Oncology

がん治療の向上
腫瘍治療統合型ソリューション

がん治療がますます複雑化する一方で、がんの発生件数および関連するヘルスケアのコストは増加し続けています。

心臓アイコン

広がり続ける治療のオプション

DNAアイコン

腫瘍の特徴付けの複雑化

病院のアイコン

関連する医療専門分野の多様化

上昇を示すアイコン

今後20年間で予測される新しい症例の増加率は約70%2

お金のアイコン

がんの治療にかかる年間の経済コストは約1兆ドル/ユーロ1

モニタのアイコン

多数の異なるシステムにわたる多種多様なデータの量の増加

患者に最善のがん治療を提供するために尽力するなかで、複雑なシステムと煩雑なワークフローについて議論する、という取り組みが臨床チームに課されていますが、これは必要な労力とはいえません。患者と臨床専門家が力を合わせて臨床判断を進めようとする大事なときに必要なのは、有意義なデータ主導型の知見です。
確度の高い診断による治療

確度の高い診断への移行を実現


新型コロナウィルス感染症(COVID-19)による危機的な状態が、変化の起爆剤となりました。医療の在り方について今一度考えてみる大事な機会です。

がん治療の改善

私たちは力を合わせ、がん治療の中心にいる人々に焦点を当てることによって、非常に重要なタイミングで患者が必要とするものを提供できるようにします。データ、技術、運用、臨床ワークフローを重要な判断にシームレスに接続します。スマート診断と画像技術を、接続済みのワークフローと組み合わせることで、エンドツーエンドのソリューションが得られ、パーソナライズされた高品質のがん治療で対応できる範囲が広がります。このワークフローでは、異なるシステムから得られた患者データが統合され、臨床医は専門的な情報をすばやく入手できます。
健康転帰の改善

健康転帰の改善

患者の満足度の向上

患者の満足度の向上

スタッフの満足度の向上

スタッフの満足度の向上

治療コストの削減

治療コストの削減

腫瘍およびがんのサブタイプの特徴付け

課題


がん治療は、個々の患者に合わせて作られる最適かつパーソナライズされた治療を選択する方向にシフトしてきています。診断フェーズでは、がんの診断およびゲノミクスの分野から得られるすべての情報がまとめて得られ、がん専門医による決定が通知されます。ヘルスケアのデジタル化により、すべての診断データ(放射線科、病理診断科、in vitro診断検査)がデジタル形式で得られるようになりました。


当社では、病期の見極めの誤りを減らすことにより、患者の疾患の特徴付けと病期診断を確実に行うことができます。

フィリップスのサポート

かつてないほど放射線科と泌尿器科の連携を強化
前立腺がんのソリューション
業務生産性とコラボレーションを支援するDigital Pathologyワークフロー
Digital Pathologyについて詳しく見る

最適な治療の選択

課題


治療オプションの数は増え続けています。対象となる薬剤が新しく使用できるようになり、侵襲を最小限に抑えた、焦点を絞った新しいアプローチ、および診断と治療のさらなる統合が必要です。


フィリップスは、患者に合わせた治療プロセスを選択できるようにします。治療プロセスには、患者のケアの向上を目的とした、患者の診断情報に基づく臨床試験も含まれます。

フィリップスのサポート

高品質かつ証拠に基づく治療プロセスのためのOncology Pathwaysを使用して、Dana-Farber Cancer Instituteの専門知識を引き出します
Oncology Pathwaysについて詳しく見る
腫瘍ボードの準備を効率化し、レビューおよび分析を向上させて、バーチャルコラボレーションを実現します
腫瘍ボードソリューション
ゲノミクスの迅速な開発に足並みを合わせ、分子データを臨床所見に変換します
ゲノミクスソリューション

治療の実施 

課題


がん患者数の増加にともない、治療の選択肢が広がり、より多くの医学専門分野が関わるようになることで、治療にはより正確性が求められます。


フィリップスでは、治療を効率よく効果的に実施するツールを提供することで、医療従事者と患者の満足度を向上させます。

フィリップスのサポート

患者ケアの向上と治療までの時間短縮に役立つ、放射線治療におけるトータルソリューション 
放射線治療ソリューション
確度の高い診断および低侵襲治療を1つの部屋で実施
肺治療スイート
放射線治療ワークフローにおけるMRIのメリットの実現
MRのみの放射線治療

治療に対する反応の評価 

課題


可能な限り最善の転帰を得るためには、選択した治療に対してがんがどのように反応するかを評価することが重要です。期待されたとおりの反応が得られない場合、プラン適応は最善の転帰を得るためのパーソナライズされた治療計画の一部と考えることができます。         

 

フィリップスは、患者の満足度を改善しつつ、がん治療にアクセスしやすくしてコストを削減するワークフローを使用できるようサポートするシステムとツールを提供します。これは、患者の不要な負担を低減し、効果の少ない治療のコストを削減することを目的としています。  

フィリップスのサポート

病期および治療に対する反応を評価する、腫瘍向けの高度な視覚化ツール  
マルチモダリティ方式の腫瘍のトラッキング
モニタリング治療のための臨床アプリケーションによる低被ばくの分子およびハイブリッドイメージングソリューション   
高度分子イメージング
乳房、肝臓、前立腺の評価およびモニタリングのための包括的な超音波ソリューション
腫瘍治療の超音波ソリューション

1. World Economic Forum and the Harvard School of Public Health. The Global Economic Burden of Non-communicable Diseases. September 2011.

    www3.weforum.org/docs/WEF_Harvard_HE_GlobalEconomicBurdenNonCommunicableDiseases_2011.pdf

2. GloboCan/ International Agency for Research on Cancer. PR No 224. 3 February 2014.

   www.iarc.fr/en/media-centre/pr/2014/pdfs/pr224_E.pdf

*

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
We work with partners and distributors who may contact you about this Philips product on our behalf.
*
*

Final CEE consent

腫瘍治療ソリューション

核磁気共鳴画像法

もっと詳しく

コンピュータ断層撮影法(CT)

もっと詳しく

高度分子イメージング

もっと詳しく

デジタルマンモグラフィー

もっと詳しく

超音波診断システム

もっと詳しく

インターベンショナルX線システム

もっと詳しく

Pinnacle治療プランニング

もっと詳しく

IntelliSpace Portal / ワークステーションソリューション

もっと詳しく

病理診断科画像

Digital Pathology

もっと詳しく

病理診断科画像

統合ヘルスケアIT

もっと詳しく

病理診断科画像

プレシジョン・メディシン / 腫瘍ITシステム

もっと詳しく

トレンド情報

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。