いまある課題を、

妥協しない未来へ。

超電導磁気共鳴画像診断装置

Philips Prodiva 1.5T CX

連絡先

* この項目は必須です。

連絡先の詳細

*
*
*

勤務先の詳細

*
*
*
*
*
*
*

お問い合せの詳細

連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
*
*
*

医療の理想を、いまProdivaから

 

MRI検査を確実に短時間で終らせたい。
患者への適切な医療を広げ、妥協のない検査環境を構築したい。
その想いをかたちに、フィリップスは新たなソリューションを提供。
デジタル化による画質の向上、コイルセッティングの手間と患者負担の軽減、省スペース性も追求し、理想のMRI検査を実現します。
質の高い診断・治療を、より早く、多くの人に。
イノベーションは、フィリップスのProdivaから。

Philips Prodiva System overview

Prodivaのメリット

デジタルテクノロジーがもたらす妥協しない高画質

新設計コイルが実現する妥協しない検査ワークフロー

優れた設置デザインとサポート体制による妥協しない経済価値の追求

デジタルテクノロジーがもたらす妥協しない高画質

 

Prodiva 1.5T CXには、全てのコアハードウェア間を超高速デジタル通信で接続する“dSync”プラットフォームを搭載しました。受信した信号をコイルシステム内でデジタル変換するdStreamアーキテクチャや、ナノミリセコンドレベルによる傾斜磁場や送信RFの制御により、理想的なパフォーマンスを引き出します。

 

dSyncプラットフォームがMR検査の可能性を切り開く

  • MRの全てのコアハードウェアをデジタル通信で接続するdSyncプラットフォーム搭載
  • コイルシステム内で信号をデジタル化するdStreamアーキテクチャにより、高画質と撮像時間の短時間化を両立
     

広範囲をカバーするdStreamデジタルテクノロジーコイルシステム

  • 自由度の高いサーフェイスコイルの組み合せでシンプルなコイルハンドリングを実現
     

dStreamによるパラレルイメージングdS SENSEを標準搭載

  • 高倍速の設定を可能にする新しいアルゴリズムを搭載
  • コイルエレメント感度の優れた制御による局所撮像法 dS ZOOMを搭載

クリニカルイメージ

Off center Shoulder image
Off center Shoulder image
FLAIR
FLAIR
Neuro - Head Neck TOF MRA
Neuro - Head Neck TOF MRA
Abdomen - EPI DWI
Abdomen - EPI DWI

新設計コイルが実現する妥協しない検査ワークフロー

 

Prodiva 1.5T CXの“Breeze Workow”は、新しくデザインされたdStreamコイルシステムにより実現します。コイルの軽量化やシンプルな接続により、患者さまの負担の軽減と無駄のないワークフローの両立を図ります。

 

洗練されたコイルポジショニングフローであらゆる負担を軽減

  • 軽量化された各検査領域に対応したコイルで患者負担を軽減
  • コイル近くでのコネクトによりコイルハンドリングの簡便性を向上
  • 自由度の高いコイルの組み合せで、多用な検査領域に対応
  • 小児や小柄な患者にも負担のない寝台高を確保
洗練されたコイルポジショニングフローであらゆる負担を軽減01
洗練されたコイルポジショニングフローであらゆる負担を軽減02
洗練されたコイルポジショニングフローであらゆる負担を軽減03
洗練されたコイルポジショニングフローであらゆる負担を軽減04

直観的な操作手順によりオペレータに依存しない検査の再現性を向上

  • SmartStart ワンタッチ操作による寝台テーブルのアイソセンターへの移動
  • SmartExam 解剖情報を認識して学習したスライスポジショニングを再現
  • SmartSelect 撮像視野内のSNRが最大になるコイルエレメントを自動設定
  • SmartLink マルチシーケンスやマルチステーション検査の簡便な操作
  • SmartLine 撮像後に必要な後処理をバックグラウンドで自動処理
直観的な操作手順によりオペレータに依存しない検査の再現性を向上01
直観的な操作手順によりオペレータに依存しない検査の再現性を向上02

優れた設置デザインとサポート体制による妥協しない経済価値の追求

Prodiva 1.5T CXは、優れた設置デザインと実績のあるサポート体制により施設の経済価値の最大化を追求します。
最小25m2の設置性により限られた空間を最大限に活かします。
低ランニングコスト設計やリモートメンテナンスにより理想的な装置運用をサポートします。

 

設置条件の緩和、低ランニングコスト設計により高い経済価値を追求

  • 液体ヘリウム充填が不要なゼロボイルオフマグネット*1
  • コンパクト設計(25m2)と軽量マグネットにより据付コストを軽減*2
  • 低消費電力設計を採用し、ランニングコスト抑制に貢献
     

問題の早期予測により理想的な稼動効率実現をサポート

  • フィリップスカスタマーサービスのリモートサービスが、常にシステムの問題を監視、予測、通知し、日常業務に支障が生じる前に解決*3

    *1 メンテナンスおよび部品交換にともない液体ヘリウムを補充することがあります
    *2 施設の設置環境条件に依存します
    *3 保守契約内容に依存します
新設計コイルが実現する妥協しない検査ワークフロー01
新設計コイルが実現する妥協しない検査ワークフロー02

ビデオ

Philips Prodiva Start-up
Philips Prodiva (Brain)

フィリップスよりヘルスケア情報をお届けします

 

こちらのフォームからお名前とメールアドレスを登録いただくと、今後フィリップスより最新の製品情報や、セミナー、学会のお知らせなどをお送りします。ぜひご登録ください。

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。