DigitalDiagnost C50 天井走行式デジタルX線撮影装置

DigitalDiagnost C50

天井走行式デジタルX線撮影装置

スペックが近い製品を検索

DigitalDiagnost C50は、コストパフォーマンスに優れながらもプレミアムモデルであるDigitalDiagnost C90と同等のフラットパネルディテクタの搭載、UNIQUE2画像処理、全身対応型グリッドレス撮影機構 SkyFlow Plusなどを搭載し、高いイメージング機能を実現しました。優れた画質とともに電動オートトラッキング機構や効率的なワークフローを実現するコンソールEleva workspotなどによりさまざまなニーズに対応できる診断機能を提供します。

特長
ニーズに合わせて選択できるシステム構成
ニーズに合わせて選択できるシステム構成

ニーズに合わせて選択できるシステム構成

DigitalDiagnost C50は、4種類のRoom構成を用意し、施設のニーズに合わせた選択が可能です。 「High performance room」は、固定式ディテクタを搭載する立位撮影装置、およびワイヤレスポータブルディテクタを搭載可能なブッキーテーブルを組み合わせた、高スループットを実現するためのパワフルな構成です。 「Value Room」は、ワイヤレスポータブルディテクタを搭載可能な立位撮影装置およびブッキーテーブルを組み合わせることにより、あらゆる検査に対応可能な構成で、「Chest Room」は固定式ディテクタとトローリーを組み合わせ、検査件数の多い胸部撮影のみならず他の部位にも対応した多目的な構成を実現します。 また、「Chest Room(ワイヤレス)」は固定式ディテクタの代わりにワイヤレスポータブルディテクタを選択頂くことでシステム機能を拡張させることが可能です。
操作性向上の追求
操作性向上の追求

操作性向上の追求

このデジタルX線撮影装置は天井走行式X線管を採用し、電動オートトラッキング機構を搭載することスムーズなポジショニングを可能にします。 また、立位撮影装置はチルト機構により、さまざまな撮影部位に柔軟に対応することが可能で、オペレータの操作性を向上させることができます。
一体型操作コンソールEleva Workspotが実現するデジタル一般撮影のワークフロー改善
一体型操作コンソールEleva Workspotが実現するデジタル一般撮影のワークフロー改善

一体型操作コンソールEleva Workspotが実現するデジタル一般撮影のワークフロー改善

X線撮影制御と画像処理を統合した一体型操作コンソールEleva Workspotが煩雑で多忙な一般撮影における患者情報入力から撮影制御、画像処理、画像出力の一連のワークフローを統合し、シンプルなオペレーションを実現します。これにより、スループットを改善、オペレータ、患者の検査環境改善を図ります。
高品質デジタルX線画像
高品質デジタルX線画像

高品質デジタルX線画像

これまでフィリップスが培ってきたマルチ周波数処理技術を受け継ぎながら、次世代の画像処理技術として「UNIQUE 2」を搭載しました。UNIQUE2はノイズの低減処理、微細部の強調処理などが強化され、従来よりも高画質な画像を提供します。
SkyFlow Plus*
SkyFlow Plus*

SkyFlow Plus*

フィリップスの散乱線除去機構「SkyFlow Plus」を使うことで、日常業務の負担を軽減しながら、グリッド使用時のような高コントラストな画像を得ることができます。被写体の散乱線量に基づいて強調度を自動調整することで、各患者に応じたコントラスト改善を行います。また、一切の撮影パラメータ入力を必要とせず、フリーカセッテとしてワイヤレスフラットパネルディテクタSkyPlate Eをご使用の際はあらゆる部位に使用いただけ、ワークフローにも優れます。
ヨウ化セシウムを採用したフラットパネルディテクタ
ヨウ化セシウムを採用したフラットパネルディテクタ

ヨウ化セシウムを採用したフラットパネルディテクタ

新たなワイヤレスフラットパネルディテクタであるSkyPlate E がよりさまざまな検査領域においてスピーディーな撮影を実現します。SkyPlate Eはヨウ化セシウムの結晶を採用、高いX線の検出効率を実現しながらも高画質を提供します。また、高い機能性を確保しながらもコストパフォーマンスにも優れる検出器です。
  • ニーズに合わせて選択できるシステム構成
  • 操作性向上の追求
  • 一体型操作コンソールEleva Workspotが実現するデジタル一般撮影のワークフロー改善
  • 高品質デジタルX線画像
See all features
ニーズに合わせて選択できるシステム構成
ニーズに合わせて選択できるシステム構成

ニーズに合わせて選択できるシステム構成

DigitalDiagnost C50は、4種類のRoom構成を用意し、施設のニーズに合わせた選択が可能です。 「High performance room」は、固定式ディテクタを搭載する立位撮影装置、およびワイヤレスポータブルディテクタを搭載可能なブッキーテーブルを組み合わせた、高スループットを実現するためのパワフルな構成です。 「Value Room」は、ワイヤレスポータブルディテクタを搭載可能な立位撮影装置およびブッキーテーブルを組み合わせることにより、あらゆる検査に対応可能な構成で、「Chest Room」は固定式ディテクタとトローリーを組み合わせ、検査件数の多い胸部撮影のみならず他の部位にも対応した多目的な構成を実現します。 また、「Chest Room(ワイヤレス)」は固定式ディテクタの代わりにワイヤレスポータブルディテクタを選択頂くことでシステム機能を拡張させることが可能です。
操作性向上の追求
操作性向上の追求

操作性向上の追求

このデジタルX線撮影装置は天井走行式X線管を採用し、電動オートトラッキング機構を搭載することスムーズなポジショニングを可能にします。 また、立位撮影装置はチルト機構により、さまざまな撮影部位に柔軟に対応することが可能で、オペレータの操作性を向上させることができます。
一体型操作コンソールEleva Workspotが実現するデジタル一般撮影のワークフロー改善
一体型操作コンソールEleva Workspotが実現するデジタル一般撮影のワークフロー改善

一体型操作コンソールEleva Workspotが実現するデジタル一般撮影のワークフロー改善

X線撮影制御と画像処理を統合した一体型操作コンソールEleva Workspotが煩雑で多忙な一般撮影における患者情報入力から撮影制御、画像処理、画像出力の一連のワークフローを統合し、シンプルなオペレーションを実現します。これにより、スループットを改善、オペレータ、患者の検査環境改善を図ります。
高品質デジタルX線画像
高品質デジタルX線画像

高品質デジタルX線画像

これまでフィリップスが培ってきたマルチ周波数処理技術を受け継ぎながら、次世代の画像処理技術として「UNIQUE 2」を搭載しました。UNIQUE2はノイズの低減処理、微細部の強調処理などが強化され、従来よりも高画質な画像を提供します。
SkyFlow Plus*
SkyFlow Plus*

SkyFlow Plus*

フィリップスの散乱線除去機構「SkyFlow Plus」を使うことで、日常業務の負担を軽減しながら、グリッド使用時のような高コントラストな画像を得ることができます。被写体の散乱線量に基づいて強調度を自動調整することで、各患者に応じたコントラスト改善を行います。また、一切の撮影パラメータ入力を必要とせず、フリーカセッテとしてワイヤレスフラットパネルディテクタSkyPlate Eをご使用の際はあらゆる部位に使用いただけ、ワークフローにも優れます。
ヨウ化セシウムを採用したフラットパネルディテクタ
ヨウ化セシウムを採用したフラットパネルディテクタ

ヨウ化セシウムを採用したフラットパネルディテクタ

新たなワイヤレスフラットパネルディテクタであるSkyPlate E がよりさまざまな検査領域においてスピーディーな撮影を実現します。SkyPlate Eはヨウ化セシウムの結晶を採用、高いX線の検出効率を実現しながらも高画質を提供します。また、高い機能性を確保しながらもコストパフォーマンスにも優れる検出器です。

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。

あなたは医療従事者ですか?

ご注意:

このホームページは、当社の医療機器に関する情報を、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。