masthead banner image

お客様のセキュリティ上の懸念に積極的に対処することをお約束します

フィリップスの製品セキュリティ設計

 

フィリップスは、今日の相互接続されたデジタルエコシステム全体でセキュリティが果たす重要な役割を認識し、患者、個人、およびビジネスデータの安全性を保証する包括的なセキュリティ計画の明確化と実行に取り組んでいます。

 

急速に変化するセキュリティ環境と、最新の課題に対応するために製品に設計されたセキュリティを提供するための対応を反映するために、製品セキュリティステートメントを更新しました。

セキュリティステータス

フィリップスの製品セキュリティステータスドキュメントには、製品固有の脆弱性の更新と、サポートされているウイルス対策ソフトウェア、OSセキュリティ機能、リモートサービスなどのセキュリティ関連情報が含まれています。

 

各製品には独自のテーブルがあり、製品はモダリティ、つまり情報学、超音波、磁気共鳴などによって分けられています。ステータスドキュメントには、既知のソフトウェアの脆弱性、現在のステータス、および推奨されるカスタマーアクションがリストされています。

 

改訂された表は、入手可能な最新情報とともに定期的に掲載されています。

医療機器のセキュリティに関するメーカーの開示声明
 

製品のセキュリティとカスタマーサービスへの取り組みの一環として、Philips Healthcareは、電子医療記録(ePHI)を維持または送信する製品に関連する脆弱性とリスクの評価と対処に役立つ情報をお客様に提供します。

 

具体的には、Philips Healthcareは、医療機器セキュリティのための製造業者開示説明書(MDS²)を使用して、製品に関するセキュリティ情報を提供しています。

MDS²には、次のような製品固有のセキュリティ情報が含まれています。

 

  • ePHIの保守、保存、および送信
  • データのバックアップとリムーバブルメディア(補助記憶装置の記録媒体)機能
  • セキュリティパッチとアンチウイルスソフトウェアのインストール
  • リモートサービスアクセス
  • 以下を含むePHIアクセスの監査ログ。レコードの作成、変更、および削除。インポート/エクスポート

 

Philips Healthcareが顧客にモデル固有の情報を提供できるようにするユニバーサルレポートフォームであるMDS²は、American College of Clinical Engineering(ACCE)、ECRI(旧Emergency Care Research Institute)、National Electrical Manufacturers Association( NEMA)、および医療情報管理システム協会(HIMSS)。

 

フィリップスは、非常に複雑な医療機器およびシステムの製造、販売、および保守を支援します。 ポリシーに従い、フィリップスの担当者またはフィリップスの明示的な公開指示の下で、フィリップスが承認した変更のみをこれらのシステムに加えることができます。

 

潜在的な脆弱性および機器構成のパッチの入手可能性に関する具体的な情報については、フィリップスのサービス担当者にお問い合わせください。

お客様のアクセス登録が必要です。(英語)    

 

登録するには、次の情報を記載した電子メールを Incenter@philips.com に送信してください。

 

  • 顧客名/施設名
  • 連絡先の名前とメールアドレス
  • 電話番号と住所


リクエストが処理されると、ログインとパスコードの情報が記載されたメールがGCSヘルプデスクから届きます。
 

 

すでにご登録済みでしょうか?

 

You are about to visit a Philips global content page

You are about to visit the Philips USA website.

You are about to visit a Philips global content page

You are about to visit the Philips USA website.

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。