ニュースセンター | 日本

12 07, 2023

フィリップス、エキシマレーザを利用した末梢血管治療用レーザカテーテル「エキシマレーザ Turbo  Powerカテーテル」「エキシマレーザ Turboカテーテル」を12月より一般発売

扱いやすさが向上した次世代コンソール「フィリップス レーザシステム Nexcimer」も登場

philips releases laser catheters

 株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、 代表取締役社長:ジャスパー・アスエラス・ウェステリンク、 以下 フィリップス)は、「エキシマレーザTurbo Powerカテーテル」および「エキシマレーザTurboカテーテル」の使用成績調査の登録を完了し、2023年12月より一般発売します。また、扱いやすさが向上した次世代コンソール「フィリップス レーザシステム Nexcimer」も10月に新登場しました。


 このたび一般発売する「エキシマレーザTurbo Powerカテーテル」および「エキシマレーザTurboカテーテル」は、大腿膝窩動脈のステント内における再狭窄又は再閉塞病変への血管内治療に使用されるもので、コンソールで発生させたエキシマレーザがカテーテル先端から照射され、線維化・石灰化・アテローム化病変等を変性・除去し、血管を再疎通させることを目的としています。


 本カテーテルは、2019年に日本初の下肢アテレクトミーデバイスとして承認を取得しました。これまで一部の施設でしかご利用いただくことができず、多くの施設から導入についてのご希望をお寄せいただいていました。このたび、一般販売を迎えたことで、より多くの施設でのご案内が可能となります。


 一般社団法人日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)および一般社団法人 Japan Endovascular Treatment Conference (JET)理事 の横井 宏佳 医師は以下のように述べています。

 「このたび、使用成績調査の登録が完了し、本カテーテルが全国のご施設でのご使用が可能となりました。本カテーテルの適応は、腿膝窩動脈のステント内における再狭窄又は再閉塞病変です。浅大腿膝窩動脈における閉塞性動脈硬化症の領域においては、慢性期成績に寄与するステントや薬剤塗布バルーン(Drug coated Balloon :DCB)の効果を充分に発揮させるためにはLesion Preparationが成否の鍵であるとされていました。本カテーテルのエキシマレーザによるLesion Preparationの効果(プラーク・ボリュームの減少や病変部性状の変化)により、再狭窄又は再閉塞病変において初期から中期の再治療が低減することを期待しています[1]。適正使用指針に従い、安全で適切な使用法が広がっていくことを願います。」


[1]:J Endovasc Ther . 2013 Dec;20(6):805-14.

「エキシマレーザTurbo Powerカテーテル」「エキシマレーザTurbo カテーテル」の特長

 専用装置により得られたレーザ光を、狭窄あるいは閉塞した病変に伝送します。専用装置から送られたレーザ光が、先端チップから照射され、線維化、石灰化、アテローム化病変等を紫外線フォトアブレーションすることにより血管を再開通させます。

 さらに「エキシマレーザTurbo Powerカテーテル」は、光ファイバの配置に偏心性を持たせているため、レーザ照射部の偏心性を保ちながら組織を蒸散させることによって、蒸散可能な内径範囲を拡大することができます。また、モータドライブユニットアッセンブリにより、カテーテル先端を電動で断続的または連続的に左右に回転させることができます。

turbo power

エキシマレーザTurbo Powerカテーテル

turbo

エキシマレーザTurbo カテーテル

「フィリップス レーザシステム Nexcimer(ネキシマ)」の特長

 10月に登場した新製品は、電源を押してから立ち上がりまで30秒以内、また360度動かせる可動性に加えて従来品と比べて設置面積が約20%もコンパクトになり、さらに製品重量は約40%も軽量化したためより扱いやすさが向上しました。

 発生させたエキシマレーザ光は、冠動脈や大腿膝窩動脈における動脈硬化組織や長期留置されたCIEDリード癒着組織などのさまざまな組織形態に作用します。またコンプライアンスを変化させ、蒸散効果をもたらします。各領域における専用カテーテルを接続し、臨床における幅広い用途にご使用いただけます。

nexcimer

フィリップス レーザシステム  Nexcimer

販売名:エキシマレーザ Turbo カテーテル

医療機器承認番号:23100BZI00001000

高度管理医療機器


販売名:エキシマレーザ Turbo Power カテーテル

医療機器承認番号:30400BZX00091000

高度管理医療機器


販売名 : フィリップス レーザシステム Nexcimer

医療機器承認番号 : 30400BZX00242000

高度管理医療機器/特定保守管理医療機器/設置管理医療機器

フィリップス・ジャパンについて  

株式会社フィリップス・ジャパンは、ロイヤル フィリップスの日本法人として1953年に創業以来、革新的な技術を通じ、人々のより良い健康と満ち足りた生活の実現を目指しています。主な事業領域は、画像診断、超音波診断、イメージガイド下治療、生体情報モニタ、ヘルスインフォマティクス、睡眠・呼吸治療、およびパーソナルヘルスと多岐に渡ります。ヘルステクノロジーのリーディングカンパニーとして、超高齢化が進む日本の医療・健康課題解決に向け取り組んでいます。

日本の従業員数は約2,000人、約70拠点でビジネスを展開しています。(https://www.philips.co.jp)

詳細を表示詳細を非表示

ロイヤル フィリップスについて

ロロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、革新的な技術を通じ、人々のより良い健康と満ち足りた生活の実現を目指す、ヘルステクノロジーのリーディングカンパニーです。

フィリップスの革新的技術は人々を中心に設計されています。先進的技術と医療従事者および消費者のインサイトを活用し、消費者にはパーソナルヘルスソリューションを、医療従事者とその患者様には病院や家庭でのプロフェッショナルヘルスソリューションを提供しています。

オランダに本社を置く当社は、画像診断、超音波診断、イメージガイド下治療、生体情報モニタ、ヘルスインフォマティクス、およびパーソナルヘルスの分野で世界をリードしています。フィリップスの2022年の売上高は178億ユーロ、全世界に約74,000人の従業員を擁し、世界100か国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

詳細を表示詳細を非表示

トピック

連絡先

報道関係者様専用メールお問い合わせ先

 

株式会社フィリップス・ジャパン

コミュニケーション担当

その他の関係者の皆様は、こちらへお問い合わせくださるようお願いいたします。

メディア向け資料

ソーシャル メディアでシェア

関連ニュース

当社サイトを最適な状態で表示するには、最新バージョンの Microsoft Edge、Google Chrome、または Firefox をご利用ください。