MR In-bore

フィリップスMR In-boreソリューションは、患者の検査に対する不安を和らげるとともに、医療従事者のワークフローを改善し、検査自体を快適に行なうことを目的として設計されています。

 

お問い合わせ

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
*
*
MR In-boreソリューションは、これまでのMR検査の枠を超えた体験を提供します。あたかもMR検査室を飛び出して、自分で選んだテーマの世界に入っていくような雰囲気を作り出すことができます。装置内の患者の気を紛らわせて楽しませ、検査に集中できる動画を流すことで患者自身が検査に協力的になり、ワークフローの改善と患者の快適性を高めることができます。
患者の快適性

患者にとって魅力的な検査

患者にパワーを

競争が激化する現在、患者はより良い病院を求めています。このMR In-boreソリューションは優れた画像の提供と魅力的な検査環境の両立を可能にします。

検査を受ける患者にとって、MRスキャナに入る瞬間がもっとも不安になると言われていますが、このMR In-boreソリューションでは検査がスタートして終わるまで、患者はリラックスした状態で検査を受けることができます。

視覚的体験、心地良いガイダンス、ノイズの軽減という3つの革新的要素を組み合わせることにより、患者の満足度を高めると同時に検査に協力的な姿勢を引き出します。MR検査が患者にとって負担が少ないものになれば、お客様のワークフロー効率も高まります。

疑似体験を可能にする視覚効果

患者は自分の好きなビデオを選ぶことができます。スキャナの中にいる間、自分の選んだビデオが壁面に投影され、その動画を頭上の鏡をとおして観ることができます。ヘッドフォンから聞こえる音との相乗効果で、映像の世界に没頭することが可能です。

患者にやさしいガイダンス

AutoVoiceは患者に優しく息止めの指示をしたり、テーブルが動くことを知らせたり、スキャンの所要時間を伝えたりします。これらの音声ガイダンスは多言語で用意されております。また、音声を録音して独自のガイダンスを作成することもできます。

装置ノイズの低減

MR検査を受ける患者にとって、MRのノイズは不快な要素の1つです。ComforToneは自動的に最大80%のノイズを抑制します¹。リファレンススキャンを含むルーチン検査(頭部、脊椎、MSK)用にComforTone ExamCardsもあります。
患者は不安を感じると身体を動かしてしまうことが多く、その結果、画像にアーチファクトが生じ、再スキャンが必要になります。患者の快適さに配慮することは、画像の品質と検査効率にもメリットがあります」

— Michel Christian Nèmery医師、神経放射線科医 Herlev Gentofte大学病院放射線科部長

コペンハーゲン、デンマーク

MR検査を楽しく、より検査に集中できるものにする方法についてご紹介します。効率性とワークフローの改善も実現できます。

検査効率の改善

MR-生産性の改善
多忙な診療科では、スタッフが患者と接する時間がますます減っています。作業負荷の増加に対応できるツールと技術が必要です。フィリップスのMR In-boreは、まさにそれにふさわしいソリューションです。

患者とスタッフの満足度を向上

患者が落ち着いて検査を受けることができれば、検査はスムーズに進み、患者の満足度はさらに高まります。検査がスムーズに進めば、スタッフの満足度も高まり、やる気も高まるでしょう。これらすべてが経営面での改善につながります。
患者とスタッフの高い満足度

パフォーマンスの拡張

パフォーマンスへの拡張

MR In-boreに加え、フィリップスのMRシステムのポートフォリオは患者を中心とした幅広い機能を備え、一度で最適な画像を取得することをサポートします。

∙ iPatient – iPatientは、患者の設定からスキャンのプランニング、画像処理までのワークフローをコントロールできます。

∙ dS SENSE – 高画質化、画像の歪みの低減、息止め時間の短縮を実現する、高速撮像技術です。

∙ 快適なコイル – テーブルに取り付けられた内蔵コイルだけで、さまざまなルーチン検査に対応できます。

∙ 70 cmのボア – 大型ボアは幅広い患者タイプに対応します。