の評価に役立ちます。
詳細情報
病変の評価
病変の評価

病変の評価

IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化の程度や血栓の有無といった病変の評価に役立ちます。
VH IVUS
リアルタイムでの病変評価

リアルタイムでの病変評価

VH IVUSイメージングは血管内腔径および血管径を自動計測し、プラークの組織形状をカラー表示します。
VH IVUSテクノロジーは独自の高度なスペクトラル解析を備え、97-98%の精度でプラークを4つの組織タイプに分類します。

リアルタイムでの病変評価

リアルタイムでの病変評価
VH IVUSイメージングは血管内腔径および血管径を自動計測し、プラークの組織形状をカラー表示します。
VH IVUSテクノロジーは独自の高度なスペクトラル解析を備え、97-98%の精度でプラークを4つの組織タイプに分類します。

リアルタイムでの病変評価

VH IVUSイメージングは血管内腔径および血管径を自動計測し、プラークの組織形状をカラー表示します。
VH IVUSテクノロジーは独自の高度なスペクトラル解析を備え、97-98%の精度でプラークを4つの組織タイプに分類します。
詳細情報
VH IVUS
リアルタイムでの病変評価

リアルタイムでの病変評価

VH IVUSイメージングは血管内腔径および血管径を自動計測し、プラークの組織形状をカラー表示します。
VH IVUSテクノロジーは独自の高度なスペクトラル解析を備え、97-98%の精度でプラークを4つの組織タイプに分類します。
グレースケール
グレースケールIVUSによる手技の効率化

グレースケールIVUSによる手技の効率化

グレースケールIVUSでは血管内の詳細な情報が得られるため、血管造影手技を効率化します。血管造影では造影剤による影絵を作りますが、IVUSではプラークの位置と範囲を視覚化し、病変や血管の正確な評価、適切なステント留置を可能にします。IVUSガイダンスは74%のPCIによる治療戦略の変更に関与し、大規模な研究ではMACEやMI、TLR、死亡率を減少したと報告されています。⁷、⁸

グレースケールIVUSによる手技の効率化

グレースケールIVUSによる手技の効率化
グレースケールIVUSでは血管内の詳細な情報が得られるため、血管造影手技を効率化します。血管造影では造影剤による影絵を作りますが、IVUSではプラークの位置と範囲を視覚化し、病変や血管の正確な評価、適切なステント留置を可能にします。IVUSガイダンスは74%のPCIによる治療戦略の変更に関与し、大規模な研究ではMACEやMI、TLR、死亡率を減少したと報告されています。⁷、⁸

グレースケールIVUSによる手技の効率化

グレースケールIVUSでは血管内の詳細な情報が得られるため、血管造影手技を効率化します。血管造影では造影剤による影絵を作りますが、IVUSではプラークの位置と範囲を視覚化し、病変や血管の正確な評価、適切なステント留置を可能にします。IVUSガイダンスは74%のPCIによる治療戦略の変更に関与し、大規模な研究ではMACEやMI、TLR、死亡率を減少したと報告されています。⁷、⁸
詳細情報
グレースケール
グレースケールIVUSによる手技の効率化

グレースケールIVUSによる手技の効率化

グレースケールIVUSでは血管内の詳細な情報が得られるため、血管造影手技を効率化します。血管造影では造影剤による影絵を作りますが、IVUSではプラークの位置と範囲を視覚化し、病変や血管の正確な評価、適切なステント留置を可能にします。IVUSガイダンスは74%のPCIによる治療戦略の変更に関与し、大規模な研究ではMACEやMI、TLR、死亡率を減少したと報告されています。⁷、⁸
ChromaFlo
ChromaFlo

ChromaFlo

ChromaFloは血流を赤色で表示し、ステントの圧着や血管内腔径などが評価可能です。

ChromaFlo

ChromaFlo
ChromaFloは血流を赤色で表示し、ステントの圧着や血管内腔径などが評価可能です。

ChromaFlo

ChromaFloは血流を赤色で表示し、ステントの圧着や血管内腔径などが評価可能です。
詳細情報
ChromaFlo
ChromaFlo

ChromaFlo

ChromaFloは血流を赤色で表示し、ステントの圧着や血管内腔径などが評価可能です。
利便性
統合された便利なシステム

統合された便利なシステム

CORE-Mobileは、複数のカテーテル室で使用することができ、利便性の高い仕様になっています。フィリップスだけがデジタルIVUSをシンプルに使用できるプラグアンドプレイ、薬剤を使用した最大充血の誘発を必要としないiFRのモダリティを提供出来ます。²、³

統合された便利なシステム

統合された便利なシステム
CORE-Mobileは、複数のカテーテル室で使用することができ、利便性の高い仕様になっています。フィリップスだけがデジタルIVUSをシンプルに使用できるプラグアンドプレイ、薬剤を使用した最大充血の誘発を必要としないiFRのモダリティを提供出来ます。²、³

統合された便利なシステム

CORE-Mobileは、複数のカテーテル室で使用することができ、利便性の高い仕様になっています。フィリップスだけがデジタルIVUSをシンプルに使用できるプラグアンドプレイ、薬剤を使用した最大充血の誘発を必要としないiFRのモダリティを提供出来ます。²、³
詳細情報
利便性
統合された便利なシステム

統合された便利なシステム

CORE-Mobileは、複数のカテーテル室で使用することができ、利便性の高い仕様になっています。フィリップスだけがデジタルIVUSをシンプルに使用できるプラグアンドプレイ、薬剤を使用した最大充血の誘発を必要としないiFRのモダリティを提供出来ます。²、³
最適な使いやすさ
直感的なインタフェース

直感的なインタフェース

CORE-Mobileは実用性を考慮した直感的なインタフェースを提供しており、便利な測定機能とやラベリングツールを用いて診断書類の作成を行うことが出来ます。また、患者データを転送するためのDICOMワークリストのワークフローを効率化しています。計測結果をDICOMサーバーやDVDに保存し、印刷することも可能です。²、⁴

直感的なインタフェース

直感的なインタフェース
CORE-Mobileは実用性を考慮した直感的なインタフェースを提供しており、便利な測定機能とやラベリングツールを用いて診断書類の作成を行うことが出来ます。また、患者データを転送するためのDICOMワークリストのワークフローを効率化しています。計測結果をDICOMサーバーやDVDに保存し、印刷することも可能です。²、⁴

直感的なインタフェース

CORE-Mobileは実用性を考慮した直感的なインタフェースを提供しており、便利な測定機能とやラベリングツールを用いて診断書類の作成を行うことが出来ます。また、患者データを転送するためのDICOMワークリストのワークフローを効率化しています。計測結果をDICOMサーバーやDVDに保存し、印刷することも可能です。²、⁴
詳細情報
最適な使いやすさ
直感的なインタフェース

直感的なインタフェース

CORE-Mobileは実用性を考慮した直感的なインタフェースを提供しており、便利な測定機能とやラベリングツールを用いて診断書類の作成を行うことが出来ます。また、患者データを転送するためのDICOMワークリストのワークフローを効率化しています。計測結果をDICOMサーバーやDVDに保存し、印刷することも可能です。²、⁴
  • 透明性と信頼性
  • iFRモダリティ
  • iFRスカウトプルバック
  • 冠血流予備量比(FFR)
全機能を見る
透明性と信頼性
多様な選択肢

多様な選択肢

CORE Mobileは病変のFFR診断、iFRモダリティ、iFRスカウトの整理学診断ツールをサポートします。またデジタルIVUS、高解像度のローテーショナルIVUS、ChromaFloによるステント圧着の評価、VHIVUSによる組織分類と末梢血管評価の全てを含む画像診断ツールを提供します。

多様な選択肢

多様な選択肢
CORE Mobileは病変のFFR診断、iFRモダリティ、iFRスカウトの整理学診断ツールをサポートします。またデジタルIVUS、高解像度のローテーショナルIVUS、ChromaFloによるステント圧着の評価、VHIVUSによる組織分類と末梢血管評価の全てを含む画像診断ツールを提供します。

多様な選択肢

CORE Mobileは病変のFFR診断、iFRモダリティ、iFRスカウトの整理学診断ツールをサポートします。またデジタルIVUS、高解像度のローテーショナルIVUS、ChromaFloによるステント圧着の評価、VHIVUSによる組織分類と末梢血管評価の全てを含む画像診断ツールを提供します。
詳細情報
透明性と信頼性
多様な選択肢

多様な選択肢

CORE Mobileは病変のFFR診断、iFRモダリティ、iFRスカウトの整理学診断ツールをサポートします。またデジタルIVUS、高解像度のローテーショナルIVUS、ChromaFloによるステント圧着の評価、VHIVUSによる組織分類と末梢血管評価の全てを含む画像診断ツールを提供します。
iFRモダリティ
iFRによるワークフローの簡素化

iFRによるワークフローの簡素化

iFRモダリティは最大充血を誘発する必要なく、5心拍で病変の生理学的用かを行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。
フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。

iFRによるワークフローの簡素化

iFRによるワークフローの簡素化
iFRモダリティは最大充血を誘発する必要なく、5心拍で病変の生理学的用かを行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。
フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。

iFRによるワークフローの簡素化

iFRモダリティは最大充血を誘発する必要なく、5心拍で病変の生理学的用かを行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。
フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。
詳細情報
iFRモダリティ
iFRによるワークフローの簡素化

iFRによるワークフローの簡素化

iFRモダリティは最大充血を誘発する必要なく、5心拍で病変の生理学的用かを行うことが出来るため、ワークフローを簡易化します。
フィリップスのiFRは学会誌や9000症例以上の数々の臨床研究に基づいた豊富なエビデンスにより裏づけされています。
iFRスカウトプルバック
iFRスカウトプルバック

iFRスカウトプルバック

iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。

iFRスカウトプルバック

iFRスカウトプルバック
iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。

iFRスカウトプルバック

iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。
詳細情報
iFRスカウトプルバック
iFRスカウトプルバック

iFRスカウトプルバック

iFR引き抜き圧により中等度のびまん性病変において最も圧較差の大きい部分を確認することが出来ます。
冠血流予備量比(FFR)
FFR値の測定

FFR値の測定

数々の臨床研究により、FFRガイド下のPCIは現在のアンギオガイド下の治療よりも有効であると証明されています。FFR測定値は冠動脈狭窄の遠位部の血流量の低下を示します。⁶

FFR値の測定

FFR値の測定
数々の臨床研究により、FFRガイド下のPCIは現在のアンギオガイド下の治療よりも有効であると証明されています。FFR測定値は冠動脈狭窄の遠位部の血流量の低下を示します。⁶

FFR値の測定

数々の臨床研究により、FFRガイド下のPCIは現在のアンギオガイド下の治療よりも有効であると証明されています。FFR測定値は冠動脈狭窄の遠位部の血流量の低下を示します。⁶
詳細情報
冠血流予備量比(FFR)
FFR値の測定

FFR値の測定

数々の臨床研究により、FFRガイド下のPCIは現在のアンギオガイド下の治療よりも有効であると証明されています。FFR測定値は冠動脈狭窄の遠位部の血流量の低下を示します。⁶
病変の評価
病変の評価

病変の評価

IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化の程度や血栓の有無といった病変の評価に役立ちます。

病変の評価

病変の評価
IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化の程度や血栓の有無といった病変の評価に役立ちます。

病変の評価

IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化の程度や血栓の有無といった病変の評価に役立ちます。
詳細情報
病変の評価
病変の評価

病変の評価

IVUS画像は、プラーク容積率、病変の位置と形態、石灰化の程度や血栓の有無といった病変の評価に役立ちます。
VH IVUS
リアルタイムでの病変評価

リアルタイムでの病変評価

VH IVUSイメージングは血管内腔径および血管径を自動計測し、プラークの組織形状をカラー表示します。
VH IVUSテクノロジーは独自の高度なスペクトラル解析を備え、97-98%の精度でプラークを4つの組織タイプに分類します。

リアルタイムでの病変評価

リアルタイムでの病変評価
VH IVUSイメージングは血管内腔径および血管径を自動計測し、プラークの組織形状をカラー表示します。
VH IVUSテクノロジーは独自の高度なスペクトラル解析を備え、97-98%の精度でプラークを4つの組織タイプに分類します。

リアルタイムでの病変評価

VH IVUSイメージングは血管内腔径および血管径を自動計測し、プラークの組織形状をカラー表示します。
VH IVUSテクノロジーは独自の高度なスペクトラル解析を備え、97-98%の精度でプラークを4つの組織タイプに分類します。
詳細情報
VH IVUS
リアルタイムでの病変評価

リアルタイムでの病変評価

VH IVUSイメージングは血管内腔径および血管径を自動計測し、プラークの組織形状をカラー表示します。
VH IVUSテクノロジーは独自の高度なスペクトラル解析を備え、97-98%の精度でプラークを4つの組織タイプに分類します。
グレースケール
グレースケールIVUSによる手技の効率化

グレースケールIVUSによる手技の効率化

グレースケールIVUSでは血管内の詳細な情報が得られるため、血管造影手技を効率化します。血管造影では造影剤による影絵を作りますが、IVUSではプラークの位置と範囲を視覚化し、病変や血管の正確な評価、適切なステント留置を可能にします。IVUSガイダンスは74%のPCIによる治療戦略の変更に関与し、大規模な研究ではMACEやMI、TLR、死亡率を減少したと報告されています。⁷、⁸

グレースケールIVUSによる手技の効率化

グレースケールIVUSによる手技の効率化
グレースケールIVUSでは血管内の詳細な情報が得られるため、血管造影手技を効率化します。血管造影では造影剤による影絵を作りますが、IVUSではプラークの位置と範囲を視覚化し、病変や血管の正確な評価、適切なステント留置を可能にします。IVUSガイダンスは74%のPCIによる治療戦略の変更に関与し、大規模な研究ではMACEやMI、TLR、死亡率を減少したと報告されています。⁷、⁸

グレースケールIVUSによる手技の効率化

グレースケールIVUSでは血管内の詳細な情報が得られるため、血管造影手技を効率化します。血管造影では造影剤による影絵を作りますが、IVUSではプラークの位置と範囲を視覚化し、病変や血管の正確な評価、適切なステント留置を可能にします。IVUSガイダンスは74%のPCIによる治療戦略の変更に関与し、大規模な研究ではMACEやMI、TLR、死亡率を減少したと報告されています。⁷、⁸
詳細情報
グレースケール
グレースケールIVUSによる手技の効率化

グレースケールIVUSによる手技の効率化

グレースケールIVUSでは血管内の詳細な情報が得られるため、血管造影手技を効率化します。血管造影では造影剤による影絵を作りますが、IVUSではプラークの位置と範囲を視覚化し、病変や血管の正確な評価、適切なステント留置を可能にします。IVUSガイダンスは74%のPCIによる治療戦略の変更に関与し、大規模な研究ではMACEやMI、TLR、死亡率を減少したと報告されています。⁷、⁸
ChromaFlo
ChromaFlo

ChromaFlo

ChromaFloは血流を赤色で表示し、ステントの圧着や血管内腔径などが評価可能です。

ChromaFlo

ChromaFlo
ChromaFloは血流を赤色で表示し、ステントの圧着や血管内腔径などが評価可能です。

ChromaFlo

ChromaFloは血流を赤色で表示し、ステントの圧着や血管内腔径などが評価可能です。
詳細情報
ChromaFlo
ChromaFlo

ChromaFlo

ChromaFloは血流を赤色で表示し、ステントの圧着や血管内腔径などが評価可能です。
利便性
統合された便利なシステム

統合された便利なシステム

CORE-Mobileは、複数のカテーテル室で使用することができ、利便性の高い仕様になっています。フィリップスだけがデジタルIVUSをシンプルに使用できるプラグアンドプレイ、薬剤を使用した最大充血の誘発を必要としないiFRのモダリティを提供出来ます。²、³

統合された便利なシステム

統合された便利なシステム
CORE-Mobileは、複数のカテーテル室で使用することができ、利便性の高い仕様になっています。フィリップスだけがデジタルIVUSをシンプルに使用できるプラグアンドプレイ、薬剤を使用した最大充血の誘発を必要としないiFRのモダリティを提供出来ます。²、³

統合された便利なシステム

CORE-Mobileは、複数のカテーテル室で使用することができ、利便性の高い仕様になっています。フィリップスだけがデジタルIVUSをシンプルに使用できるプラグアンドプレイ、薬剤を使用した最大充血の誘発を必要としないiFRのモダリティを提供出来ます。²、³
詳細情報
利便性
統合された便利なシステム

統合された便利なシステム

CORE-Mobileは、複数のカテーテル室で使用することができ、利便性の高い仕様になっています。フィリップスだけがデジタルIVUSをシンプルに使用できるプラグアンドプレイ、薬剤を使用した最大充血の誘発を必要としないiFRのモダリティを提供出来ます。²、³
最適な使いやすさ
直感的なインタフェース

直感的なインタフェース

CORE-Mobileは実用性を考慮した直感的なインタフェースを提供しており、便利な測定機能とやラベリングツールを用いて診断書類の作成を行うことが出来ます。また、患者データを転送するためのDICOMワークリストのワークフローを効率化しています。計測結果をDICOMサーバーやDVDに保存し、印刷することも可能です。²、⁴

直感的なインタフェース

直感的なインタフェース
CORE-Mobileは実用性を考慮した直感的なインタフェースを提供しており、便利な測定機能とやラベリングツールを用いて診断書類の作成を行うことが出来ます。また、患者データを転送するためのDICOMワークリストのワークフローを効率化しています。計測結果をDICOMサーバーやDVDに保存し、印刷することも可能です。²、⁴

直感的なインタフェース

CORE-Mobileは実用性を考慮した直感的なインタフェースを提供しており、便利な測定機能とやラベリングツールを用いて診断書類の作成を行うことが出来ます。また、患者データを転送するためのDICOMワークリストのワークフローを効率化しています。計測結果をDICOMサーバーやDVDに保存し、印刷することも可能です。²、⁴
詳細情報
最適な使いやすさ
直感的なインタフェース

直感的なインタフェース

CORE-Mobileは実用性を考慮した直感的なインタフェースを提供しており、便利な測定機能とやラベリングツールを用いて診断書類の作成を行うことが出来ます。また、患者データを転送するためのDICOMワークリストのワークフローを効率化しています。計測結果をDICOMサーバーやDVDに保存し、印刷することも可能です。²、⁴

仕様

Dimensions
Dimensions
Core Mobile
  • H=62インチ、W=22インチ、D=33インチ
コントロールパッド(オプション)
  • H=2.75インチ、W=10.5インチ、D=8.3インチ
Power requirements
Power requirements
システム入力
  • 100、120Vまたは240VAC、50/60Hz、1000VAボルト、ボルト交流電流、ヘルツ、ボルト-アンペア
Ordering information
Ordering information
Core Mobile 120V
  • COREmb120
コントロールパッド
  • CPADO1
ベッドレールマウント
  • MNTO1
モニタマウント
  • MNTO2
Dimensions
Dimensions
Core Mobile
  • H=62インチ、W=22インチ、D=33インチ
コントロールパッド(オプション)
  • H=2.75インチ、W=10.5インチ、D=8.3インチ
Power requirements
Power requirements
システム入力
  • 100、120Vまたは240VAC、50/60Hz、1000VAボルト、ボルト交流電流、ヘルツ、ボルト-アンペア
すべての仕様を見る
Dimensions
Dimensions
Core Mobile
  • H=62インチ、W=22インチ、D=33インチ
コントロールパッド(オプション)
  • H=2.75インチ、W=10.5インチ、D=8.3インチ
Power requirements
Power requirements
システム入力
  • 100、120Vまたは240VAC、50/60Hz、1000VAボルト、ボルト交流電流、ヘルツ、ボルト-アンペア
Ordering information
Ordering information
Core Mobile 120V
  • COREmb120
コントロールパッド
  • CPADO1
ベッドレールマウント
  • MNTO1
モニタマウント
  • MNTO2
  • 1. 505-0100.21, Operator's Manual, Core Integrated, 3.4X (p. 18); 505-0101.16, Operator's Manual, s5 Series FFR_iFR Option, v3.4x (p.15).
  • 2. VAL RPT, S5-Core V3.4 SW with Core Control Pad, 215-0007.02.
  • 3. Product Spec. 809480-001, 202-0407.01.
  • 4. Requirements Specification Meridian VH SW, 806000-004 (pg 84).
  • 5. An iFR cut-point of 0.89 matches best with an FFR ischemic cut-point of 0.80 with a specificity of 87.8% and sensitivity of 73.0%.(iFR Operator’s Manual 505-0101.23)
  • 6. N Engl J Med. 2012;367(11):991-1001.
  • 7. Witzenbichler B et al. Relationship Between Intravascular Ultrasound Guidance and Clinical Outcomes After Drug-Eluting Stents: The ADAPT-DES Study. Circulation 2014 Jan: 129,4;463-470
  • 8. Ahn et al. Meta-Analysis of Outcomes After Intravascular Ultrasound Guided Versus Angiography-Guided Drug-Eluting Stent Implantation in 26,503 Patients Enrolled in Three Randomized Trials and 14 Observational Studies. Am J Cardiol 2014; 113:1338-1347
  • 9. Nair A, Margolis M, Kuban B, Vince D. Automated Coronary Plaque Characterisation with Intravascular Ultrasound Backscatter: Ex Vivo Validation. EuroIntervention. 2007; 3: 113-120
  • *血管病変および組織タイプの特性評価に使用する、VH IVUSの安全性および有効性は確立されていません

You are about to visit a Philips global content page

You are about to visit the Philips USA website.

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。

あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。