1
製品

男のアンダーヘアーの処理―
ベルトより下のムダ毛処理方法

所要時間約2分
男のアンダーヘアーの処理―ベルトより下のムダ毛処理方法
アンダーヘアーは自然なもので、恥と感じる必要はない。しかし、処理することでデリケートゾーンの蒸れ防止や、下着・水着時でもはみ毛の心配がないなど、男がアンダーヘアーを処理するメリットは多い。イケてる男として尻毛・アンダーヘアーの処理をしたいというなら、安全に処理する必要がある。尻毛を抜く、カミソリで尻毛を剃る、などして血が出てしまったり痛い思いした人もいるのではないだろうか。このガイドでは、ボディーグルーマーを使った正しい尻毛処理方法を紹介する。ボディーグルーマーを使えば、尻毛処理・アンダーヘアーの処理も安全で簡単に行うことができる。
尻毛・アンダーヘアー処理方法

尻毛・アンダーヘアー処理方法-Step by Stepガイド

Step 1
毛を剃り始める前に、シャワーを浴びて剃る部分を清潔にし、タオルで水気をふき取る。尻毛やアンダーヘアーにクシを入れて、カットを始める前に毛の方向を揃える。
Step 2
剃る部分の肌を引っ張り、毛が生えている方向にボディーグルーマーを動かしてから、次にその逆に動かす。これは乾いた状態でする方が、どの毛を剃っているのかが見えて効果的だ。たとえば、フィリップスのボディーグルーマー7000シリーズは、デリケートゾーンにも対応するよう開発されているため刃が直接肌に触れることなく安全に素早く快適にムダ毛を剃ったり、長さを整えることができる。
Step 3

大事なのは焦らないで、慎重に行うこと。長い動きでなく、短めのストロークでその都度確認しながら動かしていこう。何度も同じ場所を剃るのは肌に良くないので、尻毛処理をするときは、鏡を見やすい場所に置くとよいだろう。ボディーグルーマーを使用した場合、肌を切ることはめったにない。しかし、万一切ってしまったら、直ちに水で患部を清潔にし、処置をしよう。

 

Step 4

一度剃った毛はすぐには元に戻らない。短くしすぎて後の祭りにならないよう、剃った毛を確認しながら、ゆっくりと剃っていこう。フィリップスのボディーグルーマー7000シリーズなら、0㎜~11㎜まで長さが調整できる。

 

Step 5

満足がいく仕上がりにできたら、剃った部分を冷たい水で冷やし、タオルで軽く叩くように水気をふき取る。その後は、アルコール成分が含まれていないローションをつけて保湿しよう。デリケートな部分を剃ったときほど、冷水とローションが大切だ。
 

うまくできただろうか?尻毛・アンダーヘアーの処理は7~12日置きを目途に、必要なときに行おう。

おすすめ商品

Philips Bodygroom BG7025/15

Bodygroom series 7000

シャワー対応ボディーグルーマー

 
7000 シリーズはユニークなデュアルヘッドにより、シェービングとトリミングを切り替えられます。シェーバーは体の凹凸に合わせてスムーズなシェービングが可能、トリマーには全身どこでも手入れできる 5 段階の長さ調節機能が搭載されています。

他のスタイルやグルーミングにも興味がありますか?

FAQ アイコン
サポート情報はこちら
最新情報アイコン

My Philipsに登録

お得な情報や最新情報を配信しています。