Landing

 

 

 

 

 

超音波診断装置の患者データは

安全ですか?

    セキュリティ上の課題への取り組み

     

    ヘルスケア業界は、より多くの患者により低コストで十分なケアを提供するために、接続されたコンピュータネットワークにますます依存するようになっています。ヘルスケアプロバイダと患者にとってのメリットは明らかですが、テクノロジーリスクは増大しています。

     

    ヘルスケアプロバイダはデータセキュリティ侵害の重大な脅威に直面しています。調査によれば、2年間にわたって、94%の病院がデータ侵害を経験しました¹。これは明らかな患者データセキュリティの脅威を示しているだけでなく、責任を問われるヘルスケアプロバイダに重大な損害をもたらす可能性もあります。報告書によれば、ヘルスケアプロバイダは、サイバーセキュリティ攻撃のために今後5年間に患者収益から3050億ドルを失う可能性があります²。

     

    ¹ Third Annual Benchmark Study on Patient Privacy, Ponemon Institute, December 2012

    ² The $300 Billion Attack, Accenture, October 2015

    超音波診断装置のセキュリティに対するフィリップスのアプローチ

     

    院内ネットワークの中で、超音波診断装置はデータセキュリティ侵害に対して脆弱です。しかし、ほとんどの超音波診断装置はセキュリティではなく、臨床機能のためにのみ開発されています。しかし、フィリップスの超音波診断装置 EPIQ、Affiniti、CX50、SPARQのポートフォリオは、多層防護の原則に基づいて設計されており、5つのコア層で構成された優れたデータセキュリティ機能をもっています。

     

    hotspot background image - click on the hotspots to get more information

    先駆的なセキュリティ戦略


    医療機器のセキュリティに関して、フィリップスは業界リーダーと認識されています。フィリップスでは、医療機器のセキュリティ保護と患者データの保護の重要性を理解しています。またフィリップスには、変化の激しいサイバーセキュリティの脅威状況を絶えず観察し、認識することによって、安全な環境を維持する能力があります。フィリップスはお客様のニーズと要求事項を満たすよう取り組んでいます。 


    防衛層には、セキュリティポリシー、手順、アクセス制御、技術的手段、トレーニング、リスク評価などが含まれており、これらが結合されてハッカーやマルウェアから保護したり、不正アクセスを防いだりすることができます。 

    超音波診断装置のデータ保護に関するインサイト 


    フィリップスは医療の専門家として、データへの脅威に対して脆弱だと感じることは珍しくないことだと認識しています。最新の開発状況を知り、自社の施設でセキュリティに対する堅牢で持続可能なアプローチを運用できるように、ベストプラクティスの資料をダウンロードしてください。
     

    White paper

    フィリップスの超音波診断装置ポートフォリオ

    フィリップスの専門家に相談する

     

    フィリップスがお客様の超音波診断装置のセキュリティニーズをどのようにサポートできるかについて、フィリップスの専門家チームにお問い合わせいただき、自社にとって最適なアプローチを検討してください。

    データ保護のニーズについてフィリップスのセキュリティ専門家に相談する
    *

    連絡先

    * この項目は必須です。
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    *
    連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
    We work with partners and distributors who may contact you about this Philips product on our behalf.
    *
    *

    Final CEE consent

    当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。