1
製品

男の体毛処理: 脱!男の3毛

所要時間約2分
男の体毛処理: 脱!男の3毛
「3毛」、という言葉を聞いたことがあるだろうか?男の三大体毛、腕、脇、腹の体毛のことをいう。詳しくはこちらの記事を参照してほしい。肌の露出が増える夏は特に、男の体毛、「3毛」をはじめ、全身のボディーグルーミングをしっかり行い、爽やかに季節を楽しもう。

まるまる全身グルーミング
 

全身グルーミングを行うメリット:
 

自分の体に自信が持てるようになる
 

肌が滑らかに見える
 

汗や蒸れの臭いが抑えられる
 

この記事では、ボディーパーツごとに、脱毛の必要性と、どのようにグルーミングしたらよいのかを紹介する。

腕毛
 

夏場にもっとも露出しやすくなるのが「腕毛」。生まれつき腕毛が濃くても、長さの調整や濃さを調整することで、爽やかな印象を与えることが可能だ。

脇毛
 

ふさふさの毛深い脇毛は男らしくて素敵、という声もあるかもしれないが、あまりにも濃かったり、長かったりすると、あまり良い印象は与えないだろう。臭い対策や蒸れという面から考えても、暑い夏にはトリミングすることをお勧めする。
胸毛

胸毛
 

ふさふさの、毛深い胸毛は70年代の007が流行っていた時代には歓迎されたかもしれないが、21世紀の今では、あまり流行っていない。昨今、男性の毛については、「一定程度」、「手入れされた」胸毛が好まれている。無精ヒゲひとつをとってみてもその傾向は明らかだ。いまや、無精ヒゲというのは、無精に伸ばしたヒゲではなく、きちんと「無精に見えるよう」手入れしてこその「無精ヒゲ」なのだ。胸毛についても、ヒゲと同様胸毛処理をしっかり行い、男の魅力を倍増させよう。

腹毛
 

ベルト下の腹毛はセクシーさにつながるかもしれないが、濃さや長さに注意が必要だ。水着姿や、上半身を露出させることがあるときは、濃さや長さを整えたり、剃ったほうが女性受けもいいだろう。
もっと読む ↓

おすすめ商品

Philips Bodygroom BG7025/15

Bodygroom series 7000

シャワー対応ボディーグルーマー

 
7000 シリーズはユニークなデュアルヘッドにより、シェービングとトリミングを切り替えられます。シェーバーは体の凹凸に合わせてスムーズなシェービングが可能、トリマーには全身どこでも手入れできる 5 段階の長さ調節機能が搭載されています。
すね毛

すね毛
 

最近のメンズ脱毛は足にも及ぶ。見た目を気にして剃る人も、自転車などスポーツのために剃っている人もいる。用途に合わせ、全部剃ったり、長さや濃さの調整をして、自分にとっても人にとっても気持ちの良いトリミングをしよう。

鼻毛
 

鼻毛処理については、とくに説明はいらないだろう。鼻毛が鼻の穴からちらほら出ていては、せっかくの男ぶりが台無しだ。

耳毛
 

年齢とともに目立つようになってくる耳毛。生えてきて、あまりうれしいものではない。耳穴から出ないようにカットすることをお勧めする。

足毛
 

足の指や、足の甲に生える毛。サンダルを履く季節には、これも軽く処理したい。
男の体毛処理:各パーツの手入れ方法

男の体毛処理:各パーツの手入れ方法
 

腕毛、脇毛、腹毛、すね毛:

 

体毛は剃るか、ヘアーカッターやボディーグルーマーですくなど手法はいろいろある。腕毛、脇毛、腹毛、すね毛におすすめなのは、肌にやさしい電動式のボディーグルーマーだろう。剃ってつるつるにしてしまった肌は男性にとっては不自然だが、ボディーグルーマーなら、長さを整えすくことで、自然な、体毛が適度に生えた、男らしいボディーパーツが手に入る。ボディーグルーマーにも各種あるので、詳しくは、こちらを参照してほしい。

 

とくに、ベルト下の体毛処理は、こちらこちらを、背中の脱毛は、こちらの記事を参照してほしい。

 

鼻毛、耳毛、足毛:

 

こまかな部位に使いやすいフェイススタイリングキットがおすすめだ。たとえば、フィリップス フェイススタイリングキット 5000シリーズなら、鼻の奥の細い箇所まで届きやすいチューブトリマーで、また、鼻毛を引っ張らずに切ってくれるので、痛くない。誤って肌を切ってしまう心配がないのでおすすめだ。

他のスタイルやグルーミングにも興味がありますか?

FAQ アイコン
サポート情報はこちら
最新情報アイコン

My Philipsに登録

お得な情報や最新情報を配信しています。