CVIT2017
第26回日本心血管インターベンション治療学会 学術集会

CVIT2017 開催概要

会期:2017年

7月6日(木)9:00-19:00
7月7日(金)8:30-19:00
7月8日(土)8:30-16:00

会場:国立京都国際会館

Philipsブース- #04
〒606-0001 京都府京都市左京区宝ヶ池

CVIT2017ホームページ ›

Philipsブース- #04
Philipsブース- #04

展示品:

  • Azurion simulator
  • PCI Suite
  • ISCV work station
  • IVUS Catheter
  • iFR*1 Scout
  • CORE Mobile System
  • SyncVision
  • AngioSculpt Scoring Balloon Catheter
  • DreamStation
  • WatchPAT
  • DreamMapper
  • DreamWear

共催セミナー

7/6ランチョンセミナー LS4

日時:7/6(木)12:15-13:15
会場:第4会場(国立京都国際会館 1F Room E)

テーマ:iFR Outcome -DEFINE FLAIR, iFR Swedeheart-
座長:安藤 献児 先生(小倉記念病院)
座長:藏満 昭一 先生(小倉記念病院)
演者:Javier Escaned, MD, PhD(Hospital Clinico San Carlos)
演者:菊田 雄悦 先生(福山循環器病院)

7/6コーヒーブレイクセミナー CBS3

7/6(木)15:15-15:45
会場:第6会場(国立京都国際会館 2F Room B-1)

テーマ:冠動脈疾患二次予防における睡眠時無呼吸検査・治療の重要性
座長:横井 宏佳 先生(福岡山王病院)
演者:横井 宏佳 先生(福岡山王病院)
演者:葛西 隆敏 先生(順天堂大学)

7/7コーヒーブレイクセミナー CBS8

日時:7/7(金)15:15-15:45
会場:第5会場(国立京都国際会館 1F Room D)

テーマ:最新のPhilipsアンギオ装置”Azurion”とPCI Suite
座長:村松 俊哉 先生(総合東京病院)
演者:藤田 勉 先生(札幌ハートセンター・札幌心臓血管クリニック)

7/8ランチョンセミナー LS36

日時:7/8(土)12:15-13:15
会場:第6会場(国立京都国際会館 2F Room B-1)

テーマ:今後のPAD治療戦略の方向性を考える
座長:浦澤 一史 先生(時計台記念病院)
演者:岩崎 祐介 先生(大阪府立急性期・総合医療センター)
演者:仲間 達也 先生(宮崎市郡医師会病院)
ディスカッサント:
川﨑 大三 先生(森之宮病院)
木下 順久 先生(豊橋ハートセンター)

Philips Training Center for Co-medicalのご案内

コメディカルのためのFFR/iFRトレーニング ~ FFR/iFRはこうすれば上手くいく!~

会場:

国立京都国際会館 別館イベントホール(Philips展示ブース前)

日時・演者:
7/6 (木)

(1)10:00-11:30   会社の人に聞いてみよう !(弊社マーケティング部による講義45分 / 社員ハンズオン45分)
(2)13:30-15:00   講師 長谷川 由美子 先生(岐阜ハートセンター 臨床工学部)(講義45分 / 社員ハンズオン45分)
(3)16:00-17:30   講師 長谷川 由美子 先生(岐阜ハートセンター 臨床工学部)(同上)

7/7 (金)

(4)10:00-11:30   講師 長谷川 由美子 先生(岐阜ハートセンター 臨床工学部)(同上)
(5)13:30-15:00   講師 塚本 毅 先生(関東中央病院 医療機器管理室)(同上)
(6)16:00-17:30   講師 塚本 毅 先生(関東中央病院 医療機器管理室)(同上)

7/8 (土)

(7)10:00-11:30   講師 辻本 紘史 先生(医仁会武田総合病院 臨床工学科)(同上)
(8)13:30-15:00   講師 辻本 紘史 先生(医仁会武田総合病院 臨床工学科)(同上)

1セッション90分、定員は各セッションにつき30名様です。

前半を各講師の講演、後半を弊社社員による機器操作ハンズオンを行う予定です。
※演者の講演時間により、時間配分が変更となる場合がございます。
※原則定員になり次第締め切りとさせていただきますが、当日のご参加希望につきましては、お席がご用意できる限り対応させていただきます。ぜひお誘いあわせの上ご参加ください。

お問い合わせ先:

弊社マーケティング部 岩崎道則:携帯 090-6048-8301

心臓冠動脈疾患の血管内治療術を支援する iFR Roadmap*2

iFR Roadmap
Courtesy from Dr. Eric Van Belle CHRU de Lille

iFR Roadmapは、フィリップスが2016年6月より販売しているPCI Suiteの2つの機能である 1) 動画による冠動脈ロードマップ機能(ダイナミックコロナリーロードマップ)、2) 高速強調画像処理をした冠動脈ステントのライブ拡大表示(ライブステントブースト)のうち、動画による冠動脈ロードマップの機能を強化したものです。
以下のスケジュールにて、iFR Roadmapをご案内いたします。フィリップスブースにお越しください。

 

スケジュール:

7月6日(木): 10:00 11:00 14:00 16:00 17:00
7月7日(金): 10:00 11:00 14:00 16:00 17:00
7月8日(土): 10:00 11:00 14:00 15:00

 

関連プレスリリース:

心臓冠動脈疾患の血管内治療術を支援するiFR Roadmapを販売 ›

新世代の画像誘導治療プラットフォーム

Philips Azurionがパフォーマンスと優れたケアを一体化する

 

Azurionは効率的に一貫した処置を実行できるように設計されています。その非常に直感的な使いやすさにより、さまざまな処置を迅速かつ確信を持って実行できるようにサポートします。この新しい未来志向のプラットフォームを使用すると、優れたケアを提供し、サービスラインを徐々に拡大できます。

Azurion:新世代の画像誘導治療プラットフォーム

PCI Suite

心臓冠動脈疾病の血管内治療術を支援するライブイメージガイダンスの包括的システムソリューション
PCI Suiteは、フィリップスが開発した2つの新機能、1) 動画の冠動脈ロードマップ機能:ダイナミックコロナリーロードマップ、2) 冠動脈ステントの高速強調画像処理したライブ拡大表示を可能にするライブステントブーストにより、心臓冠動脈疾患の低侵襲性治療を積極的に支援するライブイメージガイダンス機能をさらに強化します。
PCIスイート

Dynamic Coronary Roadmap 

 

Dynamic Coronary Roadmap

Live StentBoost

 

Live StentBoost

Philips Volcano

JAPAN Philips Volcano

Philips Volcanoのライブイメージガイダンス (Live Image Guidance) は、より安全で有効かつ再現性があり、治療を阻むリスク低減を支援し、状況に応じた最適な臨床的価値のある画像情報を、血管内治療の臨床現場において実現することを目的としています。

合理的・直観的に統合されたライブイメージング、患者様情報、それぞれの疾患に特化したツールは、治療ガイダンスの最適化をサポートします。患者予後を改善し、より多くの命を救うために、すべてが一体となって、低侵襲治療 (インターベンション) に「違い」をもたらします。

フィリップスよりヘルスケア情報をお届けします

 

こちらのフォームからお名前とメールアドレスを登録いただくと、今後フィリップスより最新の製品情報や、セミナー、学会のお知らせなどをお送りします。ぜひご登録ください。

連絡先

* この項目は必須です。
*
*
*
*
*
*
*
*1 iFR (instantaneous wave-Free Ratio)とは、フィリップス独自の機能的な虚血評価指標です。最大充血を惹起する血管拡張剤を使用する必要がなく、冠動脈の狭窄や病変を評価することができます。
*2 「iFR Roadmap」を使用する際にはフィリップスのCORE Integrated Systemが必要です。