No bounds

-さらなる効率化で無駄を少なく。

小児放射線領域の限界に挑む

世界的な高齢化と慢性疾患の増加という大きな課題の下で、より質の高い医療行為を効率よく提供すること、特に価値に応じた費用モデルという新しい形に沿った医療行為の実施は、すべての医療従事者にとって大きなプレッシャーとなっています。
Phoenix Children’s Hospitalロゴ

お問い合わせください  

健康への願いは無限です。そして、医療の可能性も無限です。

お問い合わせください  

小児放射線診療におけるイノベーション - Phoenix Children’s Hospital

 

これらの課題に影響を受けない臨床専門分野はわずかにありますが、小児医療においてはその影響は多大です。医療機関は、つねに家族を考慮した小児医療を提供しなければなりません。小児患者には、通常より多くの時間を費やすことや、注意深いモニタリング、あるいは専門的な医療1といったことが求められると同時に、医療従事者には、専門的な知識とさまざまな年齢層の子どもを理解する配慮と能力が必要とされます。

 

米国では、重篤な複合型慢性疾患を持つ子どもは全入院患者数のわずか10%と推定されていますが、その入院費用は病院全体の41%2を占めています。

 

Phoenix Children’s Hospitalは、全米6番目の規模の小児病院で、1,000人以上の医師を擁しています。世界レベルの入院・外来・外傷・救急医療を、アリゾナ州と南西部一帯の子供たちとその家族に提供しています。米国最大級の小児専門病院として、75以上もの小児専門医療を提供しています。

放射線医療を「すべての中心に」


病院におけるほとんどの診療において、的確な診断を行うためには正確な臨床画像が必要です。Phoenix Children’s Hospitalでは、高度なテクノロジーの導入を画像診断の中核に据え、自らを最先端の小児医療におけるリーダーと自負しています。放射線医療を「すべての中心」、あるいは「セントラルレポジトリ (中央保管庫)」と位置づけ、すべての診療行為は患者のための正確で迅速な画像診のもと、成り立っています。

 

診断の手順には、小児病院ならではのさまざまな特殊な配慮があり、これらの配慮を怠ると的確で安全かつ迅速な検査を妨げる場合があります。この配慮には、線量管理を実施して患者の安全に配慮すること、迅速な画像処理とワークフローを実施すること、撮像時の小児患者のケアを万全に行うことで高画質の画像を得ること、また、さまざまな患者に快適なケアを提供することなどが含まれます。

新生児から幼児、学童、10代後半まで、あらゆる年齢が対象です。それぞれ感性やニーズが違うので、病院のデザインにも問題や課題が生まれます。幅広い年齢層を相手にするには柔軟な対応が必要となります―彼らの病気も抱える問題もすべて異なり、それによってアプローチも異なるからです。

Richard Towbin医師

Phoenix Children’s Hospital、放射線診療主任

小児放射線医療をリード

 

小児医療従事者がさまざまな課題に直面するなか、フィリップスとの戦略的パートナーシップにより、画像診断を拡張して新たなモデルを構築する革新的なチャンスが生まれました。

 

10年ほど前に始まったPhoenix Children’s Hospitalとフィリップスの関係は、2017年初めに長期の戦略的パートナーシップに拡大しました。この15年契約は、単独の小児病院としてフィリップス初のパートナーシップで、これには画像診断システム、生体情報モニタリング、医療IT、そして包括的な臨床面と経営面双方からのコンサルティングサービスなどが含まれます。フィリップスが提供する先進の革新的技術はPhoenix Children’s Hospitalの「戦略的予測」を可能にし、新たな小児医療における専門機関として、最高水準の患者ケアを提供することをサポートします。

 

Phoenix Children’s Hospitalとフィリップスが共同で設計・テストした画像診断装置における新しい線量プロトコルは、子ども向けのサイズで、特定の年齢や特定の部位に適した設計になっています。イタラティブCTや特殊な小児用CT/MRプロトコルが実装されたスペクトラルMulti-energy CTを用いた線量管理についての研究と技術は、今やフィリップスのスタンダードとして世界に提供されています。

 

「Phoenix Children’s Hospitalは前向きです。先月のやり方にも、昨日のやり方にも満足しません」と、同病院小児放射線科医のDianna Bardo医師は言います。「大人だけを対象にしていたことを子どもにも試みています」

 

Phoenix Children’s Hospitalが目指すのは、テクノロジーを活用して「より広く深い医療サービス」を提供し、診断分野の革新を進めることです。新しいテクノロジーの導入は、病院が研究を進めるうえで重要な役割を果たし、臨床スタッフを支援し、テクノロジーによる革新を促し進める環境を生み出すと共に、組織的な無駄と非効率を抑えます。

 

「技術的な進展、新しい革新、ソフトウェア開発が複合的に行われることで、データを見直す機会をもたらし、業務の各レベルの効率化を可能にします」と、Towbin医師は言います。「解剖学的関係を理解し、より良い診断を実施し、以前は不可能だった新しい情報を得ることができます。これにより、私たち自身が以前よりももっと優れた放射線科として存在することができるだけでなく、最高水準の小児医療が提供できる可能性をもたらしています。」

3D画像診断のイノベーション

 

画像処理のイノベーションと2Dから3Dへの進化は、精度の高い画像診断を可能にしました。Philips IntelliSpace Portalアドバンスドビジュアリゼーションプラットフォームにより、Phoenix Children’s Hospitalの放射線科医は2D/3D画像を取り込んで効率的に測定し、確実な診断を行えます。

 

「臨床医は2D画像を見るだけでは本当の病状を正確に知ることができない場合があります」とBardo医師は言います。「バーチャル3Dイメージにより、心臓でも肝臓でも砕けた骨でも、構造の細部をわかりやすく見ることが可能です。」

 

Phoenix Children’s Hospitalの放射線科と協力するCardiac 3D Print Labは、フィリップスの画像システムから得られる臨床画像をもとに、3Dプリントと高度なポストプロセステクノロジーを提供しています。このテクノロジーは、心臓、四肢欠損や内臓損傷、腫瘍に至るまで正確なモデルを作成でき、医師の複雑な処置の準備に役立っています。

 

3Dテクノロジーを用いることで、Phoenix Children’s Hospitalの放射線科は腫瘍の正確な大きさを特定し、長期の治療にわたって大きさや形のわずかな変化を見分けることができます。高精度の3D画像診断により、腫瘍科医は最も有効な治療法を確認し、この治療法によって腫瘍が縮小しているかどうかを判別できます。

 

「3Dラボでモデル化する腫瘍、心臓や骨の3次元オブジェクトはインスタント写真のようなものです。誰でも認識が可能で、患者やその親、担当医、またその治療に関わる医師も見ることができます。放射線医はこのすべてを把握できます。」と、Bardo医師は述べています。

概略
Phoenix Children's Hospital
全米6番目の規模の小児病院。75の小児専門分野に1,000人以上の医師
世界レベルの入院・外来・外傷・救急医療を、アリゾナ州と南西部一帯の子供たちとその家族に提供
画像診断システム、生体情報モニタリング、医療IT、そして包括的な臨床面と経営面双方からのコンサルティングサービスにおける、フィリップスとの15年にわたるパートナーシップ契約

私たち自身が以前よりももっと優れた放射線科として存在することができるだけでなく、最高水準の小児医療が提供できる可能性をもたらしています

 

Richard Towbin医師

Phoenix Children’s Hospital、放射線診療主任

Phoenix Cardiac 3D Print Lab
Richard Towbin医師 - Phoenix Children's Hospital放射線診療主任
Phoenix Children’s Hospital
より良く生きる方法は必ずあります。

Philips IntelliSpace Portalによる高度な視覚化

No Silos.
No Limits.

 

There’s always a way to make life better.

連絡先

* この項目は必須です。
*

連絡先の詳細

*
*
*

勤務先の詳細

*
*
*
*
*

お問い合せの詳細

連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
*
*