Ambient Experience

ヘルスケア・コンサルティング

Ambient Experience In-bore Connectでさらに患者に快適性を

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
連絡内容の詳細をお知らせいただくことにより、より適確な情報をお知らせいたします。
*
*

Ambient Experience Dutch Mastersのテーマ

アートや音楽が患者とスタッフに与える影響

患者のストレスを軽減し、MR検査をより効率的に


MRIは最も一般的な画像診断のひとつですが、多くの患者にとって容易な検査ではありません。しかしMRI向けAmbient Experienceは、既に患者およびスタッフに良好な影響を与えています。さらにAmbient Experience In-bore Connectは、スキャンの進行状況を知らせるだけでなく、スキャン中の患者に情報や指示を与えることで、従来の検査を新たな次元へと進化させました。デンマークのHerlev Gentofte University Hospitalおよび日本の千葉大学医学部附属病院の研究*では、Ambient ExperienceのIn-bore Connectが再スキャンの頻度を低下させる効果があったことを示しています。

6つのMR検査室における1年間のスキャン中断回数

6つのMR検査室における1年間のスキャン中断回数
患者の動きが少なくなることで、再スキャンの回数、検査時間、予約の再調整、スタッフの残業時間も削減できました。」

Michel Nemery氏、放射線科医長

Herlev Gentofte University、デンマーク

その結果、Ambient ExperienceおよびIn-boreソリューションを導入したIngenia 3.0Tスキャナで、検査中断回数に70%の減少が認められました。


スキャナ内に入る瞬間は、患者が最も大きなストレスを感じると報告されています。この瞬間から検査終了まで、患者は自分の好みに合った環境で検査を受けられます。患者が検査室を離れて自分好みのリラックスできる環境に移動したような雰囲気を作ることができます。


Ambient Experience In-bore Connectは、スキャンの進行状況に関する情報だけでなく、フィリップスMRスキャンソフトウェアとリアルタイムで連動して、スキャン中の患者に情報や指示を与えます。没入型映像体験により、患者はボア内で横になったまま楽しみながら気を紛らわせることができます。ヘッドホンからは息を止める合図が出され、プログレスバーには継続時間が示されるため、患者は指示に従いやすくなっています。

デンマークのHerlev Gentofte University Hospitalおよび日本の千葉大学医学部附属病院の研究から、以下のことが実証されています。

 

  • 患者はAmbient Experience In-bore Connectがあった方が快適に感じたと報告
  • 患者はMRI検査に対する満足度が大幅に向上したと報告
  • 患者の84%が、プログレスバーがあって安心できたと示唆
  • 患者は息を止めるのがとても簡単になったと報告
  • Ambient Experience In-bore Connectは、ネットプロモータースコア(NPS、顧客満足度を測る指標)で高評価の獲得に貢献
In-bore Connectを導入してから、当院の患者における不安の有意義な減少と、患者およびスタッフにおける満足度の向上が確認されました。フィリップスのIn-bore Connectは、可能な限り高品質のイメージング、医療ケアおよびサービスを提供して患者のニーズに応えるという当院ビジョンの実現をサポートしてくれます。」

Michel Nemery氏、放射線科医長

Herlev Gentofte University、デンマーク

フィリップスヘルスケアコンサルティングとボア内のMRI患者向けAmbient Experience
* ケーススタディの結果は他のケースの結果を予測するものではありません。他のケースでは異なる結果になる可能性があります。

カスタマーストーリー(英語)

チームの紹介

関連サービス

 

ヘルスケアトランスフォーメーションサービスの詳細